スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

ファッション

ニュース・スタンドに出回る頃には

投稿日:2019年9月16日 更新日:

・ニュース・スタンドに出回る頃には

たとえば、記事中にソフィ・ダールの名が出てくる場合、ボディ・タイプを表す枕詞(関感的のような)がついていないことはめったにない。だが、マリ・クレールが表紙でダールとパメラ・アンダーソンの体型を競わせた号がニュース・スタンドに出回る頃には、一五だったダールのサイズはすでに一二まで落ちていたのだ。ブラジル人でスキニーかつ小柄なキャロリン・リベイロも、カルメン・カースもカービーである。

スーパーモデルのハイジ・クラムは、自分はファッション・ショーでサンプル・サイズを着るにはお尻が大きすぎるといった。ここ二〇年間でプラス・サイズのモデルに対するメディアの注目は高まってきたものの、大きめの女性を使ったファッション・ショーは、メジャーなファッション・デザイナーではなく、レイン・プライアントといった量販店が主催するものばかりである。自分の表紙のほうが勝ったにもかかわらず、彼女はマリ・クレールを訴え、五〇万ポンドを要求した。

画像処理でプラのストラップを消されたため

訴訟の結果は内緒だけれど。訴因には、画像処理でプラのストラップを消されたため、ヌードでポーズをとったように見えてしまったこと、おまけに、サイズには触れないし、体型を扱った特集には使わないという契約を破られたこと、などが挙げられていた。近年ではランウェイ上でも以前より多様性が尊ばれるようになり、デザイナーは、そばかす顔や四〇歳以上の女性、果ては身体障害者(たとえば、アレキサンダー・マックイーンのショーに出た両脚とも義足のモデル、エイミー・マリンズ)といった普通と違ったルックスのモデルを求めている。

大きいサイズは一般にダウンマーケットと考えられていて、まずデザイナーものとみなされることはないし、もちろん、クチュール扱いされることなど絶対にない。大きめのモデルも、いまだにこの普通と違った範疇に入れられているのだという。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

メーカーや小売業者がスウェットショップを使っているかどうか

残念だが、あるメーカーや小売業者がスウェットショップを使っているかどうかは、値札をめくればわかるというものではない。わざわざ労働法違反企業に関する情報をオンラインや紙面などでチェックする消費者はそうい …

no image

魔女狩り現象のようなものが生まれてきた

一九九八年、LAのスポーツウェア・メーカーであるカレン・ケインが、犯罪行為に連座したと言われて標的にされた。この会社は卸売価格にして年間およそ七〇〇〇万ドル分のアパレル製品を製造していたが、そのうち七 …

no image

ファッションメディアや広告、企業による影響

消費者は、トレンドを生み出しては衰退させていくファッション・メディアや広告、企業に躍らされているのです。こう語るのは、カリフォルニア大学リヴァーサイド校の教授として社会学と民族学の教鞭を執る博士。最近 …

no image

デザイナーはただ自分の服を一番きれいに見える体に着せて披露

ファッション・ヴィクティムは、ほとんどの場合、モデル自身は単なる将棋の駒でしかないことに気づいている。しょせん、盤上を支配するのはデザイナーなのだから。だが、当のデザイナーは、ただ自分の服を一番きれい …

no image

ゴーストタウンに成り果ててしまった

「まあ当たり前のことですが、大家の方では自分の持っている不動産からできるだけ多額の金を引き出したいと思っています。そして、アパレル・メーカーからは一平米当たり一〇〇ないし一五〇ドル程度の家賃しか取れな …