スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

オートバイはライダーの目線にそって進む

投稿日:

目線が遠方にあり、周囲の状況を判断しながら走ればどうだろう。自分のオートバイが通る場所、前後の交通状況、飛び出しがありそうな場所の確認などの情報がすべてそろっており、そこから判断できる。そうすれば自分がどのくらいのスピードでどこを走ればいいかも事前にわかり、走りもきわめて安定する。

オートバイはライダーの目線にそって進む。これは2輪に乗ったことのある人ならわかるはずだが、不思議とそうなる。目が状況判断をし、脳に情報を送り、脳が判断して動作を指令するわけで、だから情報の入口である目が向く方向へオートバイを向かわせるのは当然と思われる。その大切な目が近視眼的では情報不足は明白。情報不足では的確な判断はくだせない。これも明白。

とにかく、しっかりと前を見ることだ。そうすればキミの走りは安定する。たし、遠方だけを見ていればいいのではない。バックミラーや周囲の交通状況にも気なければならない。

グローブはじつに重要な役割を持っている

グローブはじつに重要な役割を持っている。ではどんなときに大切な役目を果たすのかというと、まず転倒時。ひっくり返ったら、だれでも手で体を支えるはずだ。そのときに素手だったら、スリキズですめば運がいいほう。転倒した経験のあるひとなら、ノーグロープがどんなに危険かよくわかるだろう。それに2輪はエンジンがむき出し。転倒して素手のままエンジンやマフラーにはさまれたりすると、取り返しのつかないことになってしまう。

頭かくして尻かくさず、ということわざがあるが、ノーグローブはまさにそれ。へルメットや
靴はキマッていても、素手で乗っている人がなんと多いことだろう。手ぐらいケガしてもなんとかなる、と思っているのだろうが、これはとんでもない思い違いというもの。

グロープが重要な役割を果たすのは冬。冬に素手で乗れば寒いのは当たりまえだが、寒さで指がかじかんで思うような操作ができなくなってしまう。これが怖いのだ。寒いのはガマンすればいいが、指が動かなくなることにより、アクセル、クラッチ、ブレーキが自在に操れなくなったら一大事。それに腕が硬直して思いどおりのライディングポジションも取れなくなってしまう。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクのクラッチ操作の練習

クラッチはエンジンのパワーを断続するのが役目。クラッチの使い方ひとつでテクニックの上手、下手がすぐにわかってしまう。クラッチのつなぎ方は、左手のクラッチレバーを離すと同時に右手のアクセルグリップを開い …

no image

バイクでカーブに進入するスピード

突っ込みの最も多い原因はスピードオーバーだ。そのスピードオーバーの原因は、コーナーの大きさや形状判断の誤りや、あまりに先を急ぎ過ぎたり、自信過剰になっている場合が多く、心にゆとりのない時にやりがちだ。 …

no image

カーブの切り返しテクニック

ライダーは、お尻と上体が左側へ寄った状態で、そのまま必要とするバンク角まで車体を寝かし込む。バンク角が決まったら、今度は足に力を入れ、傾きを保持する。これでオーケーだ。切り返す場所を確認したら、左足( …

no image

バイクのコーナー進入速度以外に注意すること

急ブレーキ。コーナーリング中に急停止するときは、寝ている車体を垂直に近い角度まで立て直してから行う。急ブレーキと進路変更を行う場合は、ブレーキを解除してから進路変更を行い、必要があれば、再びブレーキン …

no image

ロースタートでそのまま引っ張れるだけ引っ張っぱるのはよくない

よく街中で見かける光景だが、ローでスタートし、そのまま引っ張れるだけ引っ張っている人がいる。白煙を残して去っていく姿は絵になるが、あまりにも回転を上げて走ると馬脚をあらわす。ピークを超えたあとは出力は …