スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

思いやりのない親の人たち

投稿日:

「思いやる」ことのできないお母さんは、「もう大きいんでしょ」といいながら、子どもをひざからおろしてしまうでしょう。中には、子どものことを考える暇もなく、「重いね」とか「暑いね」といって、うるさそうに追い立ててしまうお母さんがいます。そのようなお母さんは、自分中心で「思いやり」のないお母さんです。

甘えてお母さんのひざの上にのってきたときには、何かの不安があるのではないかと考えてあげるのです。そうすると、疲れていたとか、眠くなったとか、外で友だちにいじめられたとか、何か心にもやもやが起きたので、それを自分で解消するために、一番信頼のおけるお母さんのひざの上で心の安定を得ようとしていることがわかるでしょう。ですから、黙ってひざの上に抱いてあげればよいのです。

子どもといっしょに遊んで、楽しさを感じることができるようになれば、受け入れのよいお母さんとなり、子どもから慕われます。そうしたお母さんは、子どもといっしょに遊ぶ中で、決して「こうしなさい」とか「ああしなさい」などと口を出さないものです。子どもがいきいきと遊ぶことができるように、考慮する面が多いでしょう。

子どもが「甘える」ことをしなくなると

子どもが「甘える」ことをしなくなると、独立心が育ったように思っていますが、お母さんに対する子どもの気持は、冷えてしまっているのです。子どもの気持をよく受け入れることのできるお母さんになるためには、子どもと遊ぶことが大切です。

そのように子どもに従って遊んでいると、子どものすることが知能の発達や運動機能の発達に裏づけられていることが見えてきます。遊具さえあれば、子どもなりに知恵を働かせ、手や足を器用に使って遊んでいることが確認できます。そうなると、次にはどのような玩具やその他の物(がらくたなど)を与えれば、知能が発達するかがわかってきます。それがわかってくれば、知能テストを受けさせてみたり、テストの練習をさせることが、いかにつまらないことかがよくわかってきます。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

この世界にまったく同じ赤ちゃんは二人とはいません

どんな行動にも挑戦しようとする赤ちゃんもいれば、特定の行動にだけ興味を抱く赤ちゃんもいます。このような個人差がそれぞれの赤ちゃんの個性を形成していくわけです。ですから、あなたが赤ちやんの仕草や行動をよ …

no image

人生は喜びに満ちていると子どもに教えてあげましょう

親である自分も、そしてわが子もせっかくこの世に生まれたのです。一回限りの人生を生きているということを思えば、どうせなら楽しく喜びに満ちた人生を生きていきましょう。子どもにも楽しく喜びに満ちた人生を生き …

no image

愛情不足の子の飢餓の連鎖から解き放ってあげよう

嫉妬とは自分にないものをもっている相手へのねたみの感情です。親子関係が寂しいまま育ってきた人は、子どもをかわいがりたくても、心のどこかに「私はしてもらえてこなかったのに」という思いをもってしまい、心の …

no image

新たな世界には赤ちゃんが見つけ出すべき物がたくさんある

新たな世界には赤ちゃんが見つけ出すべき物がたくさんあります。その中から赤ちやんは自分の性格にいちばん適した物を選び出し、肉体と精神の両面からそれを試そうとする。これまでと同様に、あなたは何かを押し付け …

no image

新生児はさまざまな感覚を区別したり分類できない

赤ちゃんはあらゆる感覚をありのままに受け取りますが、それを分類することができません。つまり、赤ちゃんはこの世界が異なる感覚神経から送られてくる信号から成り立っていることや、それぞれの感覚が独自のメッセ …