スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

二輪の半クラッチのコツ

投稿日:

半クラッチが効果的なのはクラッチを切った瞬間にレスポンスが回復するエンジンで、4ストロークの単気筒ではほとんど必要ない。ゆるい上り坂で瞬時に追い越しを必要とするときに、シフトダウンすると回転が上がりすぎ、そのままのギヤではダッシュが効かないというケースや、コーナー出口で必要以上にスピードが落ちてしまい、しかもシフトダウンするともっとスピードが殺されてしまうというようなケースでは、瞬時にクラッチを切り、回転をパワーバンドに上昇させ、回転が落ちないように上手に半クラッチを持続させてスピードをアップするとよい。ポイントは、回転をパワーバンドに保つことである。

スピードが出てきたら、クラッチから手を離さず、すかさず2速へシフトアップするとよい。2ストロークの1速は、パワーバンドに入れるためのギヤと考え、勝負するのは2速からで十分である。2ストロークのシフトアップは、回転を引っ張らず、レスポンス途上を上手にとらえてシフト動作を行うことが、スムーズに走らせるコツである。

オンロードモデル、オフロードモデルを問わず、高性能な2ストロークエンジンを装着するマシンをフル加速する場合は、発進技術が難しいものだ。低回転時のトルクが4ストロークより劣るため。アイドリングより少々高い回転でクラッチを継ぐと、失速寸前の弱々しい加速しか得られず、逆に最大トルクまで回転を上げてクラッチを継ぐと、今度はパワーが余って前輪を高々と持ち上げてしまう。こんな場合は、回転を高めにして半クラッチを長く使用するとべターである。

最新のスーパースポーツは

最新のスーパースポーツは、上手に曲がれるようになつてはいるが、必ずしも上手にブレーキングできる設計にはなっていない。ビギナーは、その強力なブレーキ性能に追従できず、ブレーキング時に転倒するなどのケースが増えている。ブレーキングはコーナーリングの第1歩でもあるので、ビギナーはしっかり練習することである。

パニックで急制動をかけるとき以外は、前後ブレーキとシフトダウンによるエンジンブレーキを併用してスピードを落とすというのは、誰もが知っていると思う。しかし、ブレーキングテクニックが最も難しい技術だということは、あまり知られていないようだ。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

日帰りツーリングでも400km程度の走行は可能

ツーリングのプランを立てる時、1日の走行距離を何畑におくかも論議の分かれるところだ。日帰りでは200〜250kmぐらいがよいという人が多いが、経験からいえば500kmを走ることも十分に可能といえそう。 …

no image

上手いブレーキングはジワッときかせること

2輪、4輪を問わず急激な制動をかけることは、マシンばかりでなくライダーにまで大きな負担をかけ、百害あって一利もない。これを裏返せば、上手なブレーキングが浮かび上がってくる。それはジワッときかすことだ。 …

no image

昼間のヘッドライトの点灯の意味

昼間でもへッドライトを点灯して走っているバイクを見かける。たしかに、昼間でもへッドライトを点灯して走ることは、バイクの存在を他のクルマに知らせるには効果的。バックミラーにピカッとライトが反射すれば、だ …

no image

バイクのフロントとリアのブレーキの制動力

一般的にはフロントブレーキのほうが強力かつ有効的であり、最近のスポーツパイクはフロントはダブルディスクブレーキ、リヤにはシングルディスクブレーキを採用している例が多い。例えば、ロードレースではフロント …

no image

ライダースキルを上げて上級になるには?

ロードレースやモトクロスという限られた条件の中では、2〜3年のキャリアで上級ライダーになれる人もいるが、一般公道を走る場合は、はっきり言ってレース以上にキャリアとテクニック、そして精神力を必要とする。 …