スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

ファッション

ニュース・スタンドに出回る頃には

投稿日:2019年9月16日 更新日:

・ニュース・スタンドに出回る頃には

たとえば、記事中にソフィ・ダールの名が出てくる場合、ボディ・タイプを表す枕詞(関感的のような)がついていないことはめったにない。だが、マリ・クレールが表紙でダールとパメラ・アンダーソンの体型を競わせた号がニュース・スタンドに出回る頃には、一五だったダールのサイズはすでに一二まで落ちていたのだ。ブラジル人でスキニーかつ小柄なキャロリン・リベイロも、カルメン・カースもカービーである。

スーパーモデルのハイジ・クラムは、自分はファッション・ショーでサンプル・サイズを着るにはお尻が大きすぎるといった。ここ二〇年間でプラス・サイズのモデルに対するメディアの注目は高まってきたものの、大きめの女性を使ったファッション・ショーは、メジャーなファッション・デザイナーではなく、レイン・プライアントといった量販店が主催するものばかりである。自分の表紙のほうが勝ったにもかかわらず、彼女はマリ・クレールを訴え、五〇万ポンドを要求した。

画像処理でプラのストラップを消されたため

訴訟の結果は内緒だけれど。訴因には、画像処理でプラのストラップを消されたため、ヌードでポーズをとったように見えてしまったこと、おまけに、サイズには触れないし、体型を扱った特集には使わないという契約を破られたこと、などが挙げられていた。近年ではランウェイ上でも以前より多様性が尊ばれるようになり、デザイナーは、そばかす顔や四〇歳以上の女性、果ては身体障害者(たとえば、アレキサンダー・マックイーンのショーに出た両脚とも義足のモデル、エイミー・マリンズ)といった普通と違ったルックスのモデルを求めている。

大きいサイズは一般にダウンマーケットと考えられていて、まずデザイナーものとみなされることはないし、もちろん、クチュール扱いされることなど絶対にない。大きめのモデルも、いまだにこの普通と違った範疇に入れられているのだという。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

労働問題改善を唱えるケイティ・クアン

アパレル系のスウェットショップが二〇世紀における恐竜にならなかった主な理由は、製品自体にある。柔らかい生地を扱うため、製造過程をオートメ化しにくいのだ。ここ四〇年間、インフレのおかげで他分野の賃金はお …

no image

組合は一定のメーカー群と協定を結んでいる

組合は、一定のメーカー群と協定を結んでいるー製造は、組合に入っている国内の工場で行うこと、さもなければ料金を支払うこと。協定に違反して海外で製造を行ったメーカーは、組合に損害賠償しなければならないわけ …

no image

ナイキのスウェットショップ問題

ファッション業界の歴史には、悪名高いスウェットショップ話がいくつか暗雲のように垂れ込めている。一九一年、ニューヨーク・シティのトライアングル・シャツウエスト工場の火災で、労働者五〇〇人のうち一四六人が …

no image

虚栄のサイズ表記が生まれた歴史

どうして性別で異なるのだろうう、既製服の登場で、婦人服は攻意的な番号システムで示されるようになりました。おそらく、実寸を他人に知られないようにしたのでしょう。ウィスコンシン州ミルウォーキーのマウント・ …

no image

ニューヨークタイムズの特集で一年以上前に起こった事件を認めた

元ハーパース・バザー編集長ケイト・ベッツは、ひと悶着あった末に、ニューヨーク・タイムズ二〇〇二年三月某日の特集で、一年以上前に起こった事件を認めた。キースターは、写真がより正常に見えるように、ウェスト …