スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

もっと親の主張が伝わっていくためには

投稿日:

「あなたの要求はよくわかったから、それはそうしてあげたい。でもお母さんはこうしたほうがいいと思うよ」という言い方でも、お母さんの気持ちは伝わりますが、子どもの気持ちを聞くというのは甘えさせてあげることの基本です。そこにもうひとつ「あなたはどう思う?」と子どもの気持ちを聞くひと言を入れるだけで、子どもの思いが変わり、もっと親の主張が伝わっていく。

「私はこう思うのだけれど、あなたはどう思う?」という質問があることで、自分の気持ちや意見を聞いてくれようとする親の態度に安心して、子どもも思いを伝えてくれるようになります。それによって子どもの気持ちがすっきりし、言われていることを整理して理解できるようになる。自身が納得して行動を変えていこうとするようになるので、ガミガミと言い続けなくても親の主張を素直に聞き入れてくれるようになります。

これまで叱ってきたことを

これまで叱ってきたことを「私メッセージ」で伝えていくと同時に、ほめる際も「ママは」「お母さんは」を主語に伝えてみてください。「お母さんは、あのとき〇くんが進んで弟の勉強をみてくれて、さすがお兄ちゃんーと思ってすごくうれしくなっちゃった。〇くんはどう?話を聞いてくれてありがとうね」「ママはね、〇ちゃんがひとりで上手に歯磨きができるようになって、とても助かっているし、とてもうれしいの。〇ちゃんはどう?ママの話を聞いてくれてありがとうね」このようにほめられたら、子どもは心の底からうれしくなるでしょう。

大きな心の喜びとなり、「親から好かれている」「愛されている」と実感できる最たるものです。たくさんほめられれば、それだけたくさん心のご馳走がもらえて子どもの生きるエネルギーも高まっていきます。叱る親ではなく甘えさせられる親になるには、叱ってしつける以上にほめてしつけることを考えていくことが大切になります。ほめられることは子どもにとって最大の甘えです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

子供の喧嘩を裁判のように裁いてはいけない

引っ込み思案の大きな原因は、親から過保護を受けたことにあるのです。子どものけんかには親が出るなーということは、くり返しくり返し叫ばなければなりません。 子どものけんかの原因は、ちょっと手がさわっただの …

no image

赤ちゃんはさまざまな感覚を使って新しい能力を身に付ける

赤ちゃんは、さまざまな感覚を使って、一連の新しい能力を身に付けようとする赤ちゃんもいれば、もっぱら日に見える世界で何か新しい物を探し出そうとする赤ちゃんや、コミュニケーションの能力を試そうとする赤ちゃ …

no image

お母さん自身が愛情という心のご馳走をもらっていなければ

あるお母さんは、小学校三年生になるお嬢さんが人間関係がうまくつくれず、そんな自分を責めて自虐的な行為を繰り返すようになってしまったという。お嬢さんには大きな期待をかけ、激しく叱りつけながら、ご自分の期 …

no image

子供が膝に乗るのは情緒の不安を解消する場であるから

幼時期後半(三〜五歳)もひざにのることは残ります。幼稚園から帰ってきたときに、ちょっとひざにのせてあげるだけで、幼稚園でのつらい経験とか緊張感を、自分で解消できるのです。その意味で、お母さんのひざは、 …

no image

子供の後追いの時期

お母さんの中に、抱いてあげようとしてもいやがるのですがーと悩む人がいますが、それ以前の何らかの機会に、抱かれたいという要求を拒否したか、一人遊びをしていたいと思っているときに抱き上げてしまったかで、い …