スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

哲学入門

男は女より優れてあるべきだという理念

投稿日:

女たちより背の低い男、腕力のない男、学力のない男、社会的地位の低い男iっまり女たちより「劣った」男たちは無残。とくに現代社会は学力・知力が支配する社会ですから、女たちより低い学力の男たちにはことのほか無情の風が吹く。

一昔前までは「男は女より優れてあるべきだ」という理念が現実とあまりかけ離れていなかった。女たちは大学に入れず、エベレストに登ることもなかった。社会全体(つまり男たちが女たちの能力を抑えつけていたのです。だが、そのおもしが取れたとたん、男たちは自分より優れた女たちに次々に遭遇することになる。しかし、男性信仰だけは崩れない。

もちろん、結婚式のとき新郎が中卒で新婦が東大大学院卒でも、銀婚式のとき夫が係長で妻が(同じ会社の重役であってもいっこうに構わないのですが、なぜか社会はまだこうしたことを例外とみなしている。統計的にはこうした組み合わせがたくさん生じても不思議ではないのに、男性信仰健在であるゆえに、いまだ男のほうが女より「少し上」の組み合わせが支配している。

もうこんなゴマカシは通用しない

弱い男たちでも図式通りがんばってしまい、強い女たちでも図式通り後ずさりしてしまう。しかし、もうこんなゴマカシは通用しない。劣った弱い男たちや優れた強い女たちを「自然」とみなさなければ、男たちーことに劣った男たちーはマスマス苦しくなる、みじめになります。

子供が誘拐された場合、お父さんが寝こんでしまい、お母さんが記者会見してもよく、地震の折り、お父さんが失神してしまい、それをお母さんが肩にヒョイと担いで出てきてもいいのですが、まだ馴染まないようです。

スッパリと男性信仰など捨ててしまえばいいのですが、とはいえ、それがナカナカ捨てられない。むしろ、逆説的なことに、女たちにあらゆる面で「負けている」男ほど最後の砦として「男である」プライドは捨てないようです。それで苦しみつづけるのは勝手ですが。

-哲学入門

執筆者:

関連記事

no image

シャンカラやウパヴァルシャの議論は

デカルトにおいては自我は神とは異なった存在であるが、シャンカラにおいては自己はそのまま絶対者ブラフマンなのであって、両者が別異であると考えるのは迷妄にすぎない。自我(アートマン)と絶対者が同一であると …

no image

近代思想の発端は西洋ではわれ考う(われ意識す)ゆえにわれ有り」

近代思想の発端は西洋ではデカルトが「われ考う(われ意識す)。ゆえにわれ有り」といったこの自覚にあるとしばしば主張されている。近代思想における人間そのものを尊重する態度が、やがて哲学的には自我の問題を自 …

no image

仏教では古来「我」とは「常・一・主宰」の義であると解する

仏教では古来「我」とは、「常・一・主宰」の義であると解する。西洋における一例としては、ロック(一六三二ー一七四年)は世俗的生活の領域においては自我を承認している。『自分「ないし自我」とは、快苦を感知し …

no image

実体の観念は成立したがそれを最高我と呼ぶことは成立しなかった

インド哲学の主要傾向は汎神論的であると、しばしば主張されている。たとえばウパニシャッドの哲人シャーンディによると絶対者ブラフマンは『思惟の真実なる者』『意図の真実なる者』であり、自己の思惟・意欲がその …

no image

アートマンなる実体には本来唯一性と雑多性とが存在

シャンカラの伝えているところによると、パルトリプラパンチャはアートマンに関して次のような議論を述べていた。『アートマンなる実体には、本来唯一性(ekatva)と雑多性(nanatva)とが存在する。た …