スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

オートバイに乗るのに必要な下半身のトレーニング

投稿日:

オートバイに乗るには下半身が強くなければならないことはいうまでもないが、そのなかでも大腿部の筋力が弱くては中腰のライディングポジションが取れない。中腰がダメだと人車一体が不可能となり、ベストライディングはとても望めない。

ムチャクチャなハードトレーニングは百害あって一利なしといわれる。その理論に俺の体験を裏打ちして、ある道場をオープンするとき、いろんなデマが流れた。「あの道場へはいったらシゴキ殺されるのがオチだ」「ヤバイからやめとけ、やめとけ」そんなデマが流れてるのを知って、残念で仕方なかった、とある人。

運動会での骨折や心臓マヒなどの事故がきまって新聞やテレビのニュースをにぎわす。ひとくちにいって日ごろの運動不足による現代病といわれている。こうした現代病少年、たちが、免許を取ったからといって、いきなり2輪で突っ走るとどうなるか。とっさの危機に体が対応できないばかりか、本来なら軽傷ですむ事故も骨折などの重傷や、もっと悪い結果をも招きかねないだろう。

じゅうぶんウォームアップしたら

ランニングでじゅうぶんウォームアップしたら筋肉トレーニングに移る。これは主として四肢と背筋の力をつけるものと理解してもらえばよろしい。なぜかというと、もともと2輪に乗るライディングフォームというものは、人間にとって変則的な姿勢なのであって、それに長時間耐えられるとともに、状況の変化に即応して自由に身のこなしができなければならない。これが人車一体、となるための基礎なのである。

大腿部といっても何種もの筋肉があるが、鍛えるのは、膝の上外側にある筋肉。オートバイに乗る場合に最もよく使う筋肉で、これをいかに強くするかが、下半身強化のポイントといってもいい。

筋肉を養い、体力をつけるためのノウハウは無限にある。じつは体操でも水泳でも、理にかなってさえいれば、なんでもよい。ただ、極端に無理な運動ーたとえばウサギ跳びなんかーは、おすすめしたくない。ウサギ跳びなどはやりすぎると、逆にヒザ関節を痛めてしまう恐れもあるからだ。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクのクラッチのつなぎ方

バイクのクラッチの継ぎ具合と低速トルクのあるなしは、発進に大きく影響するので、体でタイミングを覚えることはもちろん、クラッチの遊びもつねに調整しておくことが大切である。また、発進時は車体を垂直に保ち、 …

no image

怪我による出血の手当の知識

マスツーリングやモータースポーツを楽しむにも、最低限の応急手当のしかたぐらいは覚えておく必要があり、専門書も多数市販されているので、ぜひ勉強し、自信を持って手当できるようになってほしい。実際の手当には …

no image

バイクのコーナー進入速度以外に注意すること

急ブレーキ。コーナーリング中に急停止するときは、寝ている車体を垂直に近い角度まで立て直してから行う。急ブレーキと進路変更を行う場合は、ブレーキを解除してから進路変更を行い、必要があれば、再びブレーキン …

no image

バイクでブラインドコーナー入る際の注意

ブラインドコーナーでは、ライダーは勘をはたらかせてどの程度の半径を持っているか、前方に危険はないかなどを感じとってコーナーに入ることになる。それによってスピードをどこまで落として入るかが決まるが、慣れ …

no image

バイクのクラッチ操作の練習

クラッチはエンジンのパワーを断続するのが役目。クラッチの使い方ひとつでテクニックの上手、下手がすぐにわかってしまう。クラッチのつなぎ方は、左手のクラッチレバーを離すと同時に右手のアクセルグリップを開い …