スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

おかあさんこれ買ってという子供の心理を知る

投稿日:

お母さんの中には「甘やかしになるから、おねだりをしてきたときも絶対にモノは買いません」という方もいますが、それもまた「甘えさせてあげる」ということからすると問題なのです。そもそも子どもがモノをおねだりをするというのはなぜなのか。そこから考えてあげましょう。

すぐに空腹になって「ホントのご飯をちょうだいー」と要求されます。「こんなものじゃごまかされないよー」と言うようになります。それが依存やわがままになっていく。あげるのはモノよりお母さんの心子どもが何かをしてほしいと要求してくるときは百パーセント甘えたいときです。「これを買って」というのも甘えたいからです。

「えー、また買ってほしいの?仕方ないわねえ。もうこれきりにしてよ!」と買ってあげても、子どもが本当にほしいモノを与えてあげていることにはなりません。そこにはお母さんの心からの「あなたが大好きだから買ってあげるのよ」の気持ちが添えられていることが必要なのです。子どもが「これがほしい」と言ってきたら、まずはとことん子どもの気持ちを汲み取ってあげてください。

子どもがモノをねだるというのは

子どもがモノをねだるというのは、そのモノがほしいという気持ち以上に、「どれだけ自分が愛されているか」を試したい気持ちのほうが大きいのです。どれだけお母さんに甘えられるか、どれだけ自分が愛されているかを試しているのです。

買ってあげるのであれば、子どもが小躍りするぐらい喜ぶ言葉を添えて買ってあげてください。「わかった!じゃ、お母さんが世界一大好きな〇〇ちゃんがほしいモノだから、世界一最高のモノを買ってあげるねー」「お母さんの大好きな〇〇くんだから喜んで買ってあげるね!このガムを食べるとね、〇〇くんの頭がすっごくよくなるんだよ」こんなお母さんの言葉が一緒にあれば、子どもはたとえ百円のオモチャであっても、十円のガム一個であっても、買ってもらったモノを大事にしてくれます。

「ああ、そうなんだね。このオモチャがほしいのね」「ほしいっていう〇〇ちゃんの気持ち、よーくわかったよ」そこから先はお母さんの判断でいいのです。「買ってあげたいな」と思ったら買ってあげればよいですし、買ってあげられないならそれでいいのです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

自発性のないお母さんは

働いている夫に対して、「思いやり」を持つ必要はありますが、一日も早く、家庭を大切にする社会の風潮を作ることが大切です。それには、どうしても夫婦の間の話し合いの時間をどこかに作り上げる努力から始めなけれ …

no image

子どもの食欲やからだの発育発達の「個性」を大切にすること

子どもの食欲やからだの発育の「個性」を大切にすることが必要です。子どものからだの発育の「個性」は、大きい子もあり小さい子もあり、太っている子もありやせている子もあり、さまざまな発育となって現われます。 …

no image

ガミガミと叱る母親と反発する子供

もし子供がおもしろいもの、楽しいと思ったものを発見して、「ねえママ!おもしろいものがあるよー」と声をかけたのに、「何よーうるさいわねー」「そんなことより早く歩きなさい!」とお母さんに怒られれば子どもは …

no image

親の子供に対する異常なまでの過保護

ある校長先生は、新任の先生に向かって、「校内ではけがをさせないようにしてほしい」といったそうです。自分の身にふりかかる面倒を避けようとしていったのでしょう。そこで、子どもたちが全力をあげて活動しようと …

no image

あなたの赤ちゃんは見知らぬ人に対してどういう反応をしますか?

赤ちゃんは見知らぬ人に人見知りしますか?赤ちゃんはあなた以外の誰の胸に抱かれるのも嫌がりますし、見知らぬ人が顔を見たり声をかけても、機嫌が悪くなります。自分の父親でさえ、一日のうち会う時間が少ないと顔 …