スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

オートバイの種類には4つのタイプ

投稿日:

オートバイは、走行する場所、マシンの性格、ユーザーの使用目的、モータースポーツの種類などによって、次の4つのタイプに分けることができる。

コンペテーションタイプ(競技用モデル)
オフロードタイプ(トレール)
ロードスポーツタイプ
アメリカンタイプ

コンペテーションモデルには、ロードレーサーやモトクロッサーのように保安部分をまったく装備しないタイプと、エンデューロモデルやトライアルモデルのように保安部分を装備し、一般公道でも使用できるタイプがある(ただし、トライアルモデルのなかには保安部分を装備しないものもある)。

コンペテーションタイプについては、簡単に言えば、クローズドサーキット(富士スピードウェイや鈴鹿サーキットなど)でのレースに使用するロードレーサー、モトクロスに使用するモトクロッサー、エンデューロレース(オフロードで行う耐久レース)に使用するエンデューロモデル、そしてトライアルに使用するトライアルモデルのことである。

オンロードモデルとオフロードモデル

もっと単純に、オンロードモデルとオフロードモデルの2種類に分類することもある。この場合の「オンロードモデル」はロードスポーツタイプを示し、「オフロードモデル」は、保安部分を装備した、「トレールモデル」と呼ばれるオン・オフ両方の道路を走ることを目的としたデュアルパーパスモデルを指している。

また、今日では、「プロダクションレース」という一般市販車を改造したロードレースも人気が高く、スーパースポーツのカテゴリーは、ノーマルのままでサーキットのスポーツ走行(練習走行)を十分楽しめると同時に、プロダクションレーサーに簡単に改造できることも重要な条件となっている。

市販されている最新のロードスポーツモデルは、使用目的により、スーパースポーツとツーリングスポーツに分かれている。スーパースポーツ一般の公道、主に山間部のワインディング(カーブが連続する道路)を安全に速く走ることを目的としたモデルであり、コーナーリング性能やマシンのパフォーマンス(加速性能ブレーキ性能)そのものを楽しむためのオートバイである。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクの防寒対策

上下のウェア。皮革製のツナギは安全性は高いが保温性はほとんどなく、レザースーツだけで走ることは不可能になる。あくまでレザースーツを着用するなら、スーツの下着にハイネック(首まで覆う)のシャツ、ズボン下 …

no image

バイクでもキャンピングは可能

いろいろなことを経験するといったことから、できる限りキャンピングでのツーリングをすすめたい。年をとってから何泊ものキャンプ生活はとても厳しく、できるものではないし、思い出をより深めるためにもキャンプは …

no image

バイクのツーリングスポーツとアメリカンタイプについて

ここでは、アメリカンタイプとツーリングスポーツタイプのバイクについて紹介していこう。 ・アメリカンタイプ まっすぐ走って楽しむには、それ相応の個性が必要である。エンジンレイアウトからライディングポジシ …

no image

街中をオートバイで走行する場合のポイント

オートバイで街中走行をする場合、好き嫌いにかかわらず、進路変更をするケースが実に多い。また、進路変更は、上手に行わないと事故に直結する場合もあるので、次の注意点を守ることである。 緊急に進路変更する必 …

no image

急ブレーキで追突しないようなバイク運転をしよう

急ブレーキは危険きわまりないもの。予防策としては、車間距離をじゅうぶんすぎるほど取ること。それも自分の腕前に合わせた距離を保つことが必要だ。それと同時に大切なのが早め早めのブレーキング。急ブレーキをか …