スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

オートバイに乗るのに必要な下半身のトレーニング

投稿日:

オートバイに乗るには下半身が強くなければならないことはいうまでもないが、そのなかでも大腿部の筋力が弱くては中腰のライディングポジションが取れない。中腰がダメだと人車一体が不可能となり、ベストライディングはとても望めない。

ムチャクチャなハードトレーニングは百害あって一利なしといわれる。その理論に俺の体験を裏打ちして、ある道場をオープンするとき、いろんなデマが流れた。「あの道場へはいったらシゴキ殺されるのがオチだ」「ヤバイからやめとけ、やめとけ」そんなデマが流れてるのを知って、残念で仕方なかった、とある人。

運動会での骨折や心臓マヒなどの事故がきまって新聞やテレビのニュースをにぎわす。ひとくちにいって日ごろの運動不足による現代病といわれている。こうした現代病少年、たちが、免許を取ったからといって、いきなり2輪で突っ走るとどうなるか。とっさの危機に体が対応できないばかりか、本来なら軽傷ですむ事故も骨折などの重傷や、もっと悪い結果をも招きかねないだろう。

じゅうぶんウォームアップしたら

ランニングでじゅうぶんウォームアップしたら筋肉トレーニングに移る。これは主として四肢と背筋の力をつけるものと理解してもらえばよろしい。なぜかというと、もともと2輪に乗るライディングフォームというものは、人間にとって変則的な姿勢なのであって、それに長時間耐えられるとともに、状況の変化に即応して自由に身のこなしができなければならない。これが人車一体、となるための基礎なのである。

大腿部といっても何種もの筋肉があるが、鍛えるのは、膝の上外側にある筋肉。オートバイに乗る場合に最もよく使う筋肉で、これをいかに強くするかが、下半身強化のポイントといってもいい。

筋肉を養い、体力をつけるためのノウハウは無限にある。じつは体操でも水泳でも、理にかなってさえいれば、なんでもよい。ただ、極端に無理な運動ーたとえばウサギ跳びなんかーは、おすすめしたくない。ウサギ跳びなどはやりすぎると、逆にヒザ関節を痛めてしまう恐れもあるからだ。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

2輪は危ない!?

公道では2輪と4輪は混走している。そこで4輪にいわせれば「2輪は危ない」。2輪にいわせれば「4輪、なかでもタクシーは危ない」とこうなってくる。これも考えてみれば当たりまえの話で、性格、性能ともに異なる …

no image

車の間をバイクですり抜けていく危険

クルマの間をヒラリヒラリとかわして、いかにもすばしっこそうに走っているのを見ることがある。しかし、これは危険。相手が木や石なら問題はない。だいいち、動かないのだから、ヒラリヒラリとかわして走ればいいが …

no image

高出力・高回転型か

・高出力・高回転型か 乾燥重量は、ガソリン、オイル(Fフォーク内含む)、水を含まない車輌重量のことであり、単に車輌重量という場合には、ガソリン、オイル、水を含んだ整備重量をいう。車体の各寸法は、空車時 …

no image

バイクで急坂を登るテクニックなど

・急坂登り リアに体重をかけて駆動力をいかに有効に伝えるかが成否のカギになる。急坂登りは体重移動が最大のポイント。緩い傾斜では腰を引いたポジションのほうがいい。左のステップに重心をおいた姿勢はもっと急 …

no image

バイク試験のコースで上手に決めるコツ

試験では半クラッチは使用しない。スピードコントロールは、Rブレーキを軽く効かせ、マシンを寝かせるときはアクセルオフ、起こすときはアクセルオンで行う。マシンの寝かし込みは、外側のニーグリップ(大腿部)に …