スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

ぴったりした白ズボンが嫌い

投稿日:

ラグビーを好きな理由は、ユニフォームの短パンにあるように思える。私は、短パンがユニフォームの球技スポーツは、だいたい好きである。サッカーもラグビーも、テニス。短パン姿の少年が好きだった。膝小僧を出してソックスをはいた素足が好きなのである。それを見ただけでワクワクしてしまう。

だから、私は、ラグビーは好きだが、アメットは苦手なのである。ぴったりした長ズボンがダメ。プロ野球のユニフォームでも体操のズボンでも、あの、ぴっちりした白いズボンに困ってしまう。ぴっちりした白いズボンはクラシックバレエの白タイツに見えてしてしまう。

恋の夢から醒めてしまう場所でデートをしてはいけません。私は、一度にひとつのことしかできない人間なのだ、とある人は語る。走るなら、走るだけ。ボール投げなら、ボールげたたから前へむかって走りながら、後方にボールを投げるなど、右手で円をきながら、同時に、左手で正方形を描くという芸当に匹敵するほどの曲芸だと思ってしまう。

泥まみれで走る男の子のステキなこと

ラグビーのルールは、自分より前にボールを投げてはいけない、ということ。メンバは、走りながら自分の後方へボールを投げ続ける。こういうことのできる男はスゴイ、と思ってしまう。

それにしても、泥まみれで走る男の子のステキなこと。競技場内のメンバーたちは、みんなカッコよく思えてしまう。だから、彼とラグビー観戦に行くのなら、ラガーたちに充分対抗し得るボーイフレンドを選ぶべき。

アメリカ映画の脇役に出てくるような、ひょろっとして前歯が出てメガネをかけたボーイフレンドに横に座られると、情けない気分になってしまうかもしれない。色白でほっちゃりした男のコが黙って隣でポップコーンをほおばっていたら、腹が立つくるかもしれない。そして、アナタも、まさか、ボディコンでハイヒールだったりしてはいけない。ラグビー競技場は、観客を選ぶのである、とある女性は語った。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

酔っぱらって覚えてないのは本当ですか?

こう着状態がイヤになった私は、会社に不満があったこともあって、これを機に転職して、彼のことを忘れようとしました。ところが、先日組合の役員に選任され、立場上辞めることができなくなってしまいました。という …

no image

芸能人の恋の話

正露丸や龍角散。名前からして、由緒のありそうな薬たち。パブロンやルルよりは、古くから伝わってる薬だとすぐわかる。その長く愛された秘密は(薬の効用はもちろんだが)、どこか、一度好きになったら、ものすごく …

no image

年の差カップルが本当はうらやましい

世の中に、絵に描いたような幸福が存在することが許せない。しかし、その次の瞬間、ウプなだけのキレイキレイなお嬢ちゃんである花嫁に、安心したりする。今のうちよ。キレイ、キレイ、かわいい、かわいいって妻を可 …

no image

恋愛している一見ちぐはぐの二人組が実は真のカップル

世間のカップルを見回すと、なんで、あの二人が・・と驚かされる、一見チグハグの二人組というものが結構多いものである。しかし、じっは、こういうカップルこそが、真のカップルといえるのである。ハタから見て、ま …

no image

別れた彼氏と同じ職場だった場合

5年つきあってふられた彼は私の部下。いっしょにいるとつらくてたまりません、とある人は語る。年齢差もあったし、しかたないと思う半面、新しくできた彼女も私の部下です。同じ職場で、彼と彼女が毎日楽しそうにふ …