スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

この世界にまったく同じ赤ちゃんは二人とはいません

投稿日:

どんな行動にも挑戦しようとする赤ちゃんもいれば、特定の行動にだけ興味を抱く赤ちゃんもいます。このような個人差がそれぞれの赤ちゃんの個性を形成していくわけです。ですから、あなたが赤ちやんの仕草や行動をよく観察しその能力を見極めたなら、成長過程で示すユニークな個性を知ることができるでしょう。

この世界に、まったく同じ赤ちゃんは二人とはいません。どんな赤ちゃんにも自分なりの好みがあって、心理的・肉体的な特徴があります。それに従って、新たな世界の中で自分が興味を示す物を選び出していくのです。

赤ちゃんがあなたに語りかけようとすることに応えてあげるなら、身心ともに赤ちゃんの成長に手を貸すことができる。でも、あなたが自分では面白いと思っていないような遊びや行動、オモチャなどに赤ちゃんが興味を示すこともあれば、逆にあなたの好きな遊びやオモチャに赤ちゃんがまるで関心を示さないこともあるでしょう。つまり、母親にも、それぞれ個性があることを忘れないで下さい。

母親としていつも身近にいますから

あなたは母親としていつも身近にいますから、赤ちゃんが手で触って遊ぶ物を与えたり、彼らの要求に応えてあげることができます。誰よりも赤ちゃんのことをよく知っているわけですから、あなたは赤ちゃんの能力を最大限に引き出すことができるといえる。

それでも、赤ちゃんがすぐにあきらめたり、興味を失ったりする時には、赤ちゃんを励まし、その面白さを分からせてあげましょう。あなたが手を貸してあげることで、赤ちゃんはそこから刺激を受け、面白さを発見し、遊びの中から多くのことを学習するのです。

赤ちゃんは何か新しいことを学ぶたびに、これまでの習慣を捨て去ることがあるかもしれません。例えば、ハイハイしたり、オモチャを手につかんだり、一人で歩いたりすると、以前のように何回も抱いて欲しがらなくなります。成長のステップが訪れるたびに、赤ちゃんの能力が向上し、自立性は高まります。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

幼稚園の自由保育はメリットが多くおすすめ

自発性の発達のおくれている子ども、すなわち過保護や干渉の多い中で育った子どもは、自由保育の中ではお友だちとよく遊べません。うろうろしていたり、ぼんやりしています。お友だちと遊んでいるように見えても、自 …

no image

子供の冒険心の現われというべき行動

七〜八歳のころに起きる子どもの冒険心の現われですが、お盆にのっている食器を、台所まで運んでくれるように子どもに頼んだときに、快く承諾してくれたのはよいが、そば屋さんのするように片腕で肩のところにもち上 …

no image

バスから降りるとき子供が先に降りたがる

バスを先に降りたいといってわがままをいうような子どもがいても、それを許してはなりません。その点でいうことをきかない子どもがいれば、日常生活の中で、けじめをつける教育をしていないことの現われです。物質的 …

no image

新生児はさまざまな感覚を区別したり分類できない

赤ちゃんはあらゆる感覚をありのままに受け取りますが、それを分類することができません。つまり、赤ちゃんはこの世界が異なる感覚神経から送られてくる信号から成り立っていることや、それぞれの感覚が独自のメッセ …

no image

赤ちゃんの周りの世界が変化していることを認識する能力

赤ちゃんがさまざまな感覚を使って、周りの世界が変化していることを認識する能力。例えば、人の話し声のトーンが変化することや、猫が音も立てずに廊下を通り過ぎること、雲間を動く太陽によって部屋の明るさが変わ …