スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

ぴったりした白ズボンが嫌い

投稿日:

ラグビーを好きな理由は、ユニフォームの短パンにあるように思える。私は、短パンがユニフォームの球技スポーツは、だいたい好きである。サッカーもラグビーも、テニス。短パン姿の少年が好きだった。膝小僧を出してソックスをはいた素足が好きなのである。それを見ただけでワクワクしてしまう。

だから、私は、ラグビーは好きだが、アメットは苦手なのである。ぴったりした長ズボンがダメ。プロ野球のユニフォームでも体操のズボンでも、あの、ぴっちりした白いズボンに困ってしまう。ぴっちりした白いズボンはクラシックバレエの白タイツに見えてしてしまう。

恋の夢から醒めてしまう場所でデートをしてはいけません。私は、一度にひとつのことしかできない人間なのだ、とある人は語る。走るなら、走るだけ。ボール投げなら、ボールげたたから前へむかって走りながら、後方にボールを投げるなど、右手で円をきながら、同時に、左手で正方形を描くという芸当に匹敵するほどの曲芸だと思ってしまう。

泥まみれで走る男の子のステキなこと

ラグビーのルールは、自分より前にボールを投げてはいけない、ということ。メンバは、走りながら自分の後方へボールを投げ続ける。こういうことのできる男はスゴイ、と思ってしまう。

それにしても、泥まみれで走る男の子のステキなこと。競技場内のメンバーたちは、みんなカッコよく思えてしまう。だから、彼とラグビー観戦に行くのなら、ラガーたちに充分対抗し得るボーイフレンドを選ぶべき。

アメリカ映画の脇役に出てくるような、ひょろっとして前歯が出てメガネをかけたボーイフレンドに横に座られると、情けない気分になってしまうかもしれない。色白でほっちゃりした男のコが黙って隣でポップコーンをほおばっていたら、腹が立つくるかもしれない。そして、アナタも、まさか、ボディコンでハイヒールだったりしてはいけない。ラグビー競技場は、観客を選ぶのである、とある女性は語った。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

笑いの力で女性をデートに誘う

意中の女性の信用を得ようとして、いかにも誠実な誘い方をする男がいる。「ずうっと、あなたのことだけを考えていました」「心から大切にします。だから、ボクにチャンスをください」だが、こういうアプローチがうま …

no image

メールで女性を口説くのは高い技術がいる

彼女のいない悲しい男たちは、その誘いに飛びついているわけだが、「一万円以内」というふうに売春行為を明示している場合はべつとして、メールで女を口説くのもそれなりの技術を要する。だいたいの男は、「仕事」「 …

no image

レズかもしれないと噂されて困っている

ある銀行に勤めている27歳のあるOLさん。最近、私が後輩社員と同性愛関係にある、というウワサを立てられ悩んでいます。 とても明るい子だったのに、最近はなんとなく元気がなく落ち込んでいるようです。そのウ …

no image

大人同士のクリスマスプレゼントの交換

本来、恋愛とは、対等でフェアな人格同士の魂のぶっかり合いであると。金で買われた、その金が安すぎる、云々は、恋愛から最も遠くかけ離れた次元の問題である。すごくステキな男性でも、その奥さんを見たとたん、が …

no image

結婚適齢期と出産

周りの人間が私の顔を見れば適齢期をロにします。結婚年齢は人様々だと思うのですが、この世にはなんで適齢期なんてあるんでしょう。私はいま適齢期ですが、まあ、適齢期を過ぎつつある微妙な年齢といえると思います …