スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

ノンスナッチスピードなどの用語

投稿日:

・ノンスナッチスピード

マシンのトップギヤ(6速ギヤであれば6速)で走行できる最低速度のこと。ノッキング(不整爆発を生じ、エンジンがガクガクする)寸前のときのスピードを計測する。

・ニュートラルステア

バンク角とスピードによって予想されるトレースラインと、実際の走行ラインがほぼ一定している場合のこと。

・トルクバンド

エンジンの力強さを感じる回転域のこと。平坦路を速く走るには、パワーバンドを生かすことがべストであるが、上り坂を速く走るには、このトルクバンドも上手に利用することが大切である。

・追従性

ホイールが路面の凹凸やうねりに沿って密着するか、飛びはねるかを判断するときに用いる言葉である。フルブレーキング時や、オフロード車のRサスペンションを判断する場合によく使われる。

二ブリング

接地幅が広く、高剛性のタイヤほど、この現象は強くあらわれる。反対に、オフロードタイヤや細いタイヤでは起こりにくい。道路の左端をすり込んだり、ペイントを斜めに横切ったりした場合、車体の後部がパンクしたときのように左右に振られて、ヒヤリとすることがある。この状態をニブリングという。

・操安性

操縦安定性のことで、直進安定性とコーナーリング性を総合したものである。

・直進安定性

直進安定性は、「軽快性がある」とか「スヒードの上昇とともに粘りがでる」というように表現される。直進時(低速〜MAXスピードまで)の安定性を判断する場合、スラロームやレーンチェンジのみならず、外乱やライダー自らヘンドルに衝撃を与えることによって、おさまり具合をチェックして判断する。これは、マシンのグレードをあらわす重要な項目である。

・タイムラグ

ダイレクト(すぐに反応すること)の反対で、何か動作を起こしても(たとえばアクセルを開けるなど)、反応がダイレクトに伝わらず、時間差を持って反応が開始されることをいう。

・トレース性

コーナーリング性の一部で、バンクに入ってから、狙ったラインをピタリとトレースするかどうかを判断するもの。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクのスタートの上手、下手-クラッチなどのメカニズム

スタートの上手、下手は、その人の運転テクニックとともに2輪のメカニズムの知識のほどがよくわかる。テクニック的にうまくなくても、メカニズムを知っていればガツン、という音を発しての発進などしない。回転を上 …

no image

バイクのクラッチ操作の練習

クラッチはエンジンのパワーを断続するのが役目。クラッチの使い方ひとつでテクニックの上手、下手がすぐにわかってしまう。クラッチのつなぎ方は、左手のクラッチレバーを離すと同時に右手のアクセルグリップを開い …

no image

コーナーでのブレーキコントロール

進行方向にコーナーがせまってきたとしよう。教習所では十分に手前からブレーキをかけて車速を落としてゆっくりコーナーを回ること、なんて習う。しかし、実際はコーナーでマシンはリーン(車体を傾ける)するのだか …

no image

バイクでコーナーを曲がる際の目線の移し方

目はあらゆる環境から情報を採り入れる大切な役割をする。直線では先へ先へと視線を移しながらバックミラー、両サイド、路面などを追いつづける。教習所で習うように例えば一本橋、走行ではあまり直前をみているとマ …

no image

ライディングテクニックを覚えてバイクを乗りこなそう

初心者のうちは、高いギアほどじゅうぶんにスピードを落としてからシフトダウンすべきだ。ただし、クラッチレバーを心もちゆっくり離さないと、エンジンブレーキによるショック(とくに4サイクルの場合)が大きいか …