スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

大人同士のクリスマスプレゼントの交換

投稿日:

本来、恋愛とは、対等でフェアな人格同士の魂のぶっかり合いであると。金で買われた、その金が安すぎる、云々は、恋愛から最も遠くかけ離れた次元の問題である。すごくステキな男性でも、その奥さんを見たとたん、がッカリしてしまうことがある。逆に素晴らしい夫人だと、本人の株も上がることもある。結婚したとたん、人気の上がる芸能人と下がる芸能人がいる。女性ファンは、そのへんに手厳しい判決を下す。

日本人は、西欧人ほど、贈り物に気をつかわないような気がする。クリスマス・プレゼントというものが、歴史的に浅いせいかもしれない。明治以後であろうか、その風習が広まったのは。それでも、日本人にとって、クリスマス・プレゼントとは長い間親が子供たちを喜ばせるためだけのものであった。

映画恋におちては、クリスマス・プレゼントを選ぶシーンが印象的だった。ニューヨーカーたちは、ものすごく気合いをいれて、家族にクリスマス・プレゼントを選ぶのだ。ウッディ・アレンの映画でも、プレゼントの品が重要なポイントだったりする。その人のセンスが、そこにすべて表われてしまう。

クリスマスプレゼントに気が回らない

お世話になったあの方に、食用油を贈ることには日常馴れ親しんではいるが、なかなかクリスマス・プレゼントまでは気が回らない。クリスマス・プレゼントは、家族、恋人同士どまりでの贈り合いなのだろう。

おとながおとなへ、クリスマス・プレゼントを贈る、というのは、それほど昔からではない。おとな同士のプレゼントの中で、クリスマス・プレゼントは、お中元お歳暮ほどポピュラーでないような気がする。

それに、恋人同士というのは、とかく理由をつけてプレゼントを交換したがるので、クリスマス・プレゼントは絶好の機会なのである。しかし、ここで困ってしまうのは、異性の友人からクリスマス・プレゼントをもらった時、その裏に隠された深い意味をさぐってよいのかどうかという点である。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

自己開示をはかるタイミングをはずすと大失敗につながる

「自己開示」は、タイミングをはずすと大失敗につながる。ちょうどいい例があるので、紹介しておこう。あるとき、某広告代理店の女子社員のトイレで、こんな話が持ち上がった。「え、あなたもやられたの。ヤッダーッ …

no image

カップルの共通点を見つける

「柔術マジシャン、のアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ。この人の技の流れって、なんか肉体のインテリジェンスみたいなものを感じちゃう」「うれしい話だなあ。僕も、ノゲイラが出てきたときからのファンなんだ。ね、 …

no image

男が語る夢を女はどう思うのか

女性とは、ファンタジーとリアリズムの両極を兼ねそなえた動物である。そのリアリズムの部分が、男の「夢」に対して無慈悲に冷酷に反応することを考えておかなくてはならない。たとえば、JRで長距離電車の運転士に …

no image

ナンパで始まる恋物語もある

息子の通う幼稚園の同じクラスのお母さんたちとの親ぼく会があり、お茶を飲みながら、どこで、初めて主人と知り合ったかという話題になった、とある人は語る。 そういえば、私の故郷は狭い町なので、A子が断わった …

no image

片思いは恋かという疑問

片思いは、恋か、という疑問があります。片思いは、恋です。逆に、一方的に異性から思いをかけられることは、恋でも何でもありません。好きでも何でもない相手から一方的に愛情を注がれても、その人の内部では何の心 …