スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

二輪車のブレーキの操作で重要なのは

投稿日:

ブレーキ操作で重要なのは、レバーを何本の指で据るかということではなく、何本でもよいから確実な入力と、その入力をコントロールできる据り方をするということである。自分の手の大きさや握力を考えた上で、最も操作しやすい方法で行えばさしつかえない。効きすぎると思ったら指を減らせばよいし、手の小さい女性の場合は、確実に入力できる握り方を優先し、グローブも操作性を第1に考えて選ぶことである。

オートバイのブレーキは、ブレーキング時の荷重移動を考えるとわかるように、前輪が主体であり(特殊なアメリカンタイプは例外)、ブレーキング操作の上手下手も、この前輪ブレーキの使い方ひとつにかかってくる。通常のブレーキングでは、前輪・後輪の割合は、82から64であり、この比率は、特別なケースを除いて、オン・オフ、晴雨にかかわらず同じである。

ブレーキングはどのように行うか

実際のブレーキングはどのように行うか。ブレーキをかける前に、ブレーキング地点を確認しなければならない。路面は平担か、オイルや水、砂がないかを見きわめ、ある場合は進入ラインを変更する。ブレーキは、いきなり前輪から効かせるとバランスを失うので、後輪側を時間にして0.3秒間ぐらい効かせ、続いて前輪ブレーキをかける。

この場合、いきなりフルに効かせるのではなく、80、90、100というように徐々に入力を高めていき、前輪がフルブレーキングに入ったとき、前後輪の割合を前述の比率に調整する。制動距離に余裕がある場合でも、この比率で効かせることを習慣づけ、入力に強弱はあっても、比率は変えないようにする。

仮に、5速60km/hで走行中、前方にコーナーが現われたとする。3速30km/hぐらいで進入すれば、まず間違いなく曲がれそうだと判断した。そのとき、第1にすべきことは、アクセルをオフにして、5速から4速へシフトダウンすることである。クラッチは瞬時に指を当てる感じで、素速く、かつ確実にシフトダウンを行う。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクが転倒して場合に起こすコツ

転倒したマシンを引き起こすのは、センタースタンドを立てることより難しい。引き起こしのポイントは、重量の重いエンジン部を起こすことである。つまり、車体後部を起こすより、車体前部を起こしたほうが有効だとい …

no image

バイク用のパンツなど

・バイク用のパンツ スリムなタイプなら、すそをブーツの中に入れてもかまわないが、ストレートやパンタロンのジーパンをブーツの中に押し込むのは、みっともないから絶対にやめよう。股がみは当然深いものがよい。 …

no image

コーナーの最速ライン

道は曲がっていても直線的に走れるラインをさがし、そこを走る。いくらコーナーだからといって、道の曲がりどおりに走らなければならないと考えるのは頭が固い証拠。対向車もなくバッチリと安全が確認できれば、セン …

no image

安全性を考慮したラインはアウト・イン・イン

アウト・イン・インは安全性をも考慮したラインだ。少しでも不安な要素を感じたらこの手を使いたい。アウト・イン・アウトは効果的だが、見通しのよい場所でだけ使うようにしたい。このふたつをうまく組み合わせれば …

no image

バイクの運転でリアブレーキしか使わない人

フロント・ディスク、リア・ドラムの方式が一般的であるが、より扱いやすいリアブレーキだけで止める人がいる。赤信号で止めるときなど右手は完全に遊んでいる。右足だけで止めているのだ。ノロノロと走ってきて、そ …