スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

ニキビ

ニキビの塗り薬で市販のものには注意しよう

投稿日:

ニキビを想定した塗り薬のなかには、皮脂抑制の効果によって皮フの保湿性が失われたり、かえって角化異常が起こってニキビができやすくなることもあるので、こうした市販薬を使う場合は自分の症状に適したものを選ぶようにしたいものです。体質や症状に適していない薬を使っていると、かえって炎症をひどくしたり色素沈着という副作用が起こったりする危険もあるので注意が必要です。

「ニキビが治る」「ニキビに効く」とうたった医薬品や化粧品がドラッグストアなどで売っています。ニキビで悩んだ経験がある人は試したことがあるかもしれません。こうした一般の医薬品は医師の処方が必要ではないために、概して有効成分の含有量が低く抑えられおり効き目が弱いという難点があります。

経験が豊富な専門医の指導のもとで

できれば、医学的知識と経験が豊富な専門医の指導のもとで薬を使うのが望ましいのですが、自己流で市販薬や医薬部外品を使うときには副作用などのリスクがひそんでいることを理解したうえで使っていくのが賢明でしょう。また、医薬部外品などで「ニキビに効く」といわれている化粧品が何種類も売り出されていますが、こうしたものを使う際にも医薬品と同じ、またはそれ以上に、自分の症状や肌質、体質にあったものかどうかを判断することが必要です。

これらのニキビ治療法は一定の改善効果を上げてきているのですが、いくつかの課題が残っているために患者さんの満足を得られない場合も少なくありません。そうした不満をまとめてみると、「ニキビは良くなって嫡しいが、ニキビ跡が残ってしまった」「敏感肌なのでケミカル・ピーリングを受けることができない」「ニキビの症状はよくなるが、完治しない」「塗り薬やピーリングは継続して行わないと、すぐに再発してしまう」という四点に集約されているようです。従来の治療法の利点は取り入れつつ、こうした従来の治療法の欠点をふまえて、多くのスキンケアクリニックでは、オリジナルのニキビ治療を行っています。

-ニキビ

執筆者:

関連記事

no image

肌をきれいにする-短期間で実践するにはテクニックが必要

水分とビタミン類、ミネラル類をたっぷりとることで肌の老廃物がどんどん流されていきますし、消化のいいものを食べているので、胃腸にまわる血液が肌にまわりますから皮膚の血行もよくなります。また、飲酒による肌 …

no image

目の下のクマの治療

これまで美容外科では、この目の下のタルミに対しては切開して脂肪を除去してから縫合するという外科手術による治療が行われてきましたが、最近では、シワやタルミ治療のレーザーで切開手術なしで改善することができ …

no image

クレーター肌で治らない状態にならないために

正しい洗顔はニキビ治療・予防に非常に有効なのですが、「間違った洗顔」や「過剰な洗顔」は逆効果になることを知っておきましょう。この炎症が起こっている赤ニキビ、腰まででる黄ニキビは、治った後も俗に「あばた …

no image

生理周期と肌トラブルの関係

・生理周期と肌トラブルの関係 女性の肌は、ホルモンバランスの影響を受けやすいもの。生理前にニキビができたり、生理後の肌がツヤツヤな煙のはそのせいです。毎日、基礎体温をつけていますか?究極のニキビケアは …

no image

皮脂の過剰分泌などの治療

皮脂の過剰分泌が見られる場合には、ニキビ治療と毛穴の開きの治療は並行して行うことができ、皮フの老化が原因と判断できる場合は、タルミの治療と並行して行うこともできます。毛穴の開きにはニキビと同じく、ホル …