スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

オートバイはライダーの目線にそって進む

投稿日:

目線が遠方にあり、周囲の状況を判断しながら走ればどうだろう。自分のオートバイが通る場所、前後の交通状況、飛び出しがありそうな場所の確認などの情報がすべてそろっており、そこから判断できる。そうすれば自分がどのくらいのスピードでどこを走ればいいかも事前にわかり、走りもきわめて安定する。

オートバイはライダーの目線にそって進む。これは2輪に乗ったことのある人ならわかるはずだが、不思議とそうなる。目が状況判断をし、脳に情報を送り、脳が判断して動作を指令するわけで、だから情報の入口である目が向く方向へオートバイを向かわせるのは当然と思われる。その大切な目が近視眼的では情報不足は明白。情報不足では的確な判断はくだせない。これも明白。

とにかく、しっかりと前を見ることだ。そうすればキミの走りは安定する。たし、遠方だけを見ていればいいのではない。バックミラーや周囲の交通状況にも気なければならない。

グローブはじつに重要な役割を持っている

グローブはじつに重要な役割を持っている。ではどんなときに大切な役目を果たすのかというと、まず転倒時。ひっくり返ったら、だれでも手で体を支えるはずだ。そのときに素手だったら、スリキズですめば運がいいほう。転倒した経験のあるひとなら、ノーグロープがどんなに危険かよくわかるだろう。それに2輪はエンジンがむき出し。転倒して素手のままエンジンやマフラーにはさまれたりすると、取り返しのつかないことになってしまう。

頭かくして尻かくさず、ということわざがあるが、ノーグローブはまさにそれ。へルメットや
靴はキマッていても、素手で乗っている人がなんと多いことだろう。手ぐらいケガしてもなんとかなる、と思っているのだろうが、これはとんでもない思い違いというもの。

グロープが重要な役割を果たすのは冬。冬に素手で乗れば寒いのは当たりまえだが、寒さで指がかじかんで思うような操作ができなくなってしまう。これが怖いのだ。寒いのはガマンすればいいが、指が動かなくなることにより、アクセル、クラッチ、ブレーキが自在に操れなくなったら一大事。それに腕が硬直して思いどおりのライディングポジションも取れなくなってしまう。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクのコーナー進入時の注意するポイント

コーナリングに夢中になって近くばかりを見ていると上下感覚を失いがちだ。防止策は、走っているときにできるだけ遠方を見ることだ。それにコーナーとコーナーの間の直線部分では、少しでもいいから遠い山や建物など …

no image

バイクではキープレフトを守るようにしよう

バイクで道路を走行する際、もし、左端を走ろうとしたら、ライダーは常に前方にある障害物に気をくばってこれをよけるために、そのたびに疲れてしまう。周囲の状況を十分に把握しながら走るこ必要となる。これらのこ …

no image

バイク用つなぎは体にピッタリフィットするものを

バイク用のツナギ。レース用であれば、フルにパット類を入れ、前傾フォームが無理なく決まり体にピッタリフィットする大きさで仕立てる。ツーリング専用の場合は、下に薄手のトレーナーを着られるくらいの余裕が必要 …

no image

バイクの単気筒や2気筒などのエンジンの特徴

・単気筒(シングル) 排気音は“ドッドッドッドッ”と力強い。また、スリムなシングルは、軽量を利して、コーナーの取り回しも非常によい。欠点は、極低回転時の安定が悪い点と、太きな振動である。適 …

no image

バイクのローリング族について

ローリング族は、ひとつの峠道を毎日のように通い、何回も往復しては速さを磨き、自分より速そうなヤツがくるとすぐに追いかけていって抜き去るところに快感を覚える人たちだ。最近は、有名な峠道ならどこに行っても …