ニキビ

ニキビがあるとメイクはできないの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニキビ肌だからメークできない。そうあきらめているあなた。もちろん、塗らないことがニキビケアの前提ではあるのですが、大人になるとデートはもちろん、改まった席への出席などどうしてもメークが必要なときがありますね。最近は肌が呼吸しやすい薄づさでオイルフリーのコスメも増えているので、きちんとルールを守って「きれい」を手に入れましょう。メークはどうしても肌、つまり毛穴を繋いてしまうもの。だから、クレンジングの必要性が高くなるのです。

ニキビがおさまっているときなら、ニキビ治療用のスポッツタイプのケア剤をつけた上からパウダーをはたいたメークをしてみましょう。こうすると、ニキビに直接パウダーがつくことが防げ、外部の刺激からも守れます。ただし、スポッツをニキビにつけるときに必ず綿棒を使用して、指の皮脂や汚れがつかないよう注意してください。

「メークした日は、素早く完璧に落とす」をまず覚えてください。そして、ルールを守って、油分をなるべくオフしたメークをしてみましょう。最近は素肌感を大切にしたメーク法も流行しているので、ファンデーションは塗らずに、眉をきちんと整えて描き、マスカラをたっぷりつけます。

顔のテカりや毛穴を目立たなくしてくれる

ニキビ肌用メークは、ファンデーションを使用せずに、フェースパウダーだけて仕上げるナチュラルなメークです。ただし、オイルフリーの乳液や美容液でしっかりと下地をつくってからパウダーをはたかないと、すぐにくずれやすいのて注意してください。このメークは、顔のテカりや毛穴を目立たなくしてくれるので、オイリー肌にはおすすめです。

スポッツは肌色タイプを選んで、パウダーもルーセント(透明)をはたくとべースメークがきれいに仕上がります。本来は、ニキビにベースメークはNG。けれど、どうしてもメークしたいときのために、ニキビ肌を最大限にきれいにカバーしてくれる、プロ仕様のメークでもニキビには負担がかかりますから、クレンジングは徹底して行い、なるべく早く、肌を休ませてあげましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加