スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

男女の結婚の価値観や望む時期がいつまでたっても噛み合わない

投稿日:

男と女の結婚を望む時期がいつまでたっても噛み合わない。結婚したくてしようがない若い男性が増えていると聞く。若い男の子の、結婚に憧れる動機が、昔とは随分変わってきているように思える。かつては、押し入れの中にサルマタケをはやした(懐しの男オイドン)その、無精さゆえに、身の回りの細々を優しく世話をやいてくれるお嫁さんを求めたものである。

ある30代の男性が真剣に転居を考えているという。九州のある県にいけば、そこは全国一、男に対する女の人口比率が高いのだそうだ。結婚難の東京を離れて、九州移住を本気で考えていると聞かされ、驚いた。

女性とは、「装う動物」である。ファッション一つを取っても、一人で家にいるときと外に出るときとではガラリと違う。某ファッションメーカーが東京都内に住む二五歳から三五歳までの女性を対象におこなったアンケート調査では、じつに八五・一パーセントの女性が「家にいるときは服装にこだわらない」と答えている。

現実として結婚生活となると

現実として結婚生活となると、結局、女の方に雑事がまわされ、損なことが多いことに、女の子たちは気づいてしまった。だから、若い女の子たちは結婚したがらない。そこで、ますます、結婚したがる男の子たちが余ってくる。男が結婚に夢を見、女は結婚の現実に酔めている。現代とは、そんな状況なのかもしれない。

現在では、男の子の方が細々、マメマメしく動き回り、料理の腕もあげ、アイロンがけまで手際よく片付けたりしている。彼らは、身の回りのお世話のためだけの女性と結婚したがってるのではなさそうだ。

今の若い男の子たちは、コンビニエンスストアのCMに登場するような、夜中月を見上げて一緒に散歩してくれるパートナー欲しさに結婚を望んでいるのではないだろうか。一緒にビデオを観、一緒に料理を作り、一緒にワインをかたむけてくれるおシャレなートナー。じつは、かつては、女の子こそ、こういう夢を結婚生活に抱いて、憧れたものなのである。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

女性から見て楽しい人になるか面白い人になるかの境界線

会話上手は、豊富な話題を持っているばかりでなく、女性を会話の中に参加させようとする気づかいもある。会話のうまい男は、ポンポンと話題を変えていきながら相手が乗りやすい話題を探していくことができるのだ。そ …

no image

デートを断られた後にもう一度押してみる

「軽い女と見られたくない」という心理について、こう考えたことはあるだろうか?「ここで誘いに乗ったら、ほかの誰の誘いにも乗ると思われる」つまり、彼女は誘いをかけた男性に悪い印象を抱いていないからこそ、一 …

no image

偶然の出会いが二度、三度と続くと運命を感じる

「偶然の出会い」が、女性にかなりの揺さぶりをかけるのはそのため。もちろん、一度道路でばったり出会っただけで、それを運命と思う女性はそうそういない。よほどファンタジックな女性でもないかぎり、女性はそれな …

no image

彼の年齢にこだわる

これまでも年下の子を好きになることはありましたが、アイドルを見て、かわいい、と思う気持ちとたいして変わらないものでした、とある人は語る。でも、今度は違うのです。彼の内面的な部分が好きなのです。年上の男 …

no image

彼から個人主義者と言われてしまった

私は個人主義者なのだそうです、と語るある女性。なんとなくわかります、彼の言っている意味は。私は最終的には自分が一番かわいいのです。価値観もすべて自分のものに依っています。 先日、彼といつものように喫茶 …