スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

オートバイの種類には4つのタイプ

投稿日:

オートバイは、走行する場所、マシンの性格、ユーザーの使用目的、モータースポーツの種類などによって、次の4つのタイプに分けることができる。

コンペテーションタイプ(競技用モデル)
オフロードタイプ(トレール)
ロードスポーツタイプ
アメリカンタイプ

コンペテーションモデルには、ロードレーサーやモトクロッサーのように保安部分をまったく装備しないタイプと、エンデューロモデルやトライアルモデルのように保安部分を装備し、一般公道でも使用できるタイプがある(ただし、トライアルモデルのなかには保安部分を装備しないものもある)。

コンペテーションタイプについては、簡単に言えば、クローズドサーキット(富士スピードウェイや鈴鹿サーキットなど)でのレースに使用するロードレーサー、モトクロスに使用するモトクロッサー、エンデューロレース(オフロードで行う耐久レース)に使用するエンデューロモデル、そしてトライアルに使用するトライアルモデルのことである。

オンロードモデルとオフロードモデル

もっと単純に、オンロードモデルとオフロードモデルの2種類に分類することもある。この場合の「オンロードモデル」はロードスポーツタイプを示し、「オフロードモデル」は、保安部分を装備した、「トレールモデル」と呼ばれるオン・オフ両方の道路を走ることを目的としたデュアルパーパスモデルを指している。

また、今日では、「プロダクションレース」という一般市販車を改造したロードレースも人気が高く、スーパースポーツのカテゴリーは、ノーマルのままでサーキットのスポーツ走行(練習走行)を十分楽しめると同時に、プロダクションレーサーに簡単に改造できることも重要な条件となっている。

市販されている最新のロードスポーツモデルは、使用目的により、スーパースポーツとツーリングスポーツに分かれている。スーパースポーツ一般の公道、主に山間部のワインディング(カーブが連続する道路)を安全に速く走ることを目的としたモデルであり、コーナーリング性能やマシンのパフォーマンス(加速性能ブレーキ性能)そのものを楽しむためのオートバイである。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

大排気量のバイクをいきなり乗らないほうがいい

自分のテクニックでおよびもつかない大排気量のバイクに乗ったばっかりに、事故を起こし、高価なバイクをこわし、自分自身もケガをするかして、泣きをみるのはだれか。まして、死亡事故などを起こしてしまったら、金 …

no image

バイクでコーナーを曲がる際の目線の移し方

目はあらゆる環境から情報を採り入れる大切な役割をする。直線では先へ先へと視線を移しながらバックミラー、両サイド、路面などを追いつづける。教習所で習うように例えば一本橋、走行ではあまり直前をみているとマ …

no image

バイクの単気筒や2気筒などのエンジンの特徴

・単気筒(シングル) 排気音は“ドッドッドッドッ”と力強い。また、スリムなシングルは、軽量を利して、コーナーの取り回しも非常によい。欠点は、極低回転時の安定が悪い点と、太きな振動である。適 …

no image

公道でウィリーをしたら検挙される

バイクが好きなバイク乗りのかたたちの中にはウィリーがしてみたいと思っておられる方は多いかもしれませんし、ウィリーを練習したことがある方もいるでしょう。しかし、一般公道でウィリーをすると安全運転義務違反 …

no image

バイクの減速にエンジンブレーキを使う

トップで走っていて停止する場合、1段ずつエンジンブレーキをきかせながら減速していく。こうすれば前後のブレーキにかかる負担が少なくてすむし、停止したときにはすでに2速あるいは1速までシフトダウンしている …