スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

日本人の女性は自発性を抑圧された環境に育っています

投稿日:

夫である男性の中には、子どものことはお前にまかせたなどと放言している人が少なくありません。夫であり父親である男性に、根強く残っています。こうなれば、話し合いなどはできるはずがありません。新しい家庭の父親としては、全く無責任な発言というより他はないのですが、前の時代の風潮が残っている今日、それが意外に通用しているのです。

話し合いというのは、民主的な雰囲気の中で、男女が平等でなければ成立しない。第二には、夫は社会的な仕事のことについて妻に話すべきではない、妻は家事や育児について夫に話すべきではないという風潮がありました。ことに軍国主義の時代には、夫が妻に仕事の話をすることは、機密が漏えいする恐れがありましたから、とくに戒められたものです。このような前の時代の考え方が、今日もなお続いているのです。

わが国の女性は、自発性を抑圧された環境に育っていますから、お母さん自身非常に自発性の未熟な人が少なくない。妻への思いやりが子どもに好影響今ほど、お母さんとお父さんとで子どもの育て方について話し合うことの大切なときはないのです。ところが、お母さんが子どものことについて話そうとすると、それを面倒に思うお父さんがいるのです。

才能教室へ子どもを通わせてみたり

そうなると、核家族となり、しかも前の時代のしつけの規範が価値を失った今日、お母さんひとりに重い荷がかかってきますし、まかせたといわれても、相談相手のない孤独感を味わうことになり、近所の奥さんたちの言葉に振り回されて、才能教室へ子どもを通わせてみたり、稽古ごとに連れていったりして、子どもの自発性を抑圧してしまっていることが少ないのです。お母さん自身が育児ノイローゼになってしまうでしょう。

このようなお父さんは、「お前にまかせた」というときに、本当にお母さんを信頼して「まかせて」いるのではなく、面倒なことはごめんだーという逃避的な気持からそのようにいっているのです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

あなたの赤ちゃんが声を出すのが楽しいなら

ふつう、赤ちゃんは機嫌がよければ、ママとおしゃべりすることが何より大好きです。とりわけ、赤ちゃんが声を出してあなたの注意を引こうとする時にはそうです。たぶん、あなたはいつもより少し甲高い声で赤ちゃんに …

no image

子供に体験合宿をさせる

われわれの合宿は、小学生を対象としていましたが、合宿に持ってくる物については、できるだけお母さんが手を貸さないようにしてもらっていました、というある人。中には、あれもこれもとたくさん持ってくる子どもも …

no image

赤ちゃんは過去の記憶や出来事で今を積み重ねていく

生後二週日(約三カ月)あたりでは、あなたが目の前に置いてあげた物を両手でつかむのに、赤ちゃんは目を凝らし必死になって努力しなければなりませんでした。ところが、今ではよく見ると、赤ちゃんは物を触り、それ …

no image

赤ちゃんは新しい世界を見つけ出している

生後一年の間、適切な手助けと励ましを与えてやれば、何かと要求の多い赤ちゃんは将来、優等生になる可能性もあります。静かでおとなしい赤ちゃんは、あまり母親の注意を引きませんから、見過こされることも多くなり …

no image

子供の喘息には乾布摩擦が効果的

近ごろの子どもは、なかなか靴下を脱ぎたがらず、はだしで土を踏むことさえいやがるようになってしまいました。それだけ、皮ふを弱くしているのです。子どもは風の子という言葉をもう一度かみしめて下さい。小児科医 …