スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

ニキビ

ニキビによる対人での劣等感

投稿日:

ニキビがひどいと、仕事や学校生活にまで支障をきたすこともあります。ましてや、炎症を起こしたり濃んだりして顔が赤く腫れているような症状では、人前に出たくなくなったり、人前で顔を見られるのを避けるようになったりと、対人関係における劣等感の原因となってしまうこともあります。

ニキビの治療をしていると、ニキビは患者さんにとって大きな精神的なダメージをもたらすことの多い疾患であることがわかります。たった一つのニキビが鼻の頭にできただけで、仕事や学校、あるいは冠婚葬祭などのセレモニーへ行くのが嫌になるというケースは決して珍しいことではありません。

また、ほとんどの場合、ニキビは思春期から発症するので対人関係、特に異性との関係における自己評価が、ニキビによって損なわれてしまうことも少なくありません。ニキビがきっかけとなった登校拒否や出社拒否、ひきこもりなどのケースまであるので、「たかがニキビ」といって片付けられないのです。

男性の思春期ニキビ

現代の女性は、アダルトニキビという皮フ疾患になりやすい生活習慣や生活環境におかれているといえます。男性の思春期ニキビは、男性ホルモンの分泌と密接に関係していることがわかっていますが、女性の場合は黄体ホルモンなどの女性ホルモンも関係しているといわれています。しかし、アダルトニキビの原因については、性ホルモンの分泌だけでは説明できず、生活習慣や生活環境との関連が強いと考えられています。

アダルトニキビは思春期のニキビよりも治りにくく、長期に及んで慢性化しやすいという難点がある。つまり、アダルトニキビ治療には、体質や肌質、そして生活習慣や生活環境まで視野に入れた治療が必要になってくるのです。女性において、中高生ぐらいのときと比較して、二十歳以降になると圧倒的にメイクする機会が増えるでしょう。特に働いている女性は、こまめな洗顔はなかなか難しいことも多いでしょう。

-ニキビ

執筆者:

関連記事

no image

ニキビ予防などの毛穴ケアに必要なこと

毛穴を目立たせているのは自己責任。ということは、お手入れ次第でなんとでもなるのです。毛穴を憎まず、気持ちを改めましょう。なぜ毛穴は開くのか?日焼けや摩擦、角質ケア不足などで肌が硬くなったり、顔の洗いす …

no image

顔のたるみ解消は表情筋トレーニングで

・表情筋を鍛えてたるみを解消 加齢により表情筋自体の緊張は低下してきます。顔には約40種類もの筋肉があり、私たちの感情を表現するために絶えず動いていますが、普段の生活ではこの表情筋を約30%しか使って …

no image

目の下のクマの治療

これまで美容外科では、この目の下のタルミに対しては切開して脂肪を除去してから縫合するという外科手術による治療が行われてきましたが、最近では、シワやタルミ治療のレーザーで切開手術なしで改善することができ …

no image

ビタミンを多く含む食品でニキビを予防する

ビタミンEを多く含む食品は、女性ホルモンの働きを整えてくれるので、ぜひ二キビ予防にもとってほしいもの。このほかに、ビタミンCや葉酸、カロチンなども充分にとりましょう。なるべく気をつけてとりましょう。イ …

no image

ニキビを潰すのが楽しいなどと思うな

ニキビで悩み続けている人の心の痛みは本当に深刻です。こうした心の痛みは大きなストレスとなり、さらにニキビの症状悪化を招くような習慣を生むという悪循環を引き起こしかねません。ニキビ治療はニキビで悩んだり …