スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

オートバイのメカニズムを大別すると5パートに分かれる

投稿日:

オートバイのメカニズムを大別すると、次の5パートになる。前後サスペンション、フレーム・駆動装置、ホイール・ブレーキ装置、保安部品、エンジン本体。

前後サスペンションは、オートバイの種類や用途に合わせ。路面からの外乱を吸収し、また、マシンのハンドリングをつくりだす役目を果たしている。

フレーム&駆動装置とは、オートバイの骨格を形成するものであり、マシンの方向性やハンドリングをつくりだす基本になっている。

保安部品とは、メカニカルな、ただ走行するだけのマシン(この場合は機械)を、一般公道で走行できるように、その国の法律に準じて装着するパーツ類である。へッドランプ、ウインカーランプ。バックミラー、テールランプ、そしてスピードメーターなどがある。なお、フェアリングは、保安部品とは呼ばない。

ホイール&ブレーキ装置は、路面に接地し、最も過酷な状態にさらされるパーツであり、タイヤ、ホイール(リム)、そして重要なブレーキシステムを含んでいる。

エンジン本体とは、オートバイの心臓部である。排気量や、2ストローク、4ストローク、水冷、空冷、単気筒、多気筒など。数多くの型式があり、変速機、クラッチなどの動力伝達装置を含んでいる。

クラッチレバー

クラッチの型式には、乾式クラッチ(BMWやモトグッチ、国産の市販レーサーなど)と湿式クラッチ(国産車のほとんど)の2種があり、それぞれに単板式と多板式(2〜7枚ぐらい)がある。なお、四輪の場合は、乾式クラッチがほとんどである。クランクシャフトと変速機の中間にあり、エンジンの動力を伝達したり、切ったりするクラッチを作動させるレバーで、ワイヤー作動とオイル作動の2種がある。

・スロットルグリップ

自動車のアクセルへタルにあたる部分が、このスロットルグリップである。2ストロークマシンの場合は、分離給油用のオイルホンフの噴射量を同時にコントロールするものもある。ワイヤー作動となっており、キャブレターのバタフライバルブまたはスロットルバルブを開閉することにより、エンジンに吸入される混合気(空気とガソリンの混合気)をコントロールして、エンジン回転を上下するしくみになっている。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクのコーナリングの体の荷重の移動

どのコーナリングにもいえることだが、頭は必ず起して水平に近い状態にしていることが大切で、リーンと一緒に頭が傾くとバランスが崩れて非常に危険になる。手はハンドルグリップ以外は力を抜き、ブレーキやクラッチ …

no image

バイクにまたがる時に股を広げて乗らない

股をおっびろげて乗っている人がやたら多い。とくに若い人が得意がってやっているのには腹が立つ。膝を締めることの有効性を知っていながら、ニーグリップを使っていないからだ。ニーグリップという言葉を説明すれば …

no image

バイクのローリング族について

ローリング族は、ひとつの峠道を毎日のように通い、何回も往復しては速さを磨き、自分より速そうなヤツがくるとすぐに追いかけていって抜き去るところに快感を覚える人たちだ。最近は、有名な峠道ならどこに行っても …

no image

バイクのヘルメットのJIS規格などを知っているか

バイクには色々な用品がある。好きな人なら多くのバイク用品を持っていることだろう。しかし、数あるギアの中で、重要なのが、へルメットである。恐ろしい頭部損傷から身を守る大切なものであり、購入するときは、次 …

no image

コーナーでのブレーキコントロール

進行方向にコーナーがせまってきたとしよう。教習所では十分に手前からブレーキをかけて車速を落としてゆっくりコーナーを回ること、なんて習う。しかし、実際はコーナーでマシンはリーン(車体を傾ける)するのだか …