情報商材

燃料費にこだわらない金持ちもディーゼルの高級車をご希望する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

燃料費にこだわらない金持ちもディーゼル高級車をご希望の場合が多いという。走行距離が長いほど油入れにガソリンスタンドによく行く不便さが減るためだそうだ。笑い話のように聞こえるが、その分燃費が良いことには、様々な面での利点であるわけだ。RPM9は創刊3周年で企画した「ディーゼルかハイブリッドか」をテーマにツアーを実施した。燃費が良いとあちこち名刺振りかけ通うディーゼル、ハイブリッドケチを一堂に集め、普段行ってみたかった泰安と辺山半島外出に出た。

車両はBMW 320d二フィートシャントダイナミクスエディション、アウディQ5 3.0 TDI、メルセデス – ベンツGLK220 CDI、フォルクスワーゲンジェッタ1.6 TDIブルーモーション、ジャガーXJ 3.0D、プジョー508、e-HDIの6つのディーゼル車とトヨタプリウス、レクサスCT200hの2つのハイブリッド車である。これらと一緒に素敵な初秋の日の余裕を楽しんだ。

国道が3分の1程度に設定された

コー​​スは高速道路が3分の2、国道が3分の1程度に設定された。ソウル蚕室(チャムシル)総合運動場を出発し、京釜高速道路、平沢音声高速道路を経て西海岸高速道路に移し弾後、行淡島休憩所で簡単に昼食を持って、西山インターチェンジを出て泰安半島新斗里海水浴場までは国道を走った。3時半新斗里海水浴場に到着した8台の車は新斗里の素敵な砂浜で記念写真を撮っては、急いで戻って南に頭を回した。西海水平線の向こうに頭をトルグル頃にはセマングム防潮堤の上を走った。

セマングム防潮堤の上でしばらく休息を取った後、群山市内の有名なグルメハンジュオクでカンジャンケジャンでご飯をさっとして取り除いた後、再びソウルに向かった。11時頃、最初のスタート地点である蚕室総合運動場に到着し秋の一日遠い外出は終わった。今回のツアーは、有名なディーゼルハイブリッドケチが参加しましたが、いくつかの車いくらの最高燃費を記録するかを評価することが目的ではなく、油を一度入れると、いつも行ってみたいと思った素敵な韓国の観光スポットを見回しても、再給油なしでソウルまで戻ってくることができる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加