スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

おかあさんこれ買ってという子供の心理を知る

投稿日:

お母さんの中には「甘やかしになるから、おねだりをしてきたときも絶対にモノは買いません」という方もいますが、それもまた「甘えさせてあげる」ということからすると問題なのです。そもそも子どもがモノをおねだりをするというのはなぜなのか。そこから考えてあげましょう。

すぐに空腹になって「ホントのご飯をちょうだいー」と要求されます。「こんなものじゃごまかされないよー」と言うようになります。それが依存やわがままになっていく。あげるのはモノよりお母さんの心子どもが何かをしてほしいと要求してくるときは百パーセント甘えたいときです。「これを買って」というのも甘えたいからです。

「えー、また買ってほしいの?仕方ないわねえ。もうこれきりにしてよ!」と買ってあげても、子どもが本当にほしいモノを与えてあげていることにはなりません。そこにはお母さんの心からの「あなたが大好きだから買ってあげるのよ」の気持ちが添えられていることが必要なのです。子どもが「これがほしい」と言ってきたら、まずはとことん子どもの気持ちを汲み取ってあげてください。

子どもがモノをねだるというのは

子どもがモノをねだるというのは、そのモノがほしいという気持ち以上に、「どれだけ自分が愛されているか」を試したい気持ちのほうが大きいのです。どれだけお母さんに甘えられるか、どれだけ自分が愛されているかを試しているのです。

買ってあげるのであれば、子どもが小躍りするぐらい喜ぶ言葉を添えて買ってあげてください。「わかった!じゃ、お母さんが世界一大好きな〇〇ちゃんがほしいモノだから、世界一最高のモノを買ってあげるねー」「お母さんの大好きな〇〇くんだから喜んで買ってあげるね!このガムを食べるとね、〇〇くんの頭がすっごくよくなるんだよ」こんなお母さんの言葉が一緒にあれば、子どもはたとえ百円のオモチャであっても、十円のガム一個であっても、買ってもらったモノを大事にしてくれます。

「ああ、そうなんだね。このオモチャがほしいのね」「ほしいっていう〇〇ちゃんの気持ち、よーくわかったよ」そこから先はお母さんの判断でいいのです。「買ってあげたいな」と思ったら買ってあげればよいですし、買ってあげられないならそれでいいのです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

子供を無理やりに型にはめるやり方で育てるのはよくない

小さい頃から親があれこれと手出しをしたり、「このような人にしよう」と無理やり型にはめる必要は一切ない。親の思いが圧力となって、子どもが苦しむことになりかねません。常に子どもの気持ちを大切にしながら進ん …

no image

生きる力、暮らす力などを身につける

「生きる力」に加えて、そこから派生するプラスの力が強く、大きくなっていけば、その次には社会の中で生きていく力、すなわち「暮らす力」というものも身についていきます。 「暮らす力」とは、 ・生活力(達成感 …

no image

赤ちゃんの周りの世界が変化していることを認識する能力

赤ちゃんがさまざまな感覚を使って、周りの世界が変化していることを認識する能力。例えば、人の話し声のトーンが変化することや、猫が音も立てずに廊下を通り過ぎること、雲間を動く太陽によって部屋の明るさが変わ …

no image

口答えをするなと怒ってしまう

言語的思考というのは、自分の考え方を言葉で表現する力です。この点を考えるならば、そして、発達について勉強してさえいれば、口答えが現われることを喜んでよいはずです。しかし、子どもの発達について勉強の足り …

no image

子育てでのしつけは叱ることが全てではない

「ちゃんとした子にするには厳しく言って聞かせなくちゃ」「きちんと叱らないと悪いことも悪いとわからない子になってしまう」そのように考えていらっしゃる方が多いのでしょう。子育ての中では叱って教えることが必 …