スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

年収の低い彼との結婚に悩むある女性

投稿日:

結婚を考えている彼の年収が一〇〇万円しかありません。やっていけるでしょうか、とある人は語る。先日、私は彼に、サッカーは趣味にして、定収を得られる仕事に就いてほしい、とたのみました。でも彼の答えはNOでした。私はどこかでその答えを期待していたともいえますが、このまま彼と結婚してもいいものかどうか迷っています。

収入を度外視して後進のために尽くすひたむきな部分には魅かれますが、家庭を築くとなると、やはり現実的なことを抜きにはできない。サッカーコーチをしている彼がいます。秋には結婚しようと思います。でも、ひとつ心配なのは彼の収入が少ない(年収約一〇〇万円)こと。私の年収は三一万円ほどありますが、出産・育児を考えると、この収入をアテにすることはできません、とのこと。

幸い、彼には負債はないようですし、この結婚に何の問題がありましょう。ビンボーなどは、人間の悩みのうちの、ごくごく砦細なものなのです。豊かな暮らしがしたいなら、あなたが働けばいいのです。業種を選ばなければ、女性でも高収入を得る道はいくらでもあります。

愛があれば金銭は関係ありません

愛があれば、金銭は関係ありません。新聞をごらんなさい。家庭不和を苦にして自殺する人はいても、ビンボーを苦にして死んだ人なんていません。多額の借金を苦に一家心中のニュースはありますが、ただ単に低収入を悩んで自殺した人などいないでしょう。

なぜ男性にばかり収入源を頼るのですか。この女は収入が少ないから自分の結婚相手にふさわしくないという男性がいるでしょうか。まあ、たまにはいるかもしれませんが、マレです。出産・育児を気にかけておられるようですが、世間には、女手ひとっで働きながら子供を育ててる女性もいっばいいます。覚悟さえできれば、やってやれないことではありません。

そして、愛のエネルギーとは、本来そういうものです。自分にはとてもできないとふだん思っていることですら、あの人の笑顔を見たいと思うだけで、火事場の馬鹿力を発揮させる原動力となるもの。それが愛なのです。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

5年つきあってふられた彼氏は私の部下

5年つきあってふられた彼は私の部下、とある人は語る。1年で忘れられる男であっても、当座はやはりイラつくと思います。それはしかたのないことです。スポーツするなり、趣味を見つけるなり、何か気をまぎらわせる …

no image

自分を売り買いのような交渉に乗っかる女だとはけっして思いたくない

あるバーで、一人の客が、店内の暖房を弱めてくれと要求した。ママは、当然のことのように客の要求に応じた。すると、若いホステスが「困っちゃうな、あたし冷え性なのに」と裸の肩をさすり始めた。そこで、問題の要 …

no image

ドライブデートの行き先を決める

ドライブは、デートの究極である。クルマの助手席に乗る女性は、途中で彼がいやになってもクルマから飛び降りることはできない。完全な個室なので、彼の手が横から伸びてくることもある程度は覚悟しなくてはならない …

no image

最初嫌いなのに好きになる

そして、時こそ今は——–と、口に出してつぶやくたびに、感動で涙に襲われてしまう。のちに、恋人、長谷川泰子は中也を捨て、近代日本の知性、小林秀雄の元へ去ってしまう。中也は自らを、 …

no image

歯茎が嫌いで恨み始める女

人間を、外見で判断してはいけない。それが、正しい人間というものである。ところが、結婚したとたん、エリートだと思っていた夫が、同僚の悪口を言いながら、ヒヒヒ–と歯グキを見せて笑ったとしよう。あの、歯グキ …