スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

日本人の女性は自発性を抑圧された環境に育っています

投稿日:

夫である男性の中には、子どものことはお前にまかせたなどと放言している人が少なくありません。夫であり父親である男性に、根強く残っています。こうなれば、話し合いなどはできるはずがありません。新しい家庭の父親としては、全く無責任な発言というより他はないのですが、前の時代の風潮が残っている今日、それが意外に通用しているのです。

話し合いというのは、民主的な雰囲気の中で、男女が平等でなければ成立しない。第二には、夫は社会的な仕事のことについて妻に話すべきではない、妻は家事や育児について夫に話すべきではないという風潮がありました。ことに軍国主義の時代には、夫が妻に仕事の話をすることは、機密が漏えいする恐れがありましたから、とくに戒められたものです。このような前の時代の考え方が、今日もなお続いているのです。

わが国の女性は、自発性を抑圧された環境に育っていますから、お母さん自身非常に自発性の未熟な人が少なくない。妻への思いやりが子どもに好影響今ほど、お母さんとお父さんとで子どもの育て方について話し合うことの大切なときはないのです。ところが、お母さんが子どものことについて話そうとすると、それを面倒に思うお父さんがいるのです。

才能教室へ子どもを通わせてみたり

そうなると、核家族となり、しかも前の時代のしつけの規範が価値を失った今日、お母さんひとりに重い荷がかかってきますし、まかせたといわれても、相談相手のない孤独感を味わうことになり、近所の奥さんたちの言葉に振り回されて、才能教室へ子どもを通わせてみたり、稽古ごとに連れていったりして、子どもの自発性を抑圧してしまっていることが少ないのです。お母さん自身が育児ノイローゼになってしまうでしょう。

このようなお父さんは、「お前にまかせた」というときに、本当にお母さんを信頼して「まかせて」いるのではなく、面倒なことはごめんだーという逃避的な気持からそのようにいっているのです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

子育てに不安を感じているお母さん達へ

子育て世代の親御さんたちは、ご自身が成長する過程でも常に人からの評価を意識して育ってきています。学校や先生に評価され、親からも評価され、人の日で見て動くことが多かったことで、「自分は自分のままでいい」 …

no image

赤ちゃんの心を育てる

赤ちゃんが少し大きくなった時には、どんな物でもかそばにいて欲しいと思うようになります。ときどき、赤ちゃんは小頃のように、思い切りあなたにしがみついてきたりするでしょう。これは不安な気持ちをおさえ、赤ち …

no image

不満が爆発してしまう前に

子どもが小さいときも、洗濯物の山の前で「なんで毎日毎日こんなに汚してくるのかしらーどうして私ばかりがこんなことをしなきゃならないの!」と不満が爆発しそうになることがしょっちゅう。そのときも「でも、もし …

no image

口達者で頭のよい子供に見えても

近ごろの子どもを見ていますと、三角形が逆になっています。逆三角形です。つまり、ものはよく知っていますし、口は達者なので、頭のよい子のように見えますが、自発性の発達がおくれており、情緒は不安定なのです。 …

no image

自分を否定され続けていればネガティブな気持ちになる

自分を否定され続けていればネガティブな気持ちでしか生きていくことができなくなります。寂しさや不安で、いつまで経っても自立できず、人に依存し、自ら行動を起こすこともできなくなっていきます。反対に存分に甘 …