スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

女の子の扱い方が粗末にならないよう気をつける

投稿日:

男尊女卑の意識の強い父親に対して反感を持ち、思春期以後になって、口をきかなくなった女の子もいます。きょうだいを比較することは、絶対にやめるべきです。親としては、激励する意味で、「お姉ちゃんは成績がよいのに」などときょうだいを引き合いに出すことがありますが、それは子どもにとって励みとはならないばかりか、きょうだいに対するひがみ根性を強くするばかりです。

きょうだいの比較はひがみ根性のもと男の子と女の子の育て方のちがいについても、もっと注意する必要があります。男の子に対しては、未だに「跡取り」といった意識を持ち、女の子に対しては「嫁にやる」という意識で育てている両親が少なくない。そうした意識の親に育てられていますと、女の子は、どうしても粗末に扱われることが多くなり、女性として生まれてきたことの悲哀感が強くなったり、ひがみ根性が現われたりすることがあります。

どのきょうだいも、それぞれが親に可愛がられているのだという確信が成立するように、子ども一人一人に対して細かい配慮が必要になります。それが、子どもに対する扱いに現われてきて、子どもの情緒は安定するものなのです。その点での配慮がないと、きょうだいの仲は次第に悪くなり、敵意を持ち合うような関係になることが非常に多いことを知っておくことが大切です。

生活の分離をはっきりさせています

また、お年寄りは、自分の夫との愛情関係が円滑で、お互いに「思いやり」と「いたわり」とをもって生活していること、そして、それぞれが自分なりの老後生活の設計を持っていることが特徴です。そのようなお年寄りは、若い夫婦との間に、生活の分離をはっきりさせています。

お年寄りとの同居は、とくに始嫁のみにくい関係を嫌う意味もあって、一時は「ババ抜き」などともいわれ、核家族化への方向を早めました。しかし、息子たちや孫たちから、慕われているお年寄りがいます。生活の分離とは、第一に、居住を分離して暮らしており、若い夫婦の生活を侵さないこと、つまり、若い二人がお年寄りと関係なく生活ができるような間取りになっているということです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

出産直後の赤ちゃんとの時間

母親は何よりもまず、赤ちゃんを上手に取り扱うことに自信をつけること。そして赤ちゃんの要求に応えてあげることのできる十分な感受性を身に付けることが大切です。赤ちゃんを腕に抱いてあげるだけでなく、母親は自 …

no image

子どもの遊び場が少なくなった今

何とかして、いきいきとした子どもの姿を取り戻したいものです。子どもの遊び場が非常に少なくなった今日、それだけにお母さんとお父さんの努力の必要があります。このような生活全般の改善によって、子どもの睡眠状 …

no image

心の土台を育てること

土台がぐちゃぐちゃだったら、立派な建物を建てようとして懸命にトンカントンカンやっても、骨組みさえしっかり建てられないでしょう。「きちんとご挨拶しなさい」「人には親切にしなさい」と言われても、自分が大好 …

no image

倹約生活で子供の心が養われる

ドイツでは、アパートの階段の電気はボタンを押す方式になっており、三分たったら自動的に消える装置になっている。わが国の家庭では、いかに電気のつけっ放しなどによって、むだに消費していることか。 夕食は、「 …

no image

赤ちゃんの発見を分かち合おう

赤ちゃんの発見を分かち合おう。目新しいことが好きですから、新しく身に付いた能力や赤ちゃんの好奇心にあなたが反応を示してやることはとても大切なことです。そんな新たな発見を赤ちゃんとともに分かち合うことは …