スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

ぴったりした白ズボンが嫌い

投稿日:

ラグビーを好きな理由は、ユニフォームの短パンにあるように思える。私は、短パンがユニフォームの球技スポーツは、だいたい好きである。サッカーもラグビーも、テニス。短パン姿の少年が好きだった。膝小僧を出してソックスをはいた素足が好きなのである。それを見ただけでワクワクしてしまう。

だから、私は、ラグビーは好きだが、アメットは苦手なのである。ぴったりした長ズボンがダメ。プロ野球のユニフォームでも体操のズボンでも、あの、ぴっちりした白いズボンに困ってしまう。ぴっちりした白いズボンはクラシックバレエの白タイツに見えてしてしまう。

恋の夢から醒めてしまう場所でデートをしてはいけません。私は、一度にひとつのことしかできない人間なのだ、とある人は語る。走るなら、走るだけ。ボール投げなら、ボールげたたから前へむかって走りながら、後方にボールを投げるなど、右手で円をきながら、同時に、左手で正方形を描くという芸当に匹敵するほどの曲芸だと思ってしまう。

泥まみれで走る男の子のステキなこと

ラグビーのルールは、自分より前にボールを投げてはいけない、ということ。メンバは、走りながら自分の後方へボールを投げ続ける。こういうことのできる男はスゴイ、と思ってしまう。

それにしても、泥まみれで走る男の子のステキなこと。競技場内のメンバーたちは、みんなカッコよく思えてしまう。だから、彼とラグビー観戦に行くのなら、ラガーたちに充分対抗し得るボーイフレンドを選ぶべき。

アメリカ映画の脇役に出てくるような、ひょろっとして前歯が出てメガネをかけたボーイフレンドに横に座られると、情けない気分になってしまうかもしれない。色白でほっちゃりした男のコが黙って隣でポップコーンをほおばっていたら、腹が立つくるかもしれない。そして、アナタも、まさか、ボディコンでハイヒールだったりしてはいけない。ラグビー競技場は、観客を選ぶのである、とある女性は語った。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

別れてひとりぼっちの時間をどうしていいかわからない

突然訪れた別れのために、ひとりぼっちの時間をどうしていいかわかりません、とある人は語る。5年もつきあっていたのに、この1カ月ほど、そわそわしだして婚約の話も口にしなくなり、先日、突然、私と一緒に暮らし …

no image

ドライブデートの行き先を決める

ドライブは、デートの究極である。クルマの助手席に乗る女性は、途中で彼がいやになってもクルマから飛び降りることはできない。完全な個室なので、彼の手が横から伸びてくることもある程度は覚悟しなくてはならない …

no image

彼から個人主義者と言われてしまった

私は個人主義者なのだそうです、と語るある女性。なんとなくわかります、彼の言っている意味は。私は最終的には自分が一番かわいいのです。価値観もすべて自分のものに依っています。 先日、彼といつものように喫茶 …

no image

騒音を利用した彼女との距離を縮める方法

アメリカのマシューズという心理学者が、こんな実験をおこなっている。ひと組の男女に好きなように会話をさせておいて、そこに騒音のテープを流す。すると、その男女は、互いの話を聞き取るために、自然に寄り添うか …

no image

歯茎が嫌いで恨み始める女

人間を、外見で判断してはいけない。それが、正しい人間というものである。ところが、結婚したとたん、エリートだと思っていた夫が、同僚の悪口を言いながら、ヒヒヒ–と歯グキを見せて笑ったとしよう。あの、歯グキ …