バイク

オートバイの種類には4つのタイプ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オートバイは、走行する場所、マシンの性格、ユーザーの使用目的、モータースポーツの種類などによって、次の4つのタイプに分けることができる。

コンペテーションタイプ(競技用モデル)
オフロードタイプ(トレール)
ロードスポーツタイプ
アメリカンタイプ

コンペテーションモデルには、ロードレーサーやモトクロッサーのように保安部分をまったく装備しないタイプと、エンデューロモデルやトライアルモデルのように保安部分を装備し、一般公道でも使用できるタイプがある(ただし、トライアルモデルのなかには保安部分を装備しないものもある)。

コンペテーションタイプについては、簡単に言えば、クローズドサーキット(富士スピードウェイや鈴鹿サーキットなど)でのレースに使用するロードレーサー、モトクロスに使用するモトクロッサー、エンデューロレース(オフロードで行う耐久レース)に使用するエンデューロモデル、そしてトライアルに使用するトライアルモデルのことである。

オンロードモデルとオフロードモデル

もっと単純に、オンロードモデルとオフロードモデルの2種類に分類することもある。この場合の「オンロードモデル」はロードスポーツタイプを示し、「オフロードモデル」は、保安部分を装備した、「トレールモデル」と呼ばれるオン・オフ両方の道路を走ることを目的としたデュアルパーパスモデルを指している。

また、今日では、「プロダクションレース」という一般市販車を改造したロードレースも人気が高く、スーパースポーツのカテゴリーは、ノーマルのままでサーキットのスポーツ走行(練習走行)を十分楽しめると同時に、プロダクションレーサーに簡単に改造できることも重要な条件となっている。

市販されている最新のロードスポーツモデルは、使用目的により、スーパースポーツとツーリングスポーツに分かれている。スーパースポーツ一般の公道、主に山間部のワインディング(カーブが連続する道路)を安全に速く走ることを目的としたモデルであり、コーナーリング性能やマシンのパフォーマンス(加速性能ブレーキ性能)そのものを楽しむためのオートバイである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加