スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

親を憎むようになった子供の姿

投稿日:

「お腹空いた!お腹空いた!」という叫びをわかってもらえない。お腹を減らしている子に叱るしつけをすれば、ますます子どもは空腹を募らせていきます。心のエネルギーが補充されるどころか、叱られるというつらい状況を乗り越えるために心のエネルギーを使うことになり、どんどんエネルギーを減らしていくことになってしまいます。

子どもが甘えてくるのは心のエネルギーの補充です。外でいつ使い、お腹が空いてしまって「お腹空いたよ。ご馳走ちょうだいよ」と言ってきている。あるいはもともともらえるご馳走の量が不足しており、エネルギータンクにはいつも少ししかエネルギーが入っていなくて、常に空腹を感じているからなのです。聞き分けが悪くなるのは「ご飯ちょうだい」と言っているのに、ご飯がもらえないからです。

親である自分に憎しみを向ける子どもの姿であったりもします。現在、ひきこもりやニートになっている人たちの中には、小さい頃から親に存分に甘えさせてもらえなかった人たちが多いのだろうと思います。

ますます聞き分けがなくなっていきます

お腹はますます減っていき、ますます聞き分けがなくなっていきます。聞き分けがなくなっていくだけならまだいいのです。まったく補充してもらえないまま、エネルギーをひたすら消耗していった子はどうなるでしょう。その先にあるのは無気力、無関心、無感動、無責任です。生きる力をまったく失ってしまったわが子の姿です。

生きるエネルギーがなければ外に出て人と関わったり、社会と関わって生きていく力などもてるはずはありません。その心の中は甘えることで満たされていく喜びのエネルギーではなく、暗くて黒いどろどろとしたもので埋め尽くされているのではないかと思います。

ひきこもりの子たちの中にも、親との関係が原因で心を閉ざしてしまった子がいます。こうしたお子さんを抱える親御さんからの相談も、近年はとみに増えてきました。お話を聞いてみると、小さい頃から「ああしろ」「こうしろ」と子どもに言い、特に家業を継がせたいあまり、親の価値観を押しつけ、親の思うようにいかないときは厳しく叱りつけて育ててきたご家庭が、やはり多いのです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

自分は幸せだと思う世界に入ったほうが絶対に幸せになる

外から見たら幸せな世界に生きているように見えるのに、自分ほど不幸な人はいないと思って生きる生き方と、不幸の中でも自分は幸せだと思って生きる生き方、どのように生きるかは一つにひとつです。どちらが本当に幸 …

no image

新生児はさまざまな感覚が全くわからないのか?

新生児はこの世界から受け取るさまざまな感覚に全く反応することができないのでしょうか?いいえ。幸いなことに新生児にはそのような欠陥を埋め合わせる特別な機能が生まれつき備わっているのです。生後しばらくの間 …

no image

赤ちゃんは目新しいものが大好き

赤ちゃんは目新しいものが大好きです。赤ちゃんが身に付けた新しい能力や好奇心を見せたものに、あなたが反応を示してやることがとても大切です。このような発見の喜びをあなたと分かち合うことで、赤ちゃんはそれが …

no image

親として伝えるべきこと

親御さんがこうしてほしいと思っていること、それはやめてほしいと思っていることなど、親御さんの主張を叱らずに伝えていくことができれば、感情的になって子どもを攻撃してしまうことも減っていきます。 子どもの …

no image

生後11週以降の赤ちゃんの仕草や行動

生後一一週から一二週にかけて、あなたの赤ちゃんは次に紹介するような一連の仕草や行動を見せてくれるでしょう。これは移り変わる世界、で、次の成長のステップをク迎える準備をしているサインなのです。 ・親指を …