スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

大人同士のクリスマスプレゼントの交換

投稿日:

本来、恋愛とは、対等でフェアな人格同士の魂のぶっかり合いであると。金で買われた、その金が安すぎる、云々は、恋愛から最も遠くかけ離れた次元の問題である。すごくステキな男性でも、その奥さんを見たとたん、がッカリしてしまうことがある。逆に素晴らしい夫人だと、本人の株も上がることもある。結婚したとたん、人気の上がる芸能人と下がる芸能人がいる。女性ファンは、そのへんに手厳しい判決を下す。

日本人は、西欧人ほど、贈り物に気をつかわないような気がする。クリスマス・プレゼントというものが、歴史的に浅いせいかもしれない。明治以後であろうか、その風習が広まったのは。それでも、日本人にとって、クリスマス・プレゼントとは長い間親が子供たちを喜ばせるためだけのものであった。

映画恋におちては、クリスマス・プレゼントを選ぶシーンが印象的だった。ニューヨーカーたちは、ものすごく気合いをいれて、家族にクリスマス・プレゼントを選ぶのだ。ウッディ・アレンの映画でも、プレゼントの品が重要なポイントだったりする。その人のセンスが、そこにすべて表われてしまう。

クリスマスプレゼントに気が回らない

お世話になったあの方に、食用油を贈ることには日常馴れ親しんではいるが、なかなかクリスマス・プレゼントまでは気が回らない。クリスマス・プレゼントは、家族、恋人同士どまりでの贈り合いなのだろう。

おとながおとなへ、クリスマス・プレゼントを贈る、というのは、それほど昔からではない。おとな同士のプレゼントの中で、クリスマス・プレゼントは、お中元お歳暮ほどポピュラーでないような気がする。

それに、恋人同士というのは、とかく理由をつけてプレゼントを交換したがるので、クリスマス・プレゼントは絶好の機会なのである。しかし、ここで困ってしまうのは、異性の友人からクリスマス・プレゼントをもらった時、その裏に隠された深い意味をさぐってよいのかどうかという点である。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

女性から見て楽しい人になるか面白い人になるかの境界線

会話上手は、豊富な話題を持っているばかりでなく、女性を会話の中に参加させようとする気づかいもある。会話のうまい男は、ポンポンと話題を変えていきながら相手が乗りやすい話題を探していくことができるのだ。そ …

no image

酔っぱらって覚えてないのは本当ですか?

こう着状態がイヤになった私は、会社に不満があったこともあって、これを機に転職して、彼のことを忘れようとしました。ところが、先日組合の役員に選任され、立場上辞めることができなくなってしまいました。という …

no image

デートはお金かけるだけが芸ではない

デートに必要なのは、金離れのよさだけではない。そこに、女性心理のむずかしさがある。二回目のデートでも三回目のデートでも、金離れのよさだけで勝負していると、女性は、「この人って、札束の力だけで女をどうこ …

no image

教養は必要か-彼の話が理解できない

先日、彼と彼の友人三人とお酒を飲んだときのことです。私にはよくわからない話が出てきました、と語るある女性。 教養、って何ですか?人を好きになる、あるいは好きになってもらう資格のひとつに教養は必要ですか …

no image

一見稚拙に見えながらも素朴派の絵は圧倒的な存在力

あなたが、普通の女性なら、素朴派の絵を目指すべきだと思います。一見稚拙に見えながらも、素朴派の絵は、圧倒的な存在力で、他の流派の絵をしりぞけてしまうから。ロココもバロックも、はじけとんでしまうくらいの …