スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

おかあさんこれ買ってという子供の心理を知る

投稿日:

お母さんの中には「甘やかしになるから、おねだりをしてきたときも絶対にモノは買いません」という方もいますが、それもまた「甘えさせてあげる」ということからすると問題なのです。そもそも子どもがモノをおねだりをするというのはなぜなのか。そこから考えてあげましょう。

すぐに空腹になって「ホントのご飯をちょうだいー」と要求されます。「こんなものじゃごまかされないよー」と言うようになります。それが依存やわがままになっていく。あげるのはモノよりお母さんの心子どもが何かをしてほしいと要求してくるときは百パーセント甘えたいときです。「これを買って」というのも甘えたいからです。

「えー、また買ってほしいの?仕方ないわねえ。もうこれきりにしてよ!」と買ってあげても、子どもが本当にほしいモノを与えてあげていることにはなりません。そこにはお母さんの心からの「あなたが大好きだから買ってあげるのよ」の気持ちが添えられていることが必要なのです。子どもが「これがほしい」と言ってきたら、まずはとことん子どもの気持ちを汲み取ってあげてください。

子どもがモノをねだるというのは

子どもがモノをねだるというのは、そのモノがほしいという気持ち以上に、「どれだけ自分が愛されているか」を試したい気持ちのほうが大きいのです。どれだけお母さんに甘えられるか、どれだけ自分が愛されているかを試しているのです。

買ってあげるのであれば、子どもが小躍りするぐらい喜ぶ言葉を添えて買ってあげてください。「わかった!じゃ、お母さんが世界一大好きな〇〇ちゃんがほしいモノだから、世界一最高のモノを買ってあげるねー」「お母さんの大好きな〇〇くんだから喜んで買ってあげるね!このガムを食べるとね、〇〇くんの頭がすっごくよくなるんだよ」こんなお母さんの言葉が一緒にあれば、子どもはたとえ百円のオモチャであっても、十円のガム一個であっても、買ってもらったモノを大事にしてくれます。

「ああ、そうなんだね。このオモチャがほしいのね」「ほしいっていう〇〇ちゃんの気持ち、よーくわかったよ」そこから先はお母さんの判断でいいのです。「買ってあげたいな」と思ったら買ってあげればよいですし、買ってあげられないならそれでいいのです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

子供の欲望を満たし続けてしまうと

母親が子供の欲望を満たし続けていますと、子どもの年齢が上昇するにつれて、欲望の対象が高価なものになりますから、大へんです。小学校の高学年や中学生になると、カメラを買ってほしい、自転車を買ってほしい、バ …

no image

子供の冒険心の現われというべき行動

七〜八歳のころに起きる子どもの冒険心の現われですが、お盆にのっている食器を、台所まで運んでくれるように子どもに頼んだときに、快く承諾してくれたのはよいが、そば屋さんのするように片腕で肩のところにもち上 …

no image

新生児に見られる特徴

赤ちゃんに見られる特長には、以下のようなことがあります。 ・テレビで動いている画面を好んで見る。 ・犬や猫が歩いていたり、食べていたり、動いていたりするのを興味をもって見る。 ・鳥力ゴの中で飛び回る小 …

no image

どうか頭ごなしに叱らないで

よいお母さんやお父さんは、子どもの気持を汲みながら教育をすることができるようになろうと、子どものことについて勉強する人です。子どもを教育する以上、子どもについて勉強するのは当然のことといえましょう。両 …

no image

赤ちゃんが母親の声などに興味を示すようになると

一般に、新生児はエンジンがブルブル鳴る音やドアがギシギシきしむ音、鳥のさえずり、木の葉がサラサラ鳴ったり、笛がピューと鳴る音など、さまざまな種類の音にとても興味をもっています。また、人間の声にも大きな …