スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

この世界にまったく同じ赤ちゃんは二人とはいません

投稿日:

どんな行動にも挑戦しようとする赤ちゃんもいれば、特定の行動にだけ興味を抱く赤ちゃんもいます。このような個人差がそれぞれの赤ちゃんの個性を形成していくわけです。ですから、あなたが赤ちやんの仕草や行動をよく観察しその能力を見極めたなら、成長過程で示すユニークな個性を知ることができるでしょう。

この世界に、まったく同じ赤ちゃんは二人とはいません。どんな赤ちゃんにも自分なりの好みがあって、心理的・肉体的な特徴があります。それに従って、新たな世界の中で自分が興味を示す物を選び出していくのです。

赤ちゃんがあなたに語りかけようとすることに応えてあげるなら、身心ともに赤ちゃんの成長に手を貸すことができる。でも、あなたが自分では面白いと思っていないような遊びや行動、オモチャなどに赤ちゃんが興味を示すこともあれば、逆にあなたの好きな遊びやオモチャに赤ちゃんがまるで関心を示さないこともあるでしょう。つまり、母親にも、それぞれ個性があることを忘れないで下さい。

母親としていつも身近にいますから

あなたは母親としていつも身近にいますから、赤ちゃんが手で触って遊ぶ物を与えたり、彼らの要求に応えてあげることができます。誰よりも赤ちゃんのことをよく知っているわけですから、あなたは赤ちゃんの能力を最大限に引き出すことができるといえる。

それでも、赤ちゃんがすぐにあきらめたり、興味を失ったりする時には、赤ちゃんを励まし、その面白さを分からせてあげましょう。あなたが手を貸してあげることで、赤ちゃんはそこから刺激を受け、面白さを発見し、遊びの中から多くのことを学習するのです。

赤ちゃんは何か新しいことを学ぶたびに、これまでの習慣を捨て去ることがあるかもしれません。例えば、ハイハイしたり、オモチャを手につかんだり、一人で歩いたりすると、以前のように何回も抱いて欲しがらなくなります。成長のステップが訪れるたびに、赤ちゃんの能力が向上し、自立性は高まります。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

子供の適応能力を育てる

木のぼりを始めたり、ジャングルジムの上に登って両手を離したりしたら、どのような親の態度が必要でしょうか。お母さんやお父さんは、すぐに「危ないからよしなさい」と大きな声を立てるのではないでしょうか。そう …

no image

おしゃべりに夢中で子供から目を離す親

お母さんは、自分の友だちに会ったりすると、その人とおしゃべりをすることに夢中になって、子どものことを忘れてしまうことさえもあるでしょう。その間、子どもは退屈ですから、走り出したくもなる。あるいは、子ど …

no image

お兄ちゃんなんだから我慢しなさいという言葉

長男の場合、一家の期待や親の願望を背負わされて、小さい頃から。勉強のできる優等生のいい子、でいることを強いられていることも少なくありません。長女なら弟妹たちのお世話やお母さんの手伝いなどを進んでしてく …

no image

子供の怪我をいつまでも怖いとばかり言っていてはダメ

活動的な子どもは、それだけけがを多くします。いろいろなけがの体験は、それに対しての注意力を養うのには大切なことで、それによって、大きなけがを防ぐことができるのです。小さなけがをしたことから、だんだんに …

no image

女の子の扱い方が粗末にならないよう気をつける

男尊女卑の意識の強い父親に対して反感を持ち、思春期以後になって、口をきかなくなった女の子もいます。きょうだいを比較することは、絶対にやめるべきです。親としては、激励する意味で、「お姉ちゃんは成績がよい …