スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

ノンスナッチスピードなどの用語

投稿日:

・ノンスナッチスピード

マシンのトップギヤ(6速ギヤであれば6速)で走行できる最低速度のこと。ノッキング(不整爆発を生じ、エンジンがガクガクする)寸前のときのスピードを計測する。

・ニュートラルステア

バンク角とスピードによって予想されるトレースラインと、実際の走行ラインがほぼ一定している場合のこと。

・トルクバンド

エンジンの力強さを感じる回転域のこと。平坦路を速く走るには、パワーバンドを生かすことがべストであるが、上り坂を速く走るには、このトルクバンドも上手に利用することが大切である。

・追従性

ホイールが路面の凹凸やうねりに沿って密着するか、飛びはねるかを判断するときに用いる言葉である。フルブレーキング時や、オフロード車のRサスペンションを判断する場合によく使われる。

二ブリング

接地幅が広く、高剛性のタイヤほど、この現象は強くあらわれる。反対に、オフロードタイヤや細いタイヤでは起こりにくい。道路の左端をすり込んだり、ペイントを斜めに横切ったりした場合、車体の後部がパンクしたときのように左右に振られて、ヒヤリとすることがある。この状態をニブリングという。

・操安性

操縦安定性のことで、直進安定性とコーナーリング性を総合したものである。

・直進安定性

直進安定性は、「軽快性がある」とか「スヒードの上昇とともに粘りがでる」というように表現される。直進時(低速〜MAXスピードまで)の安定性を判断する場合、スラロームやレーンチェンジのみならず、外乱やライダー自らヘンドルに衝撃を与えることによって、おさまり具合をチェックして判断する。これは、マシンのグレードをあらわす重要な項目である。

・タイムラグ

ダイレクト(すぐに反応すること)の反対で、何か動作を起こしても(たとえばアクセルを開けるなど)、反応がダイレクトに伝わらず、時間差を持って反応が開始されることをいう。

・トレース性

コーナーリング性の一部で、バンクに入ってから、狙ったラインをピタリとトレースするかどうかを判断するもの。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

交通3悪の危険に注意する

交通3悪なんてよくいわれるが、2輪の大敵がつぎの3つ。子ども、ダンプカー、タクシー、この3つは、オートバイライダーが最も気をつけなければならない相手。くれぐれもこれらに気をつけて走らなければならない。 …

no image

バイクのミッションの重要性

ミッションは多ければ、それだけ有利な走りが可能だが多くすればするほど操作が忙しくなり実用性から遠ざかっていくため、現在では6段が限界と考えられているのだろう。エンジンは何回転、スピードは何km/hでど …

no image

ハンドルグリップが遠すぎて腕が伸びきってしまうとき

ハンドルグリップが遠すぎて、腕が伸びきってしまうとき=ハンドルの取り付け角度を変えてみる。車種によってはストレートハンドルのほかにアップハンドルのオプションパーツを揃えているものもある。角度を変えても …

no image

バイクに乗るなら姿勢を良くして乗ろう

腰をキメるのに案外簡単な方法がある。それは背すじを伸ばしてバイクに乗ることだ。実際に試してみれば、その結論はすぐにでも導き出せるはずだ。背すじを伸ばすことによって腰が安定し、下半身に思ったとおりの力が …

no image

バイクではキープレフトを守るようにしよう

バイクで道路を走行する際、もし、左端を走ろうとしたら、ライダーは常に前方にある障害物に気をくばってこれをよけるために、そのたびに疲れてしまう。周囲の状況を十分に把握しながら走るこ必要となる。これらのこ …