スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

ファッション

ニュース・スタンドに出回る頃には

投稿日:2019年9月16日 更新日:

・ニュース・スタンドに出回る頃には

たとえば、記事中にソフィ・ダールの名が出てくる場合、ボディ・タイプを表す枕詞(関感的のような)がついていないことはめったにない。だが、マリ・クレールが表紙でダールとパメラ・アンダーソンの体型を競わせた号がニュース・スタンドに出回る頃には、一五だったダールのサイズはすでに一二まで落ちていたのだ。ブラジル人でスキニーかつ小柄なキャロリン・リベイロも、カルメン・カースもカービーである。

スーパーモデルのハイジ・クラムは、自分はファッション・ショーでサンプル・サイズを着るにはお尻が大きすぎるといった。ここ二〇年間でプラス・サイズのモデルに対するメディアの注目は高まってきたものの、大きめの女性を使ったファッション・ショーは、メジャーなファッション・デザイナーではなく、レイン・プライアントといった量販店が主催するものばかりである。自分の表紙のほうが勝ったにもかかわらず、彼女はマリ・クレールを訴え、五〇万ポンドを要求した。

画像処理でプラのストラップを消されたため

訴訟の結果は内緒だけれど。訴因には、画像処理でプラのストラップを消されたため、ヌードでポーズをとったように見えてしまったこと、おまけに、サイズには触れないし、体型を扱った特集には使わないという契約を破られたこと、などが挙げられていた。近年ではランウェイ上でも以前より多様性が尊ばれるようになり、デザイナーは、そばかす顔や四〇歳以上の女性、果ては身体障害者(たとえば、アレキサンダー・マックイーンのショーに出た両脚とも義足のモデル、エイミー・マリンズ)といった普通と違ったルックスのモデルを求めている。

大きいサイズは一般にダウンマーケットと考えられていて、まずデザイナーものとみなされることはないし、もちろん、クチュール扱いされることなど絶対にない。大きめのモデルも、いまだにこの普通と違った範疇に入れられているのだという。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

服のサイズ表記の統一に抵抗を示しマーケティングの道具に

多くの会社が、サイズ表記の統一に抵抗を示し、虚栄のサイズ表記をマーケティングの道具にしてきた。消費者としては、自分のサイズがわかっているブランドだけを買っていれば、試着室でもそれほどストレスを感じずに …

no image

痩せすぎ女優を表現するのに使われた言葉

虚弱そうな、やつれた感じレールみたいに細い骨と皮骨が浮き出て見えるほどスキニー棒のように細い姿危ないくらいに病的ファッション・ページの紙よりも厚みのない姿マドラーみたいな姿気持ち悪いほど骨ばっている。 …

no image

デザイナーはただ自分の服を一番きれいに見える体に着せて披露

ファッション・ヴィクティムは、ほとんどの場合、モデル自身は単なる将棋の駒でしかないことに気づいている。しょせん、盤上を支配するのはデザイナーなのだから。だが、当のデザイナーは、ただ自分の服を一番きれい …

no image

労働者の劣悪な環境

工場側は、自宅労働者を雇うことーアメリカでは違法とする州もあるーで、監督者の厳しい目を逃れることも多い。ジョバーが女性たちに裁断した生地の束を渡して、家で縫わせるのだ。こうすれば、家賃、電気代、業務用 …

no image

所属モデルの食習慣を完全に把握していない

コルスラッドによれば、モデルズの場合、創立から四年間で摂食障害を患ったモデルは四人いたそうだ。事務所側が入院の手配を整えてモデルを説得し、母親に迎えに来させた例もあったという。彼女たちだって、成長する …