スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

お酒を飲むと男性にベタベタしてしまいます

投稿日:

お酒を飲むと男性にベタベタしてしまいます。どうしたらなおるでしょうか?、と語るある女性。私はどんなに酔ってても全部覚えているのです。思い出すだけで顔が赤くなることがあります。当然いまでは社内でもあまりいい評判はありません。そのせいかふたりきりで飲めるボーイフレンドもいません。お酒をやめる何かいい方法はありませんか?

私、いまお酒のことで悩んでいます。学生時代は、ほとんど飲めなかったのですが、最近は毎晩のように飲んでます。特に盛り上がるのが好きみたいで、必ず数人でワイワイやります。困っているのは、酔ってあるレベルを超えるととたんにだらしなくなってしまうことです、とのこと。

多少腹が立つことがあっても、声高に抗議することなく、じっと内にこもって我慢する人が、他人から見たおとなしい人なのです。知り合いので、非常に穏やかで腰の低い人がいましたので、こっそりと、ストレスたまるでしょうと聞いたところ、たまりますよおっと、低いドスのきいた声が返ってきました。

ふだんおとなしいのに、酒を飲むともっとおとなしくなるとは、あまり聞かれません(なかには、まあ、そういう人もいるでしょうけど)。ふだんおとなしい人というのは、生まれつき人よりおとなしい細胞、が多いというわけではありません。たぶん、人より我慢強い性格なのでしょう。

酒を飲むと人が変わる

アルコールというものは、ふだんの日常生活で抑圧されているものを解放する働きがあるそうです。よくいわれるのは、ふだんはあんなにおとなしいのに、酒を飲むと人が変わるという言葉です。

自分を抑圧し、我慢に我慢を重ねておとなしいよい人を演じているのでしょう。つまり、酒を飲むとアルコールの作用で、ふだん日常生活で抑圧しているもうひとりの自分が現われるわけで、これは無意識、潜在下での自分を知るよいチャンスともいえるのです。

あなたはきっと、男とイチャイチャするのが好きなタイプの人間なんだと思います。友人で、女は結婚するまで処女でいるべきよと主張していた女性がいました。そのわりに酔うと男にベタベタする。彼女はやがて結婚し、朝から晩まで夫にベタつきっばなしの生活となりました。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

寂しいのでつい不倫してしまいました

寂しさのあまりつい不倫してしまいました。このまま続けていてはだめでしょうか?、とある人は語る。東京にいたころに比べ楽しみも少なく、親しい友人も近くにいないため、寂しさのあまり同僚の妻子ある男性と関係を …

no image

意中の彼女に彼氏がいた場合

意中の彼女に迫るための方法。あなたから「彼氏はいるの?」と聞かれた彼女が、もしあなたに悪い印象を抱いていないとするなら、彼女がきわめて関心があるのは「いますよ」と答えた場合のあなたの反応である。自分の …

no image

女に対して自分の欠点をあまり隠さないほうがいい

女性は、装う生き物である。一人で家にいるときと外とでは、かなり違うことが多いようだ。実際に、女性が家にいるときには、服装にこだわらないという人は過半数だそうだ。そこからは、話し方や態度なども、ウチゾラ …

no image

好きな人に好かれない

最近になって彼は日本語ができない奥さんよりも私のほうがいいといって、しきりに私を誘います。とてもうれしいのですが、彼の本心がどこにあるのかを知るのがこわくて、彼にハッキリとした態度をとれません。彼の言 …

no image

環境から人がなにを学ぶか

環境がどんなに劣悪でも、マトモな人間はマトモである。問題は、環境から人がなにを学ぶか、ということであろう。極道の親を見て、それを真似て極道になる息子もいれば、反面教師と見て、マジメな公務員の道を選ぶ息 …