スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

思いやりのない親の人たち

投稿日:

「思いやる」ことのできないお母さんは、「もう大きいんでしょ」といいながら、子どもをひざからおろしてしまうでしょう。中には、子どものことを考える暇もなく、「重いね」とか「暑いね」といって、うるさそうに追い立ててしまうお母さんがいます。そのようなお母さんは、自分中心で「思いやり」のないお母さんです。

甘えてお母さんのひざの上にのってきたときには、何かの不安があるのではないかと考えてあげるのです。そうすると、疲れていたとか、眠くなったとか、外で友だちにいじめられたとか、何か心にもやもやが起きたので、それを自分で解消するために、一番信頼のおけるお母さんのひざの上で心の安定を得ようとしていることがわかるでしょう。ですから、黙ってひざの上に抱いてあげればよいのです。

子どもといっしょに遊んで、楽しさを感じることができるようになれば、受け入れのよいお母さんとなり、子どもから慕われます。そうしたお母さんは、子どもといっしょに遊ぶ中で、決して「こうしなさい」とか「ああしなさい」などと口を出さないものです。子どもがいきいきと遊ぶことができるように、考慮する面が多いでしょう。

子どもが「甘える」ことをしなくなると

子どもが「甘える」ことをしなくなると、独立心が育ったように思っていますが、お母さんに対する子どもの気持は、冷えてしまっているのです。子どもの気持をよく受け入れることのできるお母さんになるためには、子どもと遊ぶことが大切です。

そのように子どもに従って遊んでいると、子どものすることが知能の発達や運動機能の発達に裏づけられていることが見えてきます。遊具さえあれば、子どもなりに知恵を働かせ、手や足を器用に使って遊んでいることが確認できます。そうなると、次にはどのような玩具やその他の物(がらくたなど)を与えれば、知能が発達するかがわかってきます。それがわかってくれば、知能テストを受けさせてみたり、テストの練習をさせることが、いかにつまらないことかがよくわかってきます。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

生きるうえで欠かすことのできない大切な要素

お母さんのお腹の中から私たちはすでに成長し続けている。お腹の中での一日は一七〇〇年の進化といわれています。それは生まれてからも続きます。月齢、年齢に応じて成長し、発達し、一人前の大人へと順番・順序を経 …

no image

ある共働き夫婦の生活

嫁が姑と顔を合わせたくなければ、それも実現できるように、家を仕切ってあります、というある家庭。もちろん、食事は別です。食事をいっしょにしたのでは、嫁がかわいそうです。夫の好きな食べ物を、年寄りが好むと …

no image

子供の欲望を満たし続けてしまうと

母親が子供の欲望を満たし続けていますと、子どもの年齢が上昇するにつれて、欲望の対象が高価なものになりますから、大へんです。小学校の高学年や中学生になると、カメラを買ってほしい、自転車を買ってほしい、バ …

no image

赤ちゃんが母親に求めるもの

赤ちゃんが求めていることは、ママがそばにいて、自分を見て話しかけたり、いっしょに遊んでくれることです。赤ちゃんは見慣れない人に人見知勘しますか?赤ちゃんはあまり見かけない人には微笑んでくれませんし、泣 …

no image

母親が子供の栄養について配慮する場合

栄養について配慮しているお母さんであれば、身長や体重は気にする必要がない。それは、個々の子どもによってちがった発育をするからです。たくさん食べて、よく太る子どももあれば、余り太らない子どももいますし、 …