スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

ファッション

ニュース・スタンドに出回る頃には

投稿日:2019年9月16日 更新日:

・ニュース・スタンドに出回る頃には

たとえば、記事中にソフィ・ダールの名が出てくる場合、ボディ・タイプを表す枕詞(関感的のような)がついていないことはめったにない。だが、マリ・クレールが表紙でダールとパメラ・アンダーソンの体型を競わせた号がニュース・スタンドに出回る頃には、一五だったダールのサイズはすでに一二まで落ちていたのだ。ブラジル人でスキニーかつ小柄なキャロリン・リベイロも、カルメン・カースもカービーである。

スーパーモデルのハイジ・クラムは、自分はファッション・ショーでサンプル・サイズを着るにはお尻が大きすぎるといった。ここ二〇年間でプラス・サイズのモデルに対するメディアの注目は高まってきたものの、大きめの女性を使ったファッション・ショーは、メジャーなファッション・デザイナーではなく、レイン・プライアントといった量販店が主催するものばかりである。自分の表紙のほうが勝ったにもかかわらず、彼女はマリ・クレールを訴え、五〇万ポンドを要求した。

画像処理でプラのストラップを消されたため

訴訟の結果は内緒だけれど。訴因には、画像処理でプラのストラップを消されたため、ヌードでポーズをとったように見えてしまったこと、おまけに、サイズには触れないし、体型を扱った特集には使わないという契約を破られたこと、などが挙げられていた。近年ではランウェイ上でも以前より多様性が尊ばれるようになり、デザイナーは、そばかす顔や四〇歳以上の女性、果ては身体障害者(たとえば、アレキサンダー・マックイーンのショーに出た両脚とも義足のモデル、エイミー・マリンズ)といった普通と違ったルックスのモデルを求めている。

大きいサイズは一般にダウンマーケットと考えられていて、まずデザイナーものとみなされることはないし、もちろん、クチュール扱いされることなど絶対にない。大きめのモデルも、いまだにこの普通と違った範疇に入れられているのだという。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

リーバイス製品を見るととても誇らしく思った

問題の根底にあるのは、アメリカ・メキシコ・カナダ間で関税や輸出入量の割当を段階的に廃止していく北米自由貿易協定(NAFTA)のような自由貿易協定である。一九九九年の『ネーション』誌の記事によれば、アメ …

no image

ガリ痩せモデルの毎日の体重へのプレッシャー

モデルには、痩せたままでいなければならないというプレッシャーはあるのだろうか?もちろんだ。フットボール選手なら強さを、科学者なら頭の冴えを、アーティストなら感覚の鋭さを、それぞれ持続しなければならない …

no image

ドライ・クリーニング業者に責任転嫁

洗える衣類であっても「ドラリーニングのこと」というラベルを貼る。これは、単に服がダメージを受ける可能性を少ないうだけでなく、ドライ・クリーニング業者に責任転嫁するということでもある。 私たちはなぜ服を …

no image

組合の作った服は大多数の消費者にとって

自分は騙されてるんじゃないか。ただファッションの権威者の名前が貼り付けられているというだけで、デザイナー・グッズに余計にお金を支払っているんじゃないか。そんな疑問を密かに抱いたことはないだろうか? 組 …

no image

メーカーや小売業者がスウェットショップを使っているかどうか

残念だが、あるメーカーや小売業者がスウェットショップを使っているかどうかは、値札をめくればわかるというものではない。わざわざ労働法違反企業に関する情報をオンラインや紙面などでチェックする消費者はそうい …