スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

オートバイはライダーの目線にそって進む

投稿日:

目線が遠方にあり、周囲の状況を判断しながら走ればどうだろう。自分のオートバイが通る場所、前後の交通状況、飛び出しがありそうな場所の確認などの情報がすべてそろっており、そこから判断できる。そうすれば自分がどのくらいのスピードでどこを走ればいいかも事前にわかり、走りもきわめて安定する。

オートバイはライダーの目線にそって進む。これは2輪に乗ったことのある人ならわかるはずだが、不思議とそうなる。目が状況判断をし、脳に情報を送り、脳が判断して動作を指令するわけで、だから情報の入口である目が向く方向へオートバイを向かわせるのは当然と思われる。その大切な目が近視眼的では情報不足は明白。情報不足では的確な判断はくだせない。これも明白。

とにかく、しっかりと前を見ることだ。そうすればキミの走りは安定する。たし、遠方だけを見ていればいいのではない。バックミラーや周囲の交通状況にも気なければならない。

グローブはじつに重要な役割を持っている

グローブはじつに重要な役割を持っている。ではどんなときに大切な役目を果たすのかというと、まず転倒時。ひっくり返ったら、だれでも手で体を支えるはずだ。そのときに素手だったら、スリキズですめば運がいいほう。転倒した経験のあるひとなら、ノーグロープがどんなに危険かよくわかるだろう。それに2輪はエンジンがむき出し。転倒して素手のままエンジンやマフラーにはさまれたりすると、取り返しのつかないことになってしまう。

頭かくして尻かくさず、ということわざがあるが、ノーグローブはまさにそれ。へルメットや
靴はキマッていても、素手で乗っている人がなんと多いことだろう。手ぐらいケガしてもなんとかなる、と思っているのだろうが、これはとんでもない思い違いというもの。

グロープが重要な役割を果たすのは冬。冬に素手で乗れば寒いのは当たりまえだが、寒さで指がかじかんで思うような操作ができなくなってしまう。これが怖いのだ。寒いのはガマンすればいいが、指が動かなくなることにより、アクセル、クラッチ、ブレーキが自在に操れなくなったら一大事。それに腕が硬直して思いどおりのライディングポジションも取れなくなってしまう。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

ライダーが姿勢を変化させることでバンクさせる

人事一体となっての自然なバンクがむずかしいので、ライダーが姿勢を変化させることでバンクさせる。その方法とは、バンクさせようとする側の肩を前に出す。右コーナーなら右肩を、左コーナーなら左肩を押し出すよう …

no image

クルマやバイクは危険というお母さんがた

たんに高校生のバイクを禁止したり免許年齢を引き上げたりでは、けっして問題の解決し、そのためには鉄子も通ってきている。べつにそこまで年齢を下げる必要はないが、とにかく、小鍛練し、正しいテクニックを覚え込 …

no image

ライディング下りコーナーのポイント

4ストロークのビッグシングルの場合、トルクが強いので、油断してシフトダウンを怠ると、エンストして転倒することがある。特に、四輪車に追従してノロノロと走る場合は、十分に注意する必要がある。右コーナーの場 …

no image

街中をオートバイで走行する場合のポイント

オートバイで街中走行をする場合、好き嫌いにかかわらず、進路変更をするケースが実に多い。また、進路変更は、上手に行わないと事故に直結する場合もあるので、次の注意点を守ることである。 緊急に進路変更する必 …

no image

バイクのヘルメットのJIS規格などを知っているか

バイクには色々な用品がある。好きな人なら多くのバイク用品を持っていることだろう。しかし、数あるギアの中で、重要なのが、へルメットである。恐ろしい頭部損傷から身を守る大切なものであり、購入するときは、次 …