ニキビ

ニキビ予防などの毛穴ケアに必要なこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毛穴を目立たせているのは自己責任。ということは、お手入れ次第でなんとでもなるのです。毛穴を憎まず、気持ちを改めましょう。なぜ毛穴は開くのか?日焼けや摩擦、角質ケア不足などで肌が硬くなったり、顔の洗いすきで、肌を守る善玉菌を奪ってしまうことも毛穴問題の要因に。水分不足、日焼け、摩擦が原因トップ3です。そもそも毛穴は開いたの閉じたりするものなので、厳密にいうと問題は、毛穴が目立つかどうかということ。

これは高野豆腐理論で、水分不足が毛穴が目立つ最大の原因。皮脂や汗の分泌が多く、肌が分厚い人に多いいちご型は、類から下、とくに鼻の頭の毛穴が目立つ。頬の部分に多く見られる涙型は、おもな原因はたるみて、それが解消すれば目立たなくなる。月面のクレーターを思わせる陥没型は、角質層に脂や汗の出口である毛穴が詰まり、ニキビができやすくなる。毛穴が黒ずんているのが特徴。ニキビ痕などに多く、広範囲に及ぶ。高い化粧品を無意識につけるより、今もっているものを上手に使うほうが肌は喜びます。

ニキビや毛穴で悩む人

ニキビや毛穴で悩む人は、クレンジング法を変えただけでも、肌がきれいになるはずです。化粧水をつけたら3分間おき、美容液を塗ってまた3分、最後にクリームまたは乳液てフタをする、というのが、スキンケアの大まかな流れです。3分間をおくことで、それぞれの化粧品がじっくりと肌にしみこみ、最大の効果を発揮します。クリームや美容液は手で温めて使う化粧水はコットンに浸して顔にはるといった、いくつかのルール。

それは、使い方ひとつで化粧品の効果が違ってくる。肌によけいなものが残っていたら、いくら上から化粧品をつけてもスムーズに入っていきません。つけることよりとること。つまり、完全にとることがすんではじめて、化粧品は効果を発揮するのです。また、クリームを塗ったあとに化粧水をつけても、うまく肌に入りません。化粧品は肌に浸透しやすいものから塗るのが正解です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加