スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

人間関係を良好に保つには三つの柱が必要

投稿日:

お母さんが投げかけている言葉が、わが子を創りあげていることをお母さんたちにはもっと自覚していただきたい。子どもは声の波長にも敏感です。叫ぶことなく低めの落ち着いた優しく明るい声で話すようにしましょう。

子どもを真っ黒な闇のような色に染めてしまうのか、バラ色の幸せそのものの色に染めてあげられるかはお母さんの言葉次第と言っても言い過ぎではありません。ですから日々の言葉にもう少し意識を向けて、子どもが心から喜び、自分はいい子なんだと自信をもって生きていけるような言葉をぜひかけ続けてください。

人間関係を良好に保つには三つの柱が必要です。ひとつは自分のことが大好きで、自分を認めていること。これは自己肯定感が育っているということです。二つ目は自分で獲得した自分なりの信念や価値観、礼儀や感謝の心といったものをもつているということです。そして三つ目が「対話力」です。

自分が正しいと思っていることであっても

自分が正しいと思っていることであっても、それを子どもに伝える際に頭ごなしの命令や批判となってしまえば、子どもは受け入れるどころか奏縮していくことになってしまいます。そのような親子関係は、いい関係を築けている親子関係とはいえません。今、対話力の部分で失敗してしまっている親御さんのなんと多いことでしょうか。自分を認めていて自己肯定感があり、自分なりの信念や価値観が確立されていても、三つ目の対話力が不足していたら人間関係は絶対にうまくいきません。

対話力には二つの力が必要です。「聴く力」と「語る力」です。子どもが気持ちを存分に出し、安心して親御さんと語れるようにしてあげること、「お父さんやお母さんに甘えられたー」と子どもが感じ、子どもの心が満たされていくような対話力があれば子どもとの信頼関係はスムーズに築かれていきます。「私は子どもの話をちゃんと聞いています」とおっしゃるお母さんもいますが、よく聞いてみると親の一方的な主張を話し聞かせているだけということも少なくありません。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

赤ちゃんが物をつかむ最初の試みは失敗する

赤ちゃんが物をつかもうとする最初の試みは失敗します。でも、赤ちゃんのそんな努力をほめてあげ、できるだけ手を貸してあげて下さい。飽きずに動かしている手で簡単につかめるようなオモチャを置いてあげましょう。 …

no image

赤ちゃんは部屋全体を探索することができる

赤ちゃんは部屋全体を探索することができる。そして、赤ちやんが家族の一人一人と顔を合わせるようになるので、あなたは赤ちゃんが初めて家族の一員であると自覚するようになるでしょう。声を認識する新しい能力のお …

no image

強制は子どもを抑圧する

六歳になるまで、非常に少食で、体重も十四キロという子どもを治療したことがあります、というある人。お母さんが食べさせることが多かったので、著を使う技術も習得していなかったからです。そこで、一年かかって食 …

no image

赤ちゃんがいつまでも泣き止まない原因

心が慰められなければ、本来ならびっくりするような新しい世界を見つけ出すためにうまく使われるべき赤ちゃんのエネルギーが、泣くこと、によってすべて浪費される。赤ちゃんは心が発達するたびに、急速な成長がみら …

no image

ありがとうを口に出すようにしよう

「ありがとう」「ありがたい」をできる限り口にしていくようにしてみましょう。口と心がバラバラであってかまいません。無理をしてでも、呪文を唱える気持ちで「ありがとう」「ありがたい」を言い続けてみてください …