スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

親として伝えるべきこと

投稿日:

親御さんがこうしてほしいと思っていること、それはやめてほしいと思っていることなど、親御さんの主張を叱らずに伝えていくことができれば、感情的になって子どもを攻撃してしまうことも減っていきます。

子どもの気持ちを聴くだけでは限界がありますが、親として伝えなければいけないことをしっかり伝えることがしつけとして大切です。聴く力では子どもの感情を汲み取り、心の声を聞き取ってあげることが大切ですが、一方の「語る力」では、感情をできるだけ排して子どもが納得するように伝えていくことが大切になります。

しつけでは論すこと、ほめることが大事になります。いけないことをいけないと伝え、ほめてできるようにしてあげるのが上手なしつけのコツです。いけないことをいけないと伝えるときにガミガミ叱るのは、逆にとても育てにくい子にしてしまうということ。

どうしてあなたはいつも

子どもがモノを散らかして片づけないままというとき、多くのお母さんは「どうして(あなたは)いつも散らかしたままなの!早く片づけなさいー」という言い方をします。これは「あなた」を主語にした伝え方です。「あなた」が主語になると、相手を非難し、否定する要素が強まります。言われたほうは反発を覚え、「またお説教だ」と思って素直に聞こうという気になれなくなります。

ガミガミ叱らずに、親の主張を伝えていくよい方法はあるのでしょうか。お勧めは「私メッセージ」で伝えていくやり方です。「私メッセージ」はカウンセリングの手法のひとつですが、どういうものかというと、主語を「あなた(YOU)」ではなく、「私」にして伝えるというものです。

これを「私」を主語にして言い換えてみましょう。「お母さんは、こんなにお部屋が散らかっているとお掃除ができなくて困ってしまうの。お片づけをしてくれるとうれしいわ」このように言われると、部屋が散らかっているとなんでいけないのかも、それでお母さんが困っているということもスッと子どもに伝わっていきます。片づけないといけない理由がわかるので、納得してやってくれるようになるのです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

もっと親の主張が伝わっていくためには

「あなたの要求はよくわかったから、それはそうしてあげたい。でもお母さんはこうしたほうがいいと思うよ」という言い方でも、お母さんの気持ちは伝わりますが、子どもの気持ちを聞くというのは甘えさせてあげること …

no image

運動嫌いの子どもは友だちができにくい

ある合宿に参加した三年生の女の子は、なかなか戸外遊びをしようとしません。誘い出してもすぐに部屋に戻って、本ばかり読んでいるのです。しかも、夕方、ベッド作りをしてシーツを敷いたあと、子どもたちがその子の …

no image

子供から目を離す親

運転している者は、子どもに対して絶えず注意を払うことが必要で、そのためのドライバーの教育を徹底することを切に望みたいのです。不注意は、お母さんの側にあります。交通事故にあうことの最も多い子どもの年が、 …

no image

あなたの子供の知能にどんな変化が起きたのか

あなたの子供の知能にどんな変化が起きたのか、それらの能力をどのようにして身に付けたのか、これまで考えたことがあるでしょうか?私たちは子供の認識能力がその成長とともに改善され、変化していくことを知ってい …

no image

新生児はさまざまな感覚が全くわからないのか?

新生児はこの世界から受け取るさまざまな感覚に全く反応することができないのでしょうか?いいえ。幸いなことに新生児にはそのような欠陥を埋め合わせる特別な機能が生まれつき備わっているのです。生後しばらくの間 …