スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

この世界にまったく同じ赤ちゃんは二人とはいません

投稿日:

どんな行動にも挑戦しようとする赤ちゃんもいれば、特定の行動にだけ興味を抱く赤ちゃんもいます。このような個人差がそれぞれの赤ちゃんの個性を形成していくわけです。ですから、あなたが赤ちやんの仕草や行動をよく観察しその能力を見極めたなら、成長過程で示すユニークな個性を知ることができるでしょう。

この世界に、まったく同じ赤ちゃんは二人とはいません。どんな赤ちゃんにも自分なりの好みがあって、心理的・肉体的な特徴があります。それに従って、新たな世界の中で自分が興味を示す物を選び出していくのです。

赤ちゃんがあなたに語りかけようとすることに応えてあげるなら、身心ともに赤ちゃんの成長に手を貸すことができる。でも、あなたが自分では面白いと思っていないような遊びや行動、オモチャなどに赤ちゃんが興味を示すこともあれば、逆にあなたの好きな遊びやオモチャに赤ちゃんがまるで関心を示さないこともあるでしょう。つまり、母親にも、それぞれ個性があることを忘れないで下さい。

母親としていつも身近にいますから

あなたは母親としていつも身近にいますから、赤ちゃんが手で触って遊ぶ物を与えたり、彼らの要求に応えてあげることができます。誰よりも赤ちゃんのことをよく知っているわけですから、あなたは赤ちゃんの能力を最大限に引き出すことができるといえる。

それでも、赤ちゃんがすぐにあきらめたり、興味を失ったりする時には、赤ちゃんを励まし、その面白さを分からせてあげましょう。あなたが手を貸してあげることで、赤ちゃんはそこから刺激を受け、面白さを発見し、遊びの中から多くのことを学習するのです。

赤ちゃんは何か新しいことを学ぶたびに、これまでの習慣を捨て去ることがあるかもしれません。例えば、ハイハイしたり、オモチャを手につかんだり、一人で歩いたりすると、以前のように何回も抱いて欲しがらなくなります。成長のステップが訪れるたびに、赤ちゃんの能力が向上し、自立性は高まります。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

子供の要求が多いのに全て叶えてあげてしまうと

四歳になるTくん。ガムやお菓子、おもちゃなど、「ママこれ買って」というモノは、「また買うの?しょうがないなあ」と思いながらも、「はいはい、わかった」と買ってあげ続けたそうです。ところが年齢が大きくなる …

no image

子供の甘えを受け入れられないのはよくない

お母さんとの関係は、「人見知り」が始まってから、だんだんと緊密になっていきます。他の家族より、お母さんに寄りすがることを好むでしょう。それを受け入れることによって、お母さんのよいイメージが子どもの心に …

no image

子供が親の真似をするようになると

両親との関係が最も緊密なのは一歳半ころ一歳半を過ぎると、さらにお母さんの生活のまねをすることが多くなります。雑中をかけていると、どこからか布きれを見つけてきて、同じように拭くまねをしたりします。せきあ …

no image

七歳から九歳にかけての子供

子どもの欲求をきちっと断ることにしましょう。これには、根くらべしかないのです。根くらべに負けると、子どもの欲望はますますエスカレートするでしょう。そして、自己中心的、つまり、わがままいっばいの子どもに …

no image

子どもの死因でかなり多いのは「不慮の事故」

山をのぼり始めて間もなく、「何でこんなことをさせるのかよう」とくってかかる子どももいる。このような子どもは、ちょっとした困難に出あっても、すぐに挫折してしまうでしょう。どうか、休日などには自然の中に連 …