スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

哲学入門

男に関係するすべてがプラスの価値をもっている

投稿日:

トランクスをはいている若い女性はファッショナブルであるけれど、ブラジャーやパンティーを身につけている青年は「変態」である。ミルク飲み人形の髪をとかしお母さんごっこばかりする男の子に親は心を悩ませる。

女性代議士も女性消防士も女性宇宙飛行士も女性マラソン選手もとてもカッコいいのであり、女性の服装も自然に「男なみ」をめざすことになる。ビヤホールで大ジョッキを傾け、競馬新聞を読み、パイプをくゆらすオヤジ・ギャルはカッコいいが、バーゲンセール会場で他人を蹴散らして目的物に突進し、メロドラマにうつつを抜かし、あんみつ屋に入りびたるオバサン・ボーイはとてもカッコ悪い。

大雑把に言って、男に関係するすべてがプラスの価値をもっており、女にまつわるすべてがマイナスの価値をもっている。女が男の領域に近づくことは「上昇する」ことであるけれど、男が女の領域に足を踏み入れることは「下降する」こと。ですから、「男のような女」に対して世間は寛大であるのに、「女のような男」に対する世間の眼はことのほか厳しい。

じつは男は女を見下している

男がどんなに女をあがめる素振りをしても、じつは男は女を見下している。ただ「自分である」というプライドを「形而上学的プライド」と呼びましたが、それよく似ていて、ただ「男である」というだけの「形而上学的プライド」がいまだ健在だということ。

深夜ソッとのぞいてみたら、お母さんがあぐらをかいて大酒を飲んでいてもそれほどへンではない。しかし、お父さんがブラジャーをして鏡に向かい真剣な面持ちで口紅を引いていたらギョッとする。気が違ったのではないか、とすら思うことでしょう。

客船が沈みそうになったが、ボートは足りない。そのとき女子供の全員そしてその男だけボートに乗れ」と言われて、嫡しい男はまずいないでしょう。なんのことはない、ただ「男としてのプライドが許さないだけです。残酷なのは、こうした「男性信仰」はいまだ生きつづけておりながら、体力・判断力どれをとっても男より優れた女の群れがこのところ急速に発生しているという現実なのです。

-哲学入門

執筆者:

関連記事

no image

アートマン(自我)の存在するということが直観によって知られる

アートマンが直証されるものであるということは、後世ミーマーンサー学派のうちクマーリラ派の説くところであり、ブラメーカラ派の哲学説との相違点を構成している。 アートマン(自我)の存在するということが直観 …

no image

伝統的保守的仏教における個人存在に関する見解

感受作用(vedana受)、表象作用(sanima想)、形成作用(sanskara行)、識別作用(vimana識) 物質的なかたち(rapa色)、これらの五種類の構成要素(五確)はつねに変遷しているが …

no image

イスラームの学者はデカルトを批判

或るイスラームの学者はデカルトを次のように批判した。デカルトによると、知識が自我の存在にのみ限られているかぎりは、知識の範囲と価値は極度に制限されたままである。なぜなら、あらゆる感官的知覚と数学的論証 …

no image

虚空などの物は正しい認識方法とは無関係に成立している

実に虚空などの物は、正しい認識方法(によって知られること)とは無関係に、それ自身によってすでに成立しているものであるとは、何人も考えない。しかるに、アートマンは正しい認識などの活動の基体たるものである …

no image

絶対精神の理論から史的唯物論に至るまでは

絶対精神の理論から史的唯物論に至るまでーは、個の問題を解決しない。わが子が亡くなったのを嘆いて、恐山の地蔵尊に詣でている農婦の悩みは、絶対精神の理論や史的唯物論を百万遍説いて聞かせても、解決され得ない …