スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

もっと親の主張が伝わっていくためには

投稿日:

「あなたの要求はよくわかったから、それはそうしてあげたい。でもお母さんはこうしたほうがいいと思うよ」という言い方でも、お母さんの気持ちは伝わりますが、子どもの気持ちを聞くというのは甘えさせてあげることの基本です。そこにもうひとつ「あなたはどう思う?」と子どもの気持ちを聞くひと言を入れるだけで、子どもの思いが変わり、もっと親の主張が伝わっていく。

「私はこう思うのだけれど、あなたはどう思う?」という質問があることで、自分の気持ちや意見を聞いてくれようとする親の態度に安心して、子どもも思いを伝えてくれるようになります。それによって子どもの気持ちがすっきりし、言われていることを整理して理解できるようになる。自身が納得して行動を変えていこうとするようになるので、ガミガミと言い続けなくても親の主張を素直に聞き入れてくれるようになります。

これまで叱ってきたことを

これまで叱ってきたことを「私メッセージ」で伝えていくと同時に、ほめる際も「ママは」「お母さんは」を主語に伝えてみてください。「お母さんは、あのとき〇くんが進んで弟の勉強をみてくれて、さすがお兄ちゃんーと思ってすごくうれしくなっちゃった。〇くんはどう?話を聞いてくれてありがとうね」「ママはね、〇ちゃんがひとりで上手に歯磨きができるようになって、とても助かっているし、とてもうれしいの。〇ちゃんはどう?ママの話を聞いてくれてありがとうね」このようにほめられたら、子どもは心の底からうれしくなるでしょう。

大きな心の喜びとなり、「親から好かれている」「愛されている」と実感できる最たるものです。たくさんほめられれば、それだけたくさん心のご馳走がもらえて子どもの生きるエネルギーも高まっていきます。叱る親ではなく甘えさせられる親になるには、叱ってしつける以上にほめてしつけることを考えていくことが大切になります。ほめられることは子どもにとって最大の甘えです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

家事の時でも子供と遊ぶことはできる

お母さんが、ちょっとでも子どもと遊ぶ心を持っていれば、仕事をしていても、それが短い間であっても、子どもと遊ぶことができます。それが、子どもには、お母さんから暖かく受け入れられたという気持を起こさせ、お …

no image

伝えたいこと言いたいことがいっぱいあっても

伝えたいこと、言いたいことがいっぱいあっても、言葉を駆使してわかってもらう術を身につけていないのです。だからこそお母さんには、子どもの動作や表情といったボディランゲージまですべて含めて、子どもの全体の …

no image

幼稚園くらいの子供のケンカに親の仲裁は必要か?

昔から、子どものけんかに親が出るなーといわれてきたのは、まさに名言といえる。ところが、お母さんやお父さんの中には、子ども同士のけんかに口を出したり、それをとめにかかったりする人が少なくありません。とく …

no image

子どもの力を信じることが必要

西ドイツでは、クリスマスツリーを買ってもらった子どもは、ときどき手を休めながらも、その木を家にまで運んでいきました。お母さんは、「がんばれ」といった顔つきで、腕を組んだままそばについて歩いています。日 …

no image

赤ちゃんにはモロー反射などの色々な反射が起きる

赤ちゃんが、いわゆるモロー反射、とよばれる動作をする時には少し驚かされます。背中を曲げ、頭を内側に折り曲げ、腕と足を内と外に交互に動かした後、胸の上や胃の上で折りたたんでしまう奇妙な動作です。まるで、 …