スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

二輪の半クラッチのコツ

投稿日:

半クラッチが効果的なのはクラッチを切った瞬間にレスポンスが回復するエンジンで、4ストロークの単気筒ではほとんど必要ない。ゆるい上り坂で瞬時に追い越しを必要とするときに、シフトダウンすると回転が上がりすぎ、そのままのギヤではダッシュが効かないというケースや、コーナー出口で必要以上にスピードが落ちてしまい、しかもシフトダウンするともっとスピードが殺されてしまうというようなケースでは、瞬時にクラッチを切り、回転をパワーバンドに上昇させ、回転が落ちないように上手に半クラッチを持続させてスピードをアップするとよい。ポイントは、回転をパワーバンドに保つことである。

スピードが出てきたら、クラッチから手を離さず、すかさず2速へシフトアップするとよい。2ストロークの1速は、パワーバンドに入れるためのギヤと考え、勝負するのは2速からで十分である。2ストロークのシフトアップは、回転を引っ張らず、レスポンス途上を上手にとらえてシフト動作を行うことが、スムーズに走らせるコツである。

オンロードモデル、オフロードモデルを問わず、高性能な2ストロークエンジンを装着するマシンをフル加速する場合は、発進技術が難しいものだ。低回転時のトルクが4ストロークより劣るため。アイドリングより少々高い回転でクラッチを継ぐと、失速寸前の弱々しい加速しか得られず、逆に最大トルクまで回転を上げてクラッチを継ぐと、今度はパワーが余って前輪を高々と持ち上げてしまう。こんな場合は、回転を高めにして半クラッチを長く使用するとべターである。

最新のスーパースポーツは

最新のスーパースポーツは、上手に曲がれるようになつてはいるが、必ずしも上手にブレーキングできる設計にはなっていない。ビギナーは、その強力なブレーキ性能に追従できず、ブレーキング時に転倒するなどのケースが増えている。ブレーキングはコーナーリングの第1歩でもあるので、ビギナーはしっかり練習することである。

パニックで急制動をかけるとき以外は、前後ブレーキとシフトダウンによるエンジンブレーキを併用してスピードを落とすというのは、誰もが知っていると思う。しかし、ブレーキングテクニックが最も難しい技術だということは、あまり知られていないようだ。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクのコーナリングの体の荷重の移動

どのコーナリングにもいえることだが、頭は必ず起して水平に近い状態にしていることが大切で、リーンと一緒に頭が傾くとバランスが崩れて非常に危険になる。手はハンドルグリップ以外は力を抜き、ブレーキやクラッチ …

no image

空ぶかしはエンジンに悪いしやめておこう

空ぶかし(レーシング)はなんの得にもならない。反対にデメリットは数え切れないほどだ。ブォーン、プォーンとゃるウォーミングアップもそうだ。多少、暖機運転の時間は短くなるが、エンジンの異常摩耗の早さはそれ …

no image

大排気量のバイクをいきなり乗らないほうがいい

自分のテクニックでおよびもつかない大排気量のバイクに乗ったばっかりに、事故を起こし、高価なバイクをこわし、自分自身もケガをするかして、泣きをみるのはだれか。まして、死亡事故などを起こしてしまったら、金 …

no image

バイクに乗る際の基本フォームを知っておこう

国際A級ライダーでも、転倒が多くなったり、成績不振のときは、もう一度、走り込んで自分なりのフォームを再チェックしている。基本フォームからやり直すことは、けっして遠まわりにはならない。むしろ、よりハイテ …

no image

スーパースポーツバイクの乗り方

スーパースポーツのフートレストにのせる部分は、土踏まずが基本であり、足を移動せず、足首の移動だけで、ブレーキングやシフト動作ができることが大切だ。両ひざは、つねに力を入れて締めつける必要はなく、軽くタ …