スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

オフロード用ジャケットなどのバイク用品

投稿日:

ウェアは、通気性のよいトレーナーか、エンデューロジャケットと呼ばれるオフロード専用ジャケットが、動きやすく最満である。ゴーグルは、モトクロス用か、それにフェイスマスクを取りつけて使用するのがメジャーである。へルメットは、C種のジェット型かモトクロス用へルメットが軽くて使いやすい。最近の製品はべンチレーション構造が打米月され、通気性がよくなっている。グローブは、パットの入ったモトクロス用が適している。

これはナイロン製と皮革製があり、夏季用には、ナイロンメッシュのものが蒸れなくてよい。パンツは、ナイロン製または皮革製で、ひざとすねにプラスチックのパットが入ったモトクロスパンツがよいが、皮革製は耐久性は高いが、高価でしかも重量があるので、今日ではナイロン製が中心になっている。パットは、一体式のものと二体式のものとがある。

確かに冬は寒い。しかし、冬には冬の楽しみ方があり、冬でなければ味わえない美しい景色も多いもの。ウインター用品は、やや高価だが、1度購入すれば10年近くは使用できる高品質な製品が多い。ブーツカバーやスパッツ、ウエストバッグなども、持っていればそれなりの効果を発揮してくれるものである。

オートバイライフをさらに楽しく、快適にすごすために、もっといろいろなギアが用意されている。特にウインター用品やレイン用の小物は、それなりに効果が大きく、持っていて損のないものが多い。寒さと雨をシャットアウトしてしまえば、オートノベイは恐いものなしである。

センタースタンドを立てるとき

200kgを超えるマシンでは、若干ではあるが体力も必要になってくる。立て方のコツは、腕力ではなく、体全体の筋力を使うことと、力を入れるタイミングをつかむことである。センタースタンドを立てる場合は、まず平担な場所を選ぶこと。これは、立てたあとの安定性と、降ろしたときにグラリとふらつくのを防ぐためである。

センタースタンド(メインスタンドともいう)を立てるときは、ひざのバネ、背筋、そして場所選びがポイントになる。整備重量が120〜130kgのマシンでは、それほどフォームにとらわれなくても簡単に立てられるが、170kg以上(400cc以上のマシン)になると、少々コツが必要になる。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクで転倒した場合の体へのダメージを減らすテクニック

マシンとからみながらすべっていくとダメージも大きいので、転倒したらすぐにマシンから離れることだ。林道のコーナーで外側へ飛び出しそうになった場合、後輪から転倒する。テクニックが向上すれば、マシンをスピン …

no image

バイクのギアを常にトップに入れたい人

走っているとき、何速にはいっているのだろうと気になって仕方がない、という場合がしばしばある。これは走り出すとすぐにシフトアップしたがり、つねにトップで走っていないといけないと思い込んでいるような初心者 …

no image

10代からバイクの免許を取得することをおすすめしたい理由

バイクに慣れるには若いころから始めたほうがよいにきまっている。現在は原付は16才から免許が取得できるから、早く取得したほうが勝ちだ。16オからバイクに乗り始めれば、運動神経もいいし、バイクの運動特性そ …

no image

バイクのツーリングスポーツとアメリカンタイプについて

ここでは、アメリカンタイプとツーリングスポーツタイプのバイクについて紹介していこう。 ・アメリカンタイプ まっすぐ走って楽しむには、それ相応の個性が必要である。エンジンレイアウトからライディングポジシ …

no image

バイクに乗る際の基本フォームを知っておこう

国際A級ライダーでも、転倒が多くなったり、成績不振のときは、もう一度、走り込んで自分なりのフォームを再チェックしている。基本フォームからやり直すことは、けっして遠まわりにはならない。むしろ、よりハイテ …