スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

おしゃべりに夢中で子供から目を離す親

投稿日:

お母さんは、自分の友だちに会ったりすると、その人とおしゃべりをすることに夢中になって、子どものことを忘れてしまうことさえもあるでしょう。その間、子どもは退屈ですから、走り出したくもなる。あるいは、子どものことを気にしながらも、相手の話をきかなくては悪いように思って、つい長話となり、そのすきに子どもが事故にあうということが起こります。

幼児からは、目を離すことができません。子どもから目を離すことは、親の不注意です。このことは、幼稚園や保育所で、先生の目の届かないところでけがをさせたときのことを考えれば、はっきりすると思います。どうしても子どもを参加させることのできないような家事をしているときには、子どもが家から一人で出ることができないように、鍵の設備を厳重にすることも考えなくてはならないでしょう。

お母さんもお父さんも、先生が不注意であったことをなじるでしょう。子どもが家庭にいるときの管理責任は、両親にあることを自覚してほしいのです。また、道端でお母さんが立ち話をしているすきに、子どもが走り出して、車にはねられることも少なくないのです。親子でいっしょに連れ立って外出したときには、子どもとともに楽しむことを優先させることが、子どもに対する「思いやり」というものです。

そのような人はいないと思いますが

「今日は子どもを連れていて落ちつかないから、あとでゆっくり話す時間を作りましょうね」と相手に約束をするだけの態度は必要です。もし相手が「子どものことは構わないじゃありませんか」といったならばーそのような人はいないと思いますがー「思いやり」のない相手ですから、今後、つき合わないようにする方が安全です。

このような馬鹿げた話をするのも、子どもを連れているときに、道端で人に会ったならば、子どものためにきちっとした態度をとってほしいと願うからです。交通地獄といわれる今の世の中で、子どもの生命を守るためには、どうしてもお母さんの毅然とした態度が必要になります。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

新生児を泣き止ませる方法

ときには、授乳している間に眠ってしまい、赤ちゃんをそっと揺りカゴに降ろそうとしたとたんに泣き出すことがあります。授乳や睡眠の時間を正確に守っている母親は、赤ちゃんがミルクを飲みながら眠っていることに気 …

no image

三つ子の魂百までを考えた子育て

「三つ子の魂百まで」ではありませんが、親子関係をつくり、子どもの心の土台をつくるうえで三歳までは基礎固めとなる大事な時期です。したがって、とにかく三歳までは気絶するほど甘えさせてあげましょう。 「お母 …

no image

自分を受け入れることができるようになると

自分はかけがえのない存在であると丸ごと自分を受け入れることができるということは、自分のやっていることはすべてOKであるという価値観がもてるようになるということです。こういう子は自分をとても大事にするこ …

no image

知的能力の高い子どもなのに学習に熱意を示さなくなる

もし、子どもが優越感を持つようなことがあれば、地味な勉強などに対して真剣に取り組むようなことはできません。思春期になると、物質的な誘惑は非常にひろがりますから、それを追うようになってしまいます。 小学 …

no image

ネガティブな部分をポジティブに変換していくと長所が増える

ネガティブな部分をポジティブに変換していくと長所ばかりの人になっていきます。自分は欠点ばかり。そんな自分が嫌い。だから自分にも自信がもてないし、子育てにも自信がもてない。そのようなネガティブの環からは …