スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

お酒を飲むと男性にベタベタしてしまいます

投稿日:

お酒を飲むと男性にベタベタしてしまいます。どうしたらなおるでしょうか?、と語るある女性。私はどんなに酔ってても全部覚えているのです。思い出すだけで顔が赤くなることがあります。当然いまでは社内でもあまりいい評判はありません。そのせいかふたりきりで飲めるボーイフレンドもいません。お酒をやめる何かいい方法はありませんか?

私、いまお酒のことで悩んでいます。学生時代は、ほとんど飲めなかったのですが、最近は毎晩のように飲んでます。特に盛り上がるのが好きみたいで、必ず数人でワイワイやります。困っているのは、酔ってあるレベルを超えるととたんにだらしなくなってしまうことです、とのこと。

多少腹が立つことがあっても、声高に抗議することなく、じっと内にこもって我慢する人が、他人から見たおとなしい人なのです。知り合いので、非常に穏やかで腰の低い人がいましたので、こっそりと、ストレスたまるでしょうと聞いたところ、たまりますよおっと、低いドスのきいた声が返ってきました。

ふだんおとなしいのに、酒を飲むともっとおとなしくなるとは、あまり聞かれません(なかには、まあ、そういう人もいるでしょうけど)。ふだんおとなしい人というのは、生まれつき人よりおとなしい細胞、が多いというわけではありません。たぶん、人より我慢強い性格なのでしょう。

酒を飲むと人が変わる

アルコールというものは、ふだんの日常生活で抑圧されているものを解放する働きがあるそうです。よくいわれるのは、ふだんはあんなにおとなしいのに、酒を飲むと人が変わるという言葉です。

自分を抑圧し、我慢に我慢を重ねておとなしいよい人を演じているのでしょう。つまり、酒を飲むとアルコールの作用で、ふだん日常生活で抑圧しているもうひとりの自分が現われるわけで、これは無意識、潜在下での自分を知るよいチャンスともいえるのです。

あなたはきっと、男とイチャイチャするのが好きなタイプの人間なんだと思います。友人で、女は結婚するまで処女でいるべきよと主張していた女性がいました。そのわりに酔うと男にベタベタする。彼女はやがて結婚し、朝から晩まで夫にベタつきっばなしの生活となりました。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

大人同士のクリスマスプレゼントの交換

本来、恋愛とは、対等でフェアな人格同士の魂のぶっかり合いであると。金で買われた、その金が安すぎる、云々は、恋愛から最も遠くかけ離れた次元の問題である。すごくステキな男性でも、その奥さんを見たとたん、が …

no image

片付けられない妻

私の悩みはだらしないことです、と語るある女性。こういう私でも、いずれは結婚すると思います。男の人はやっぱり自分の家がキチンと片付いている方が好きですよね。家庭を持ったときにこのままでいいのか、私はいま …

no image

女性が異性を見る目は男性にくらべて成熟している

女性が異性を見る目は、男性のそれにくらべて「成熟」したところがある。それは、個性の価値をきちんと見きわめようとする視線、と言いかえてもいいだろう。たとえば、政治家の小沢一郎なんていう人は、男の目にはと …

no image

うぬぼれた男と自信がない男、女が嫌いなのはどっちだろうか?

女は、男とは明らかに違う動物。「根拠もなく自信満々な男は嫌いだけど、自信がない男は、もっと話にならない」一人のうち九人の女性は、そう口をそろえる。だから、「あのう、僕じゃダメですかね」とか「僕は何の取 …

no image

バラも色気も崩れ落ちる寸前になぜか心魅かれてしまう

切り花と庭木の花の違いは、花壺に生けられた花はしぼみかけるとすぐ捨てられるが、に植えられた花は、最後の花びら一枚が地面に落ちるまでその姿をさらしているという点にある。生け花としてはとてもつとまらないよ …