スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

親ってなんだろう

投稿日:

親になろうとしている者にはその前に、必ず国家試験をすべきだーと主張している人がいた。国家試験をして、合格したものに、親になる資格を与える。その例として、「一歳から三歳の間の子どもの行動の特徴をあげなさい」という問題でもよく、「三歳前後の子どもの行動の特徴について述べなさい」という問題でもよく、その年齢の子どもの行動特徴についてきけばよいのです。

このような問題は、いたずらとか反抗などのほかに、たくさんにあるのです。それについて知識を持つために、子どもの心の発達についての本を読むなり、話をきくなりしてほしいのです。さもないと、本当の「よい子」がお母さんやお父さんに叱られ、心配な子どもがほめられたりして、結局は、人格にゆがみが起きて、問題児になってしまいます。

一歳から二歳の間の子どもの特徴は?ーときかれたならば、いろいろな「いたずら」(探索行動)をしながら、一方ではお母さんに「甘える」子どもーという答えをするでしょう。「いたずら」をしながら「甘える」子どもが「よい子」であって、いたずらもしないし、甘えもしないという子どもであれば、一日も早く、いたずらや甘えることのできる子どもに変えるための努力をしなければなりません。

子どもの立場に立って考えてみる

子どもの気持をよく受け入れてくれるお母さんやお父さんです。子どもの気持を受け入れるためには、心の発達について知識を持っていることが第一ですが、子どもが、親にとって困ったようなことをした場合にも、すぐに叱ったり叩いたりしないで、どうしてそのようなことをしたのか、子どもの立場に立って考えてみることが大切です。

子どもにとってよいお母さんやよいお父さんはどんな人でしょうか。それは、第一に、子どもの心をよく理解してくれる人です。その理解に当っては、子どもの行動が、年齢に沿ってどのように変っていく(発達する)かについて勉強して、一応の知識を持っていることが大切です。

初めのうちは、それがよくわからないかも知れませんが、本で調べたり考えたりするうちに、だんだんと意味が読み取れるようになるものです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

赤ちゃんの興味に沿って冒険の旅に手を貸してあげて下さい

あなたに音楽のセンスがないのに、赤ちゃんが音に対してひどく敏感でも心配はいりません。赤ちゃんは何もシンフォニーが聴きたいわけではなく、話しかけてもらったり、鼻歌を口ずさんでもらったりしたいだけです。 …

no image

子供が好きでない親によって心は冷たく閉ざされていく

肌のふれ合いは、実は、子ども好きかどうか、子どものためにその気持をよく汲んで可愛がるかどうかにかかっているといえましょう。それは、子どものためには、自分のしたいこともがまんするという「思いやり」の心と …

no image

自分は幸せだと思う世界に入ったほうが絶対に幸せになる

外から見たら幸せな世界に生きているように見えるのに、自分ほど不幸な人はいないと思って生きる生き方と、不幸の中でも自分は幸せだと思って生きる生き方、どのように生きるかは一つにひとつです。どちらが本当に幸 …

no image

もし「私」がこの世に生まれていなければ

もし「私」がこの世に生まれていなければ、目の前のわが子も存在していなかったのです。もちろんこの世に生まれなければ、子育てで大変な思いをすることも、日々の中で苦労することも、いろいろ嫌な思いをすることも …

no image

お年寄りと同居で得ることができる利点と難点

お年寄りとの同居はまた楽しく、年寄りもまた若いカップルとの同居を楽しみ、老後が明るくなるものです。お年寄りが家族の中にいると、そのお年寄りを中心に、子どもたちや孫たちが集ってきて、楽しいひと時がくりひ …