スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

そのときのお母さんの気持ちを想像してみること

投稿日:

ある男性のご相談者。小さい頃、お父さんに連れられてお祭りに行き、帰りにオモチャを買ってもらったそうです。それがうれしくて帰ってからお母さんにオモチャを見せたところ、お母さんは「よかったね」と言ってくれるどころか、黙って手をバシンとはたいたのだそうです。わかったのは、お母さんも寂しかったということでした。そのお家は商家で、しかも小始もいる大家族でした。

お母さんはずっと自分を殺して嫁ぎ先の家族のために働いてきたのね。あなたがオモチャをうれしそうに見せたとき、その思いが噴き出してしまったの。私はこんなにつらい思いをしているのに、あなただけ物を買ってもらってって。あなたもつらかったけれど、そのときのお母さんの心境を考えてあげましょうよ。

結婚はしたいのに、女性不信があってできない。それが自分でもつらいと言う。オモチャも床に落ちて壊れてしまいました。その思い出が心の傷となって、お母さんのことが大嫌いになり、女性そのものが大嫌いになってしまったということでした。

そのときの親がどのような状況だったのか

そのときの親がどのような状況だったのか、どうして子どもにそんなことをしたのか、そこにはそうせざるを得ない何かがあったのだと思います。それを考え、そのときのお母さんの気持ちを想像してみることで、親を認め、許していくことができるようになることもあります。とくに親がすでに亡くなってしまっている方は、直接親に気持ちをぶっけてわだかまりを解消するということができません。

その中でお母さんは家のことをすべて切り盛りし、遊びに行くことも、お父さんと一緒に出かけることもなく、何かを買ってもらったことも一度もなかった。つらい思いを耐えてきて、その気持ちを出して甘えられるのはあなたしかいなかったのよ。あなたに甘えたくてそういうことをしてしまったの。それを聞きながら、その方はポロポロと涙をこぼされていました。でもそのことで何かが吹っ切れたのでしょう。その後いい結婚をされました。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

成功するために失敗を体験させることも大事

もし、子どもがそば屋さんのまねをしていて食器を落としてこわしてしまったとしたら、どのように扱ったらよいでしょうか。そのような冒険心の現われに喜びを感じている両親であれば、そば屋さんの持ち方ができるよう …

no image

ママが嫌いだという2歳児

強情を張るFくんにお父さんとお母さんは「ここでもらしたら置いていくぞー」「どうしてお手洗いに行かないの!もらしたら置いていくからね」と強権的に言い続け、とうとうFくんは「ママ嫌いー」と心の叫びを発した …

no image

子供にキャンプの体験をさせる

ある子供たちの体験合宿での話。われわれは、行く行くは火うち石で火をおこすこと、つまり、文明の原点を教えなければならないとさえ考えました。また、かまども子どもたちに作ってもらったのですが、すぐに「疲れた …

no image

女の子の扱い方が粗末にならないよう気をつける

男尊女卑の意識の強い父親に対して反感を持ち、思春期以後になって、口をきかなくなった女の子もいます。きょうだいを比較することは、絶対にやめるべきです。親としては、激励する意味で、「お姉ちゃんは成績がよい …

no image

お兄ちゃんなんだから我慢しなさいという言葉

長男の場合、一家の期待や親の願望を背負わされて、小さい頃から。勉強のできる優等生のいい子、でいることを強いられていることも少なくありません。長女なら弟妹たちのお世話やお母さんの手伝いなどを進んでしてく …