スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

お兄ちゃんなんだから我慢しなさいという言葉

投稿日:

長男の場合、一家の期待や親の願望を背負わされて、小さい頃から。勉強のできる優等生のいい子、でいることを強いられていることも少なくありません。長女なら弟妹たちのお世話やお母さんの手伝いなどを進んでしてくれる。優しくてまじめないい子、を期待されることが多いでしょう。

きょうだいのいるお家の場合、長男・長女ほど目をかけ、心を向けてあげてほしいと思います。なぜなら、きょうだいの中でお兄ちゃん、お姉ちゃんはいろいろと我慢させられていることが一番多いからです。

実際に長男・長女は親にあまり逆らわない、大人しくてまじめないい子が多いようです。聞き分けもよく、親の言うことも聞いてくれるので親もつい安心して、お兄ちゃん、お姉ちゃんに手をかける時間が少なくなっていきます。でもいい子でいてくれる反面、その心の内は寂しさでいっぱいなのです。

きょうだいゲンカをしたとき

きょうだいゲンカをしたとき、「お兄ちゃんなんだから我慢してあげなさい」「お姉ちゃんなんだからもっと優しくしてあげなさい」と叱られて、理不尽な思いをすることもいっぱいです。子どもは親の愛情は常に平等であってほしいと願っています。叱られるときも平等に叱られたいのです。赤ちゃんのオムツを替えたり、おっぱいや離乳食をあげたりといったお世話は、極端に言えばお母さんではなく、他の人がやったって問題ありません。

下の子ができてから上の子の赤ちゃん返りが激しくなったという話もよく耳にします。二歳、三歳のたっぷり甘えたい時期に、お母さんの温かなひざの上を赤ちゃんに奪われてしまい、お母さんも赤ちゃんの世話に忙しくて気持ちを自分に向けてくれない。寂しい思いを抱えても、「お兄ちゃん、お姉ちゃんだから」と言われてしまって、その寂しさをグッと我慢して大きくなっていくのが長男、長女です。

しかし上の子の寂しさを埋めてあげられるのはお母さんしかいないのです。表面的には寂しそうに見えなくても、日頃からお母さんのひざの片方はお兄ちゃん、お姉ちゃんのためにあけてあげてほしいと思います。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

ああしろ、こうしろと言葉で気持ちを遮断してしまってはダメ

自ら成長していく力は植物自身がすべてもっている。そこに不備はない。だからそれを信じていけばよい。これは子育てにも通じる根本の原理だと思います。トマトの声を聴き、必要なものを与えてあげることで小さな種が …

no image

母の愛情が不足していると子供はわがままになってしまう

ただ単に事柄だけをやってもらっても、お母さんから愛されている実感をもつことはできません。「自分のことが大好きだからやってくれている」という思いがもてなければ心は満たされることなく、お母さんの愛情を確認 …

no image

子供を甘えさせてあげる

子どもを甘えさせましょう。そう言われても、甘えさせるとはどういうことか、イメージのつかない方も多いかもしれません。「甘えさせる」ことと「甘やかす」ことを勘違いしている方が多いのです。「子どもを甘えさせ …

no image

自分の信条・信念を持たせるように育てる

大抵の親御さんたちは、後輪を十分に育てないうちから、前輪に力を注いで育てていこうとしてしまいます。とくに後輪の中でより大切なのが「感情」すなわち心を十二分に育てるということなのですが、それをしっかりと …

no image

赤ちゃん、新生児に必要なものに手を貸してあげましょう

生後一九週ぐらいになると、あなたの赤ちゃんは再び学習を始めます。実際に、この月齢になると赤ちゃんは出来事の世界、を探索し始めるのです。この世界は「さまざまな出来事に適応する能力」を幅広く試してみる機会 …