スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

ニキビ

ニキビができやすい場合の原因やその対策

投稿日:

生活態度や食物を改善して、体の中からのニキビ徹底ケアを考えてみましょう。思わぬことが原因となって、スキンケアだけでは消えないニキビの正体が、きっとつかめるはずです。皮脂や肌の汚れ以外に、日常の生活のあちこちに、ニキビの原因は隠れているのです。睡眠不足や、偏った食生活、そしてイライラした態度など、このままでは、いくらスキンケアを正しく続けていても、イヤなニキビを追放することはできません。お酒やタバコの量が多いと体内に毒素がたまる、お酒やタバコをたくさんとると、胃腸障害が起こりやすくなります。

この結果、栄養吸収が鈍くなって体力が消耗し、免痩力が低下。これが、ニキビの原因となるのです。また、肝臓がニコチンやアルコールの解毒に追われるうちに衰弱して肝機能が低下。解毒作用が悪くなります。当然、体内に毒素がたまって吹き出物ができるのです。絶対にニキビを治すんだ。そう決意したら、まず生活すべての総点検から始めてみましょう。長電話による夜更かしをやめてみたり、おやつや夜食につまむスナック類をストップ。これだけても皮脂の分泌が抑えられて、ニキビをつくることが少なくなるはず。

なるべくクヨクヨしない

また、なるべくクヨクヨしない、できてしまったニキビを気にしない、などの生活態度からケアが開始できます。また、ストレスや寝不足で細菌を抑える力が低下するのです仕事や恋愛。ストレスの原因はたくさんありますが、イライラして寝不足になったりすると、皮膚の細菌から守ろうとする力が弱まるのです。あと、生理が順調でないときにニキビがポツポツできることがあります。

これは、ホルモンの調節機能がくずれることが原因ですが、このホルモンのバランスのくずれによって、皮脂の分泌を盛んにする男性ホルモンが多くなり、本来は皮脂の分泌を抑える女性ホルモンの働きが弱くなるのです。この結果、皮脂が大量に分泌されて毛穴を塞ぎ、ここに化濃菌がついてニキビが誕生するのです。

-ニキビ

執筆者:

関連記事

no image

肌の色は血の色の影響などもある

白人の肌の色は真っ白だと思われがちですが、よく観察してみると、やや黄色みがかった肌色をしていることがわかると思います。これは、皮膚の下にある脂肪の色がそのまま反映されているということです。また皮膚に含 …

no image

顔以外のニキビにも気をつけよう

いくらスキンケアしてもニキビが全然治らない。そんな声を聞くことがありますが、原因が体内にあるニキビは、外側からのケアでは予防できにくいのです。体の中からニキビを追放するために漢方薬を利用する方法があり …

no image

ニキビによる対人での劣等感

ニキビがひどいと、仕事や学校生活にまで支障をきたすこともあります。ましてや、炎症を起こしたり濃んだりして顔が赤く腫れているような症状では、人前に出たくなくなったり、人前で顔を見られるのを避けるようにな …

no image

アクネ菌などの細菌の働きを抑え込む

乾燥しがちな冷暖房や、パソコンやテレビ、携帯電話などの電磁波被害などもアダルトニキビになりやすい因子。アダルトニキビで悩んでいる人は、このような因子をなくすほうが良いのですが、全部を制限していては日常 …

no image

ニキビ予防などの毛穴ケアに必要なこと

毛穴を目立たせているのは自己責任。ということは、お手入れ次第でなんとでもなるのです。毛穴を憎まず、気持ちを改めましょう。なぜ毛穴は開くのか?日焼けや摩擦、角質ケア不足などで肌が硬くなったり、顔の洗いす …