スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

二輪車のブレーキの操作で重要なのは

投稿日:

ブレーキ操作で重要なのは、レバーを何本の指で据るかということではなく、何本でもよいから確実な入力と、その入力をコントロールできる据り方をするということである。自分の手の大きさや握力を考えた上で、最も操作しやすい方法で行えばさしつかえない。効きすぎると思ったら指を減らせばよいし、手の小さい女性の場合は、確実に入力できる握り方を優先し、グローブも操作性を第1に考えて選ぶことである。

オートバイのブレーキは、ブレーキング時の荷重移動を考えるとわかるように、前輪が主体であり(特殊なアメリカンタイプは例外)、ブレーキング操作の上手下手も、この前輪ブレーキの使い方ひとつにかかってくる。通常のブレーキングでは、前輪・後輪の割合は、82から64であり、この比率は、特別なケースを除いて、オン・オフ、晴雨にかかわらず同じである。

ブレーキングはどのように行うか

実際のブレーキングはどのように行うか。ブレーキをかける前に、ブレーキング地点を確認しなければならない。路面は平担か、オイルや水、砂がないかを見きわめ、ある場合は進入ラインを変更する。ブレーキは、いきなり前輪から効かせるとバランスを失うので、後輪側を時間にして0.3秒間ぐらい効かせ、続いて前輪ブレーキをかける。

この場合、いきなりフルに効かせるのではなく、80、90、100というように徐々に入力を高めていき、前輪がフルブレーキングに入ったとき、前後輪の割合を前述の比率に調整する。制動距離に余裕がある場合でも、この比率で効かせることを習慣づけ、入力に強弱はあっても、比率は変えないようにする。

仮に、5速60km/hで走行中、前方にコーナーが現われたとする。3速30km/hぐらいで進入すれば、まず間違いなく曲がれそうだと判断した。そのとき、第1にすべきことは、アクセルをオフにして、5速から4速へシフトダウンすることである。クラッチは瞬時に指を当てる感じで、素速く、かつ確実にシフトダウンを行う。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクのギアを常にトップに入れたい人

走っているとき、何速にはいっているのだろうと気になって仕方がない、という場合がしばしばある。これは走り出すとすぐにシフトアップしたがり、つねにトップで走っていないといけないと思い込んでいるような初心者 …

no image

バイクにまたがる時に股を広げて乗らない

股をおっびろげて乗っている人がやたら多い。とくに若い人が得意がってやっているのには腹が立つ。膝を締めることの有効性を知っていながら、ニーグリップを使っていないからだ。ニーグリップという言葉を説明すれば …

no image

バイクのギアチェンジによる加速について

ツーリングなどに行って、1日中走行すれば、何十回・何百回もくり返すことになり、たいへんな労働を強いられるので、疲労度もかなりのものだ。そのため、できる限りスムーズに、そして疲れないようなライディングが …

no image

夜間走行の注意点

夜間走行で最も難しいのは、ワインディングロードを走ることだ。へッドライトはマシンの前方しか照らさないからコーナーの先がほとんどみえない。この場合は、対向車がなければへッドライトは上向きにすることはもち …

no image

バイクの足つき性のよさは取り回しの第1歩

上級ライダーになれば、足がつくかどうかはたいした問題ではないが、ビギナーのうちは、足つき性のよさは取り回しの第1歩であり、乗車したとき、両足が確実に地面につき、車体を少々傾けても支えられることが必要で …