ニキビ

ニキビを悪化させない洗顔の方法を覚える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人間の肌細胞は、夜10時~2時の間につくられて新しく生まれ変わります。だから、この時間帯になるべく睡眠という形で休ませないと新陳代謝が鈍くなって余分な皮脂も分泌されがち。肌は夜つくられる。だから睡眠不足はニキビを招く原因になる。コスメニキビを防ぐためにも、またできてしまった二キビを悪化させないためにも、上手なクレンジング法をレッスンしてください。

できればニキビがてきているときは、メークをしないことが早く治すコツなのですが、20才のニキビ肌は、どうしてもエチケットとしてメークしなければならない場合もあります。だから、なるべくサラッとしたオイルフリーのファンデーションを使用してベースメーク。そのうえ、いちばん大切なことは肌に油分を残さない正しいクレンジング法で、そのファンデーションをきちんと取り去ることです。使用感の好みで選びましょう。メークした日は、とにかく早く肌をすっぴんに戻してあげること。これが20才のニキビケアのクレンジング法です。

ニキビができているときは

つまり、毛穴を塞いでいたファンデーシコンから、少しでも早く肌を解放するのが目的です。だから、帰宅後はなるべく時間をおかすに化粧落としをすることを心がけましょう。ニキビができているときは、なるべくたっぷりと睡眠をとって肌の新陳代謝をスムーズにしてあげましょう。

クレンジング剤には、大きく分けると洗ミルクや、ジェル、ローションなど、流すタイプとふき取るタイプがあり洗い流しクレンジング剤でも種類はいろいろますが、ニキビに刺激を与えないために、きちんと洗い流せるものをましょう。ポイントメークを落としますが、ここではふき取りタイプのクレンジング剤をコットンに取って、アイシャドウや口紅を肌全体の化粧落としましょうきちんとこなしていないと、いくらべースを洗い流しても、口元などの意外な部分にニキビがてきてしまうこともあるので注意して。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加