スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

親として伝えるべきこと

投稿日:

親御さんがこうしてほしいと思っていること、それはやめてほしいと思っていることなど、親御さんの主張を叱らずに伝えていくことができれば、感情的になって子どもを攻撃してしまうことも減っていきます。

子どもの気持ちを聴くだけでは限界がありますが、親として伝えなければいけないことをしっかり伝えることがしつけとして大切です。聴く力では子どもの感情を汲み取り、心の声を聞き取ってあげることが大切ですが、一方の「語る力」では、感情をできるだけ排して子どもが納得するように伝えていくことが大切になります。

しつけでは論すこと、ほめることが大事になります。いけないことをいけないと伝え、ほめてできるようにしてあげるのが上手なしつけのコツです。いけないことをいけないと伝えるときにガミガミ叱るのは、逆にとても育てにくい子にしてしまうということ。

どうしてあなたはいつも

子どもがモノを散らかして片づけないままというとき、多くのお母さんは「どうして(あなたは)いつも散らかしたままなの!早く片づけなさいー」という言い方をします。これは「あなた」を主語にした伝え方です。「あなた」が主語になると、相手を非難し、否定する要素が強まります。言われたほうは反発を覚え、「またお説教だ」と思って素直に聞こうという気になれなくなります。

ガミガミ叱らずに、親の主張を伝えていくよい方法はあるのでしょうか。お勧めは「私メッセージ」で伝えていくやり方です。「私メッセージ」はカウンセリングの手法のひとつですが、どういうものかというと、主語を「あなた(YOU)」ではなく、「私」にして伝えるというものです。

これを「私」を主語にして言い換えてみましょう。「お母さんは、こんなにお部屋が散らかっているとお掃除ができなくて困ってしまうの。お片づけをしてくれるとうれしいわ」このように言われると、部屋が散らかっているとなんでいけないのかも、それでお母さんが困っているということもスッと子どもに伝わっていきます。片づけないといけない理由がわかるので、納得してやってくれるようになるのです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

抱いて欲しいと赤ん坊がサインを出したら

四カ月の赤ん坊ですから、まだ目はよく見えません。ですから、抱かれ心地で、お母さんを見分けたのだと思います。そこで、赤ん坊の気持を「思いやる」ならば、抱いてほしいと赤ん坊が要求しているときに、抱いてあげ …

no image

赤ちゃんのリズムに合わせて遊んであげよう

赤ちゃんは新しい能力を何度も試してみようとします。赤ちゃんがもっと長く遊んでいたいと思うように、遊びを工夫し、変化をもたせたり複雑にしたりします。しかし、赤ちゃんが出す。疲れているよ、というサインには …

no image

子供のいたずらについて

子供のいたずらは、お母さんやお父さんがうける被害も少なくないのです。それだからこそ「いたずら(悪戯)」といってとめたくもなるのですが、子どもの立場にたっていうならば、児童心理学ですでにいわれているよう …

no image

子供の喧嘩を裁判のように裁いてはいけない

引っ込み思案の大きな原因は、親から過保護を受けたことにあるのです。子どものけんかには親が出るなーということは、くり返しくり返し叫ばなければなりません。 子どものけんかの原因は、ちょっと手がさわっただの …

no image

自分を受け入れることができるようになると

自分はかけがえのない存在であると丸ごと自分を受け入れることができるということは、自分のやっていることはすべてOKであるという価値観がもてるようになるということです。こういう子は自分をとても大事にするこ …