スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

ノンスナッチスピードなどの用語

投稿日:

・ノンスナッチスピード

マシンのトップギヤ(6速ギヤであれば6速)で走行できる最低速度のこと。ノッキング(不整爆発を生じ、エンジンがガクガクする)寸前のときのスピードを計測する。

・ニュートラルステア

バンク角とスピードによって予想されるトレースラインと、実際の走行ラインがほぼ一定している場合のこと。

・トルクバンド

エンジンの力強さを感じる回転域のこと。平坦路を速く走るには、パワーバンドを生かすことがべストであるが、上り坂を速く走るには、このトルクバンドも上手に利用することが大切である。

・追従性

ホイールが路面の凹凸やうねりに沿って密着するか、飛びはねるかを判断するときに用いる言葉である。フルブレーキング時や、オフロード車のRサスペンションを判断する場合によく使われる。

二ブリング

接地幅が広く、高剛性のタイヤほど、この現象は強くあらわれる。反対に、オフロードタイヤや細いタイヤでは起こりにくい。道路の左端をすり込んだり、ペイントを斜めに横切ったりした場合、車体の後部がパンクしたときのように左右に振られて、ヒヤリとすることがある。この状態をニブリングという。

・操安性

操縦安定性のことで、直進安定性とコーナーリング性を総合したものである。

・直進安定性

直進安定性は、「軽快性がある」とか「スヒードの上昇とともに粘りがでる」というように表現される。直進時(低速〜MAXスピードまで)の安定性を判断する場合、スラロームやレーンチェンジのみならず、外乱やライダー自らヘンドルに衝撃を与えることによって、おさまり具合をチェックして判断する。これは、マシンのグレードをあらわす重要な項目である。

・タイムラグ

ダイレクト(すぐに反応すること)の反対で、何か動作を起こしても(たとえばアクセルを開けるなど)、反応がダイレクトに伝わらず、時間差を持って反応が開始されることをいう。

・トレース性

コーナーリング性の一部で、バンクに入ってから、狙ったラインをピタリとトレースするかどうかを判断するもの。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクではできるだけクラッチを切らないようにすること

コーナーで出口近くにきて、あわててクラッチをミートさせるが、今度はミッションが低かったりすると急に後輪にブレーキがかかり、スリップしたり、リーンしているボディが突然として立ち上がる現象が起きて、フロン …

no image

バイクの足つき性のよさは取り回しの第1歩

上級ライダーになれば、足がつくかどうかはたいした問題ではないが、ビギナーのうちは、足つき性のよさは取り回しの第1歩であり、乗車したとき、両足が確実に地面につき、車体を少々傾けても支えられることが必要で …

no image

クラッチ握らないギアチェンジテクニック

へアピンカープなどで観戦していると、ライダーは長い時間にわたってひざをこすりながら、マシンをバンクさせていくシーンをみることができる。しかし、最近はマシンの開発が早急に進んでいるため、バンクさせてもス …

no image

バイクのマフラーの改造の意味

「暴走ライダーは、あっちへ行ってくれ」、というほかはない。迷惑するのは当の本人ではなく、2輪を正しく乗っている正統派ライダーたちだ。彼らは乗る場所を間違えているのだ。大きな音を出したいなら、またムチャ …

no image

街中をオートバイで走行する場合のポイント

オートバイで街中走行をする場合、好き嫌いにかかわらず、進路変更をするケースが実に多い。また、進路変更は、上手に行わないと事故に直結する場合もあるので、次の注意点を守ることである。 緊急に進路変更する必 …