スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

親として伝えるべきこと

投稿日:

親御さんがこうしてほしいと思っていること、それはやめてほしいと思っていることなど、親御さんの主張を叱らずに伝えていくことができれば、感情的になって子どもを攻撃してしまうことも減っていきます。

子どもの気持ちを聴くだけでは限界がありますが、親として伝えなければいけないことをしっかり伝えることがしつけとして大切です。聴く力では子どもの感情を汲み取り、心の声を聞き取ってあげることが大切ですが、一方の「語る力」では、感情をできるだけ排して子どもが納得するように伝えていくことが大切になります。

しつけでは論すこと、ほめることが大事になります。いけないことをいけないと伝え、ほめてできるようにしてあげるのが上手なしつけのコツです。いけないことをいけないと伝えるときにガミガミ叱るのは、逆にとても育てにくい子にしてしまうということ。

どうしてあなたはいつも

子どもがモノを散らかして片づけないままというとき、多くのお母さんは「どうして(あなたは)いつも散らかしたままなの!早く片づけなさいー」という言い方をします。これは「あなた」を主語にした伝え方です。「あなた」が主語になると、相手を非難し、否定する要素が強まります。言われたほうは反発を覚え、「またお説教だ」と思って素直に聞こうという気になれなくなります。

ガミガミ叱らずに、親の主張を伝えていくよい方法はあるのでしょうか。お勧めは「私メッセージ」で伝えていくやり方です。「私メッセージ」はカウンセリングの手法のひとつですが、どういうものかというと、主語を「あなた(YOU)」ではなく、「私」にして伝えるというものです。

これを「私」を主語にして言い換えてみましょう。「お母さんは、こんなにお部屋が散らかっているとお掃除ができなくて困ってしまうの。お片づけをしてくれるとうれしいわ」このように言われると、部屋が散らかっているとなんでいけないのかも、それでお母さんが困っているということもスッと子どもに伝わっていきます。片づけないといけない理由がわかるので、納得してやってくれるようになるのです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

新生児はさまざまな感覚が全くわからないのか?

新生児はこの世界から受け取るさまざまな感覚に全く反応することができないのでしょうか?いいえ。幸いなことに新生児にはそのような欠陥を埋め合わせる特別な機能が生まれつき備わっているのです。生後しばらくの間 …

no image

自発性のないお母さんは

働いている夫に対して、「思いやり」を持つ必要はありますが、一日も早く、家庭を大切にする社会の風潮を作ることが大切です。それには、どうしても夫婦の間の話し合いの時間をどこかに作り上げる努力から始めなけれ …

no image

子育ては楽しいことと感じていますか?

誰かに甘えることができるように、人の喜ぶことをして、人の役に立つことから始めましょう。それによって人から好かれていき、好意や愛情というかたちとなって結果があなたのところに還ってきます。それがあなたの心 …

no image

子供が親の真似をするようになると

両親との関係が最も緊密なのは一歳半ころ一歳半を過ぎると、さらにお母さんの生活のまねをすることが多くなります。雑中をかけていると、どこからか布きれを見つけてきて、同じように拭くまねをしたりします。せきあ …

no image

赤ちゃんの動作が反射によって条件づけられることはないが

赤ちゃんの動作が反射によって条件づけられることはありません。ただ、飢えた時や腹を立てた時だけは、まだ反射的な動作が見られます。そうはいっても、自分の意志による初歩的な動作は、大人の動きとは違って、まだ …