スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

親として伝えるべきこと

投稿日:

親御さんがこうしてほしいと思っていること、それはやめてほしいと思っていることなど、親御さんの主張を叱らずに伝えていくことができれば、感情的になって子どもを攻撃してしまうことも減っていきます。

子どもの気持ちを聴くだけでは限界がありますが、親として伝えなければいけないことをしっかり伝えることがしつけとして大切です。聴く力では子どもの感情を汲み取り、心の声を聞き取ってあげることが大切ですが、一方の「語る力」では、感情をできるだけ排して子どもが納得するように伝えていくことが大切になります。

しつけでは論すこと、ほめることが大事になります。いけないことをいけないと伝え、ほめてできるようにしてあげるのが上手なしつけのコツです。いけないことをいけないと伝えるときにガミガミ叱るのは、逆にとても育てにくい子にしてしまうということ。

どうしてあなたはいつも

子どもがモノを散らかして片づけないままというとき、多くのお母さんは「どうして(あなたは)いつも散らかしたままなの!早く片づけなさいー」という言い方をします。これは「あなた」を主語にした伝え方です。「あなた」が主語になると、相手を非難し、否定する要素が強まります。言われたほうは反発を覚え、「またお説教だ」と思って素直に聞こうという気になれなくなります。

ガミガミ叱らずに、親の主張を伝えていくよい方法はあるのでしょうか。お勧めは「私メッセージ」で伝えていくやり方です。「私メッセージ」はカウンセリングの手法のひとつですが、どういうものかというと、主語を「あなた(YOU)」ではなく、「私」にして伝えるというものです。

これを「私」を主語にして言い換えてみましょう。「お母さんは、こんなにお部屋が散らかっているとお掃除ができなくて困ってしまうの。お片づけをしてくれるとうれしいわ」このように言われると、部屋が散らかっているとなんでいけないのかも、それでお母さんが困っているということもスッと子どもに伝わっていきます。片づけないといけない理由がわかるので、納得してやってくれるようになるのです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

赤ちゃんのイタズラをどこまで許すか?

おばあちゃんに育児をお願いすることはあっても、あくまでもお母さんが育児の責任を持つという姿勢が大切です。そして、おばあさんも、母子の関係がしっかり結びつくように、お母さんを援助してほしいです。 おばあ …

no image

我慢する力を子供につけさせる

本などについても、字が読めるとか、本が好きな子どもだということで、子どもにほしいといわれればそのまま買っているお母さんやお父さんがいます。しかし、小学校にも中学校にもいろいろな教科があります。理科が嫌 …

no image

おしゃべりに夢中で子供から目を離す親

お母さんは、自分の友だちに会ったりすると、その人とおしゃべりをすることに夢中になって、子どものことを忘れてしまうことさえもあるでしょう。その間、子どもは退屈ですから、走り出したくもなる。あるいは、子ど …

no image

赤ちゃんの成長のスピードを考慮に入れる

それぞれの赤ちゃんの成長のスピードを考慮に入れることを忘れないようにして下さい。赤ちゃんに大きな変化、が起きると、例外なく扱いにくい危険な時期、が訪れます。気難しい赤ちゃんは、ふだんから親の注意を引こ …

no image

新生児は目が見えないと考えられていたが

少し前まで、科学者や医師たちは新生児の目が見えないと考えていましたし、今でもそう信じている人もいます。これはとんでもない間違いです。多くの母親はこの考え方に、ずっと反対してきましたが、後にそれが正しい …