ニキビ

ニキビができやすい場合の原因やその対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生活態度や食物を改善して、体の中からのニキビ徹底ケアを考えてみましょう。思わぬことが原因となって、スキンケアだけでは消えないニキビの正体が、きっとつかめるはずです。皮脂や肌の汚れ以外に、日常の生活のあちこちに、ニキビの原因は隠れているのです。睡眠不足や、偏った食生活、そしてイライラした態度など、このままでは、いくらスキンケアを正しく続けていても、イヤなニキビを追放することはできません。お酒やタバコの量が多いと体内に毒素がたまる、お酒やタバコをたくさんとると、胃腸障害が起こりやすくなります。

この結果、栄養吸収が鈍くなって体力が消耗し、免痩力が低下。これが、ニキビの原因となるのです。また、肝臓がニコチンやアルコールの解毒に追われるうちに衰弱して肝機能が低下。解毒作用が悪くなります。当然、体内に毒素がたまって吹き出物ができるのです。絶対にニキビを治すんだ。そう決意したら、まず生活すべての総点検から始めてみましょう。長電話による夜更かしをやめてみたり、おやつや夜食につまむスナック類をストップ。これだけても皮脂の分泌が抑えられて、ニキビをつくることが少なくなるはず。

なるべくクヨクヨしない

また、なるべくクヨクヨしない、できてしまったニキビを気にしない、などの生活態度からケアが開始できます。また、ストレスや寝不足で細菌を抑える力が低下するのです仕事や恋愛。ストレスの原因はたくさんありますが、イライラして寝不足になったりすると、皮膚の細菌から守ろうとする力が弱まるのです。あと、生理が順調でないときにニキビがポツポツできることがあります。

これは、ホルモンの調節機能がくずれることが原因ですが、このホルモンのバランスのくずれによって、皮脂の分泌を盛んにする男性ホルモンが多くなり、本来は皮脂の分泌を抑える女性ホルモンの働きが弱くなるのです。この結果、皮脂が大量に分泌されて毛穴を塞ぎ、ここに化濃菌がついてニキビが誕生するのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加