バイク

2輪は危ない!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公道では2輪と4輪は混走している。そこで4輪にいわせれば「2輪は危ない」。2輪にいわせれば「4輪、なかでもタクシーは危ない」とこうなってくる。これも考えてみれば当たりまえの話で、性格、性能ともに異なるものが一緒に走っているのだから意見が対立するのは当然だ。しかし万一を考えれば、運転しているものにとっての危険の度合いは、2輪のほうがはるかに大きい。

かりに右横と後ろにクルマがいたとする。もし右のクルマが左に寄ってきたら左に避けることができるし、後ろから接近してくれば、2輪持ち前の鋭いダッシュで逃げられる。このようにはさみ将棋、よろしく、つねに逃げ道、すなわち第2のコースを頭に描いて走ることが安全につながる。

4輪ならぶつかってもフェンダーがへこんだりする程度ですむ場合でも、2輪となるとダメージは比較できないほど大きなものとなる。ではどうするのか、ということになるのだが、すすめたいのは、前後あるいは左右をクルマにふさがれた状態ではけっして走らないこと。最低でも2方向の逃げ道を確保しておくこと。

停止時にはつねにクルマより前に出て止まる方法

危険な事態を避けるために励行したいのが、停止時にはつねにクルマより前に出て止まる方法。これなら4輪のドライバーにもよく確認できるし、ノロノロ発進するクルマに前方をふさがれて危ない思いをすることも少ないはずだ。現に停止線を2本にし、より前方のほうを2輪専用としている交差点もある。遅ればせながらもこういった交差点ができつつあるのはよろこばしいことだが、効果ある方法なので、この表示がなくても、つねに4輪車の前に止まる習慣を身につけたいものだ。

停止時にもこの原則はあてはまる。クルマにはさまれて逃げ場のない状態で信号待ちをしているオートバイをよく見るが、あれも危ない。クルマの運転手はよく周囲を見ているようでも、発進時には前のクルマの動きに気をとられ、左右の確認は怠りがち。こんなときにクルマとクルマの間にはさまれていると、側面からぶつけられるということにもなりかねない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加