スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

オートバイの種類には4つのタイプ

投稿日:

オートバイは、走行する場所、マシンの性格、ユーザーの使用目的、モータースポーツの種類などによって、次の4つのタイプに分けることができる。

コンペテーションタイプ(競技用モデル)
オフロードタイプ(トレール)
ロードスポーツタイプ
アメリカンタイプ

コンペテーションモデルには、ロードレーサーやモトクロッサーのように保安部分をまったく装備しないタイプと、エンデューロモデルやトライアルモデルのように保安部分を装備し、一般公道でも使用できるタイプがある(ただし、トライアルモデルのなかには保安部分を装備しないものもある)。

コンペテーションタイプについては、簡単に言えば、クローズドサーキット(富士スピードウェイや鈴鹿サーキットなど)でのレースに使用するロードレーサー、モトクロスに使用するモトクロッサー、エンデューロレース(オフロードで行う耐久レース)に使用するエンデューロモデル、そしてトライアルに使用するトライアルモデルのことである。

オンロードモデルとオフロードモデル

もっと単純に、オンロードモデルとオフロードモデルの2種類に分類することもある。この場合の「オンロードモデル」はロードスポーツタイプを示し、「オフロードモデル」は、保安部分を装備した、「トレールモデル」と呼ばれるオン・オフ両方の道路を走ることを目的としたデュアルパーパスモデルを指している。

また、今日では、「プロダクションレース」という一般市販車を改造したロードレースも人気が高く、スーパースポーツのカテゴリーは、ノーマルのままでサーキットのスポーツ走行(練習走行)を十分楽しめると同時に、プロダクションレーサーに簡単に改造できることも重要な条件となっている。

市販されている最新のロードスポーツモデルは、使用目的により、スーパースポーツとツーリングスポーツに分かれている。スーパースポーツ一般の公道、主に山間部のワインディング(カーブが連続する道路)を安全に速く走ることを目的としたモデルであり、コーナーリング性能やマシンのパフォーマンス(加速性能ブレーキ性能)そのものを楽しむためのオートバイである。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

事故が最も多いのは交差点

事故が最も多く発生するのは交差点。出合いがしらの接触や衝突はあとを絶たないようだ。スピードがさほど出ていないのでクルマならボディをへこませる程度ですむ場合が多く、オートバイでは転倒ということも考えられ …

no image

ツーリング初心者は日帰り日程からはじめる

ツーリングの楽しみは実行するより、事前のプラン立ての方が楽しい、なんていう人がいるぐらい計画を立てるのは胸がワクワクする。何回もプランを立てて、それを実行していくうちに慣れるし反省を重ねるのでコツもわ …

no image

バイクのヘルメットのJIS規格などを知っているか

バイクには色々な用品がある。好きな人なら多くのバイク用品を持っていることだろう。しかし、数あるギアの中で、重要なのが、へルメットである。恐ろしい頭部損傷から身を守る大切なものであり、購入するときは、次 …

no image

バイクのエンジンシステムの種類やその違い

・エンジンシステムの違い 2ストロークエンジンは、クランクシャフト1回転で、吸入・圧縮・爆発・排気の一行程を行うシステムになっている。クランクシャフトが1回転するたびに(ピストンが上死点に行くたびに) …

no image

ライダーが姿勢を変化させることでバンクさせる

人事一体となっての自然なバンクがむずかしいので、ライダーが姿勢を変化させることでバンクさせる。その方法とは、バンクさせようとする側の肩を前に出す。右コーナーなら右肩を、左コーナーなら左肩を押し出すよう …