スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

二輪車のブレーキの操作で重要なのは

投稿日:

ブレーキ操作で重要なのは、レバーを何本の指で据るかということではなく、何本でもよいから確実な入力と、その入力をコントロールできる据り方をするということである。自分の手の大きさや握力を考えた上で、最も操作しやすい方法で行えばさしつかえない。効きすぎると思ったら指を減らせばよいし、手の小さい女性の場合は、確実に入力できる握り方を優先し、グローブも操作性を第1に考えて選ぶことである。

オートバイのブレーキは、ブレーキング時の荷重移動を考えるとわかるように、前輪が主体であり(特殊なアメリカンタイプは例外)、ブレーキング操作の上手下手も、この前輪ブレーキの使い方ひとつにかかってくる。通常のブレーキングでは、前輪・後輪の割合は、82から64であり、この比率は、特別なケースを除いて、オン・オフ、晴雨にかかわらず同じである。

ブレーキングはどのように行うか

実際のブレーキングはどのように行うか。ブレーキをかける前に、ブレーキング地点を確認しなければならない。路面は平担か、オイルや水、砂がないかを見きわめ、ある場合は進入ラインを変更する。ブレーキは、いきなり前輪から効かせるとバランスを失うので、後輪側を時間にして0.3秒間ぐらい効かせ、続いて前輪ブレーキをかける。

この場合、いきなりフルに効かせるのではなく、80、90、100というように徐々に入力を高めていき、前輪がフルブレーキングに入ったとき、前後輪の割合を前述の比率に調整する。制動距離に余裕がある場合でも、この比率で効かせることを習慣づけ、入力に強弱はあっても、比率は変えないようにする。

仮に、5速60km/hで走行中、前方にコーナーが現われたとする。3速30km/hぐらいで進入すれば、まず間違いなく曲がれそうだと判断した。そのとき、第1にすべきことは、アクセルをオフにして、5速から4速へシフトダウンすることである。クラッチは瞬時に指を当てる感じで、素速く、かつ確実にシフトダウンを行う。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクのフレームの剛性などについて

マシンそのものの剛性はフレームに頼るところが大きく、最近ではコンピューター分析によってフレーム設計を行うことも盛んになってきている。フレームは強ければ強いほどよいというわけではなく、ある程度のよじれ、 …

no image

バイクの単気筒や2気筒などのエンジンの特徴

・単気筒(シングル) 排気音は“ドッドッドッドッ”と力強い。また、スリムなシングルは、軽量を利して、コーナーの取り回しも非常によい。欠点は、極低回転時の安定が悪い点と、太きな振動である。適 …

no image

周回コース・幹線コースの走り方など

周回コースとは、外周路のことであり、幹線コースとは、周回コースに通じる縦横のコースのことをいう。ここでの走行の際の注意点は、以下のとおりである。周回コースでは、トップギヤでのスムースな走行を心がけ、カ …

no image

バイクで雨天に走行する際の注意

雨天での走行は、気持ちの対応が最も大切になる。もちろん最近はブレーキ性能の向上やタイヤの性能アップが著しく、以前のように極端にスピードを殺して走行しなければならないことがなくなったのは、うれしい限りが …

no image

バイクのコーナリングの体の荷重の移動

どのコーナリングにもいえることだが、頭は必ず起して水平に近い状態にしていることが大切で、リーンと一緒に頭が傾くとバランスが崩れて非常に危険になる。手はハンドルグリップ以外は力を抜き、ブレーキやクラッチ …