スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

ぴったりした白ズボンが嫌い

投稿日:

ラグビーを好きな理由は、ユニフォームの短パンにあるように思える。私は、短パンがユニフォームの球技スポーツは、だいたい好きである。サッカーもラグビーも、テニス。短パン姿の少年が好きだった。膝小僧を出してソックスをはいた素足が好きなのである。それを見ただけでワクワクしてしまう。

だから、私は、ラグビーは好きだが、アメットは苦手なのである。ぴったりした長ズボンがダメ。プロ野球のユニフォームでも体操のズボンでも、あの、ぴっちりした白いズボンに困ってしまう。ぴっちりした白いズボンはクラシックバレエの白タイツに見えてしてしまう。

恋の夢から醒めてしまう場所でデートをしてはいけません。私は、一度にひとつのことしかできない人間なのだ、とある人は語る。走るなら、走るだけ。ボール投げなら、ボールげたたから前へむかって走りながら、後方にボールを投げるなど、右手で円をきながら、同時に、左手で正方形を描くという芸当に匹敵するほどの曲芸だと思ってしまう。

泥まみれで走る男の子のステキなこと

ラグビーのルールは、自分より前にボールを投げてはいけない、ということ。メンバは、走りながら自分の後方へボールを投げ続ける。こういうことのできる男はスゴイ、と思ってしまう。

それにしても、泥まみれで走る男の子のステキなこと。競技場内のメンバーたちは、みんなカッコよく思えてしまう。だから、彼とラグビー観戦に行くのなら、ラガーたちに充分対抗し得るボーイフレンドを選ぶべき。

アメリカ映画の脇役に出てくるような、ひょろっとして前歯が出てメガネをかけたボーイフレンドに横に座られると、情けない気分になってしまうかもしれない。色白でほっちゃりした男のコが黙って隣でポップコーンをほおばっていたら、腹が立つくるかもしれない。そして、アナタも、まさか、ボディコンでハイヒールだったりしてはいけない。ラグビー競技場は、観客を選ぶのである、とある女性は語った。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

不倫がはびこるのは男の過去にこだわらない女の特性に一因がある

主催者側も、ものすごいキャスティングをしたものだ。しかし、Kさんもおとななら、いやあ、女房がお世話になっちゃってのジョークの一つも言えばいいのに。それか、逆に、マッチが出るなら、司会は嫌だとゴネるとか …

no image

わがまま人間はわがままな人を嫌い我慢人間のところへすり寄ってゆく

ワガママ人間はワガママ人間を嫌い、我慢人間のところへすり寄ってゆく。結局、今の若い女の子のワガママさは、若い男の子の物わかりの良さと、中年男のスケベ根性が原因。嫌われることを恐れる余り、物わかりの良い …

no image

結婚したくない恋人は欲しい

誘いの瞬間こそ、ドラマにおける緊張のヤマ場であります。フィクションの場合、ここがうまくできていると、結末がめちゃくちゃでも、ああ、おもしろかったと鑑賞できるわけ。しかし、実生活では、おもしろかったでは …

no image

最初のデートに失敗したら「完全無視」を決め込む!?

大ヒットしたテレビドラマ『黒革の手帳』(松本清張原作)の最終回では、ヒロインの元子(米倉涼子)が、「君は、自由のまま僕と結びついていればいい」という安島(仲村トオル)のセリフに強烈な反感を抱く。そのひ …

no image

結婚しているのに恋心を抱いてしまう

結婚しているのにちっとも落ち着きがなく、すぐに恋心を抱いてしまう、とある人は語る。彼とともに青春を過ごし、結婚したくてしたくてたまらない人と一緒になった私ですが、じつはプロポーズされたときはすでに心は …