自動車

ニューアウディQ3の新車発表会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アウディは、コンパクトSUV「ニューアウディQ3」の新車発表会を持って国内販売に乗り出した。都市型の特性が強調された新車は、日常生活の中でさまざまな用途に使用可能な多目的車で、外部は、典型的なアウディのデザインをそのまま大事にするが、他のSUVと区別されているクーペスタイルを注いでいる。内部は、快適な室内空間と一緒にアウディ職人技を継承した。

新車に搭載された2000cc TDIディーゼル直噴エンジンは、最高出力177馬力、最大トルク38.8kg.mを誇り停止状態から100km / hに至るまで8.2秒、最高速度212km / hの性能を発揮する。平均燃費は14.1km /ℓ(複合燃費基準)で効率を誇って高速道路では、16.2km /ℓまで向上する。

4輪駆動システムであるクワトロシステム

アウディの7段S-トロニックトランスミッションと4輪駆動システムであるクワトロシステムは、よりダイナミックなドライビングの楽しさをプレゼントながら自動駐車補助 ​​システム、アウディドライブセレクトなど、様々な運転支援システムも搭載されて運転手に、より便利で魅力的な運転環境を提供する。この他にも電動パノラマサンルーフ、ウッドインレイ、クルーズコントロール、ブルートゥース、20GBのハードディスクとジュークボックス機能が内蔵されている第3世代MMI、ウーファースピーカーを含む合計10個のスピーカーが搭載されたアウディサウンドシステムなど、主に上位モデルのみ提供された最新の利便性仕様が大挙搭載された。

アウディは「新車はアウディのデザインのDNAと様々な先端技術が適用されたプレミアムコンパクトSUVモデル」と「日常生活と野外活動に最適な実用性と効率性を提供する」と述べた。業界関係者によると、 “アウディQ3の競争モデルは、輸入SUVの最も多くの売り上げを記録するフォルクスワーゲンティグアンをはじめ、BMW X1、ホンダCR-Vなどで、多様コンパクトSUV部分で競争が激しいと予想される」と述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加