スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

おしゃべりに夢中で子供から目を離す親

投稿日:

お母さんは、自分の友だちに会ったりすると、その人とおしゃべりをすることに夢中になって、子どものことを忘れてしまうことさえもあるでしょう。その間、子どもは退屈ですから、走り出したくもなる。あるいは、子どものことを気にしながらも、相手の話をきかなくては悪いように思って、つい長話となり、そのすきに子どもが事故にあうということが起こります。

幼児からは、目を離すことができません。子どもから目を離すことは、親の不注意です。このことは、幼稚園や保育所で、先生の目の届かないところでけがをさせたときのことを考えれば、はっきりすると思います。どうしても子どもを参加させることのできないような家事をしているときには、子どもが家から一人で出ることができないように、鍵の設備を厳重にすることも考えなくてはならないでしょう。

お母さんもお父さんも、先生が不注意であったことをなじるでしょう。子どもが家庭にいるときの管理責任は、両親にあることを自覚してほしいのです。また、道端でお母さんが立ち話をしているすきに、子どもが走り出して、車にはねられることも少なくないのです。親子でいっしょに連れ立って外出したときには、子どもとともに楽しむことを優先させることが、子どもに対する「思いやり」というものです。

そのような人はいないと思いますが

「今日は子どもを連れていて落ちつかないから、あとでゆっくり話す時間を作りましょうね」と相手に約束をするだけの態度は必要です。もし相手が「子どものことは構わないじゃありませんか」といったならばーそのような人はいないと思いますがー「思いやり」のない相手ですから、今後、つき合わないようにする方が安全です。

このような馬鹿げた話をするのも、子どもを連れているときに、道端で人に会ったならば、子どものためにきちっとした態度をとってほしいと願うからです。交通地獄といわれる今の世の中で、子どもの生命を守るためには、どうしてもお母さんの毅然とした態度が必要になります。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

言霊の力や効果

日本語には言葉としてのパワーがあるのだろうと思う。「言霊」という表現があるように、古来、日本人は言葉に宿る力を大切に考えてきました。日本人は直感力に優れ、言葉にエネルギーを与えたといわれています。子育 …

no image

子供の甘えを受け入れられないのはよくない

お母さんとの関係は、「人見知り」が始まってから、だんだんと緊密になっていきます。他の家族より、お母さんに寄りすがることを好むでしょう。それを受け入れることによって、お母さんのよいイメージが子どもの心に …

no image

幼児などでも自分のことは自分でするようにさせる

お母さんは一家のマネージャーとしての権限を持ってほしいと願っています。家事や育児・教育について計画や立案をする人です。その計画や立案に従って、家族が協力すること、とくに子どもたちがお母さんに協力して家 …

no image

赤ちゃんの新しい仕草や行動に注意して下さい

生後八週目(約二カ月)ぐらいになると、脳レベルでの大きな変化、は赤ちゃんが初めて、何らかの単純な形を認識することを可能にする。例外なく大きな変化、が現われる最初の扱いにくい困難な時期が過ぎ去ったら、赤 …

no image

赤ちゃんは危険な物でもすぐに魅力を感じるので注意

赤ちゃんのいたずらに耐えるように家の中を片付けておく。赤ちゃんは危険な物でも、すぐに魅力を感じるので注意して下さい。電気のコンセントや排水管、犬の口など、どんな物でもそこに穴やすき間があれば、舌を入れ …