スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

女の子の扱い方が粗末にならないよう気をつける

投稿日:

男尊女卑の意識の強い父親に対して反感を持ち、思春期以後になって、口をきかなくなった女の子もいます。きょうだいを比較することは、絶対にやめるべきです。親としては、激励する意味で、「お姉ちゃんは成績がよいのに」などときょうだいを引き合いに出すことがありますが、それは子どもにとって励みとはならないばかりか、きょうだいに対するひがみ根性を強くするばかりです。

きょうだいの比較はひがみ根性のもと男の子と女の子の育て方のちがいについても、もっと注意する必要があります。男の子に対しては、未だに「跡取り」といった意識を持ち、女の子に対しては「嫁にやる」という意識で育てている両親が少なくない。そうした意識の親に育てられていますと、女の子は、どうしても粗末に扱われることが多くなり、女性として生まれてきたことの悲哀感が強くなったり、ひがみ根性が現われたりすることがあります。

どのきょうだいも、それぞれが親に可愛がられているのだという確信が成立するように、子ども一人一人に対して細かい配慮が必要になります。それが、子どもに対する扱いに現われてきて、子どもの情緒は安定するものなのです。その点での配慮がないと、きょうだいの仲は次第に悪くなり、敵意を持ち合うような関係になることが非常に多いことを知っておくことが大切です。

生活の分離をはっきりさせています

また、お年寄りは、自分の夫との愛情関係が円滑で、お互いに「思いやり」と「いたわり」とをもって生活していること、そして、それぞれが自分なりの老後生活の設計を持っていることが特徴です。そのようなお年寄りは、若い夫婦との間に、生活の分離をはっきりさせています。

お年寄りとの同居は、とくに始嫁のみにくい関係を嫌う意味もあって、一時は「ババ抜き」などともいわれ、核家族化への方向を早めました。しかし、息子たちや孫たちから、慕われているお年寄りがいます。生活の分離とは、第一に、居住を分離して暮らしており、若い夫婦の生活を侵さないこと、つまり、若い二人がお年寄りと関係なく生活ができるような間取りになっているということです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

親に甘えさせてもらうと天真欄漫な子に育つ

あるYくんという、6歳の子供がいます。このYくんは表情も常にキラキラしていて、言うこともひとつひとつがおもしろい。話をしていて大笑いしてしまうこともたびたびです。性格も屈託がなく、お客さんの前でもお母 …

no image

多くの赤ちゃんは立ち上がりたいと思っている

赤ちゃんは立ち上がったりすわったりするのが好きですか?多くの赤ちゃんは立ち上がりたいと思っています。あなたの赤ちゃんもそうなら、ベビーサークルの中や揺りカゴの中、ベビーベッドの上(危険ですから注意)、 …

no image

子供が扱いにくい時期に関するある研究

いわゆる扱いにくい時期、(私たちが生後二〇カ月の間に特定した時期)の一〇回のうち六回にまで、赤ちゃんの脳に大きな変化が見られたことを明らかにしています。そして、それぞれの時期のすぐ後には、精神的な発達 …

no image

身体接触を通じて子どもに「甘え」が体験させないと

幼いころに、身体接触を通じての「甘え」が体験されないと、お母さんに対する信頼感がないのかと、こわくなるほど。一〜三歳のころにお母さんとの間に身体接触が少なかったことから問題行動が起きたことがはっきりし …

no image

黙っていてもわかり合うことができる関係に

「以心伝心」や「あ・うんの呼吸」という言い方もありますが、これが機能するにはその前段階に言葉できちんと伝え合ってきた関係性ができていることが必要で。いろいろな言葉を交わし、話を積み重ねた経緯がなければ …