スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

年金

年金財政計画の弱点-試算が外れるおそれを生む原因

投稿日:2015年7月29日 更新日:

「方向性と論点」のなかで提示されていた年金財政計画の最大の弱点ー試算が外れるおそれを生む原因ーは、「方向性と論点」における財政計画が、永続的に強く市場に依存しつづけていることにあるように、思える。

「方向性と論点」の基準ケースで、2003年度以降、実質運用利回り1.25%が想定されていた。この水準をキープできないのであれば、将来に予定されている定常状態での積立度合は、基準ケースで想定されている水準以下となり、したがって、運用収益の収入に占める割合は低下して、保険料率20%では、予定された給付水準を維持できなくなる。

「方向性と論点」のなかで描かれている年金ビジョンには、積立金という被保険者が、運用収入という名の保険料を、毎年毎年、厚生年金給付費の10数%分支払うという形での賦課方式が想定されている。

方向性と論点のなかの最大の弱点と指摘

「方向性と論点」のなかの最大の弱点と指摘した、財政計画が未続的に強く市場に依存しつづけているという特徴は、スウェーデン新年金制度ももっている。ただし、スウェーデン新年金制度では、積立金は保険料の2.5%部分に相当する積立部分と説明されるために、積立金を取り崩すべきであるという発想は生まれにくい。

将来当てにならない積立金をもつくらいならば年金積立金という政府貯蓄を崩すことにより、当面は、少しでもデフレ圧力を緩和する方が得策であるという考え方がでてくる可能性もある。こうした弱点を避けて、給付水準が大幅に下がることは覚悟の上で、拠出と給付のリンクが人口構造のみに依存した賦課方式年金ーすなわち積立金ゼロの賦課方式年金ーにすべきという意見がでてくるかもしれない。

日本のような修正積立方式という、積立金の所有者が不明確な制度のもとでは、積立金の存在に対する批判がでやすい。日本の改革のひとつの方向は、スウェーデンのように、保険料の一定部分を賦課方式部分、他の一定部分を積立方式部分として、積立金の所有者を明確にすることにあるのだろうが、そうした改革ができない場合、やはり積立金の有在は批判の対象となりやすい。

-年金

執筆者:

関連記事

no image

脱退一時金(企業年金)の種類など

脱退一時金には大きく分けて2つの種類がある。1つは、老齢給付金の支給開始年齢以外の支給要件を満たしている者(支給開始年齢に到達したら老齢給付金を受給することができる者)に「支給することができる」脱退一 …

no image

国民年金の保険料免除制度について

所得が所定の水準以下であることが認められた者は、国民年金保険料の支払いが免除され、基礎年金額の1/3、すなわち国庫負担分を受給する権利を保障することとした。これが保険料免除制度である。 国民年金には、 …

no image

退職金がわが国の企業年金の給付原資であることが多い

わが国の企業年金の給付原資は退職金であることが多い。しかし、今後の企業年金のあり方を考えるうえでは、税制優遇を受けながら被用者の老後所得保障の柱の1つとしての役割を担っていくという意味において、企業年 …

no image

株主議決権の行使(企業年金の保有資産のうち株式について

別法人でない場合には、制度終了時の掛金債権の管理や将来的な課題となっている株主議決権の行使(企業年金の保有資産のうち株式について、株主として年金基金が議決権を行使すること)などの場面で問題が残るほか、 …

no image

企業年金基金の設立についての厚生労働大臣の認可など

規約型企業年金を実施しようとするときは、当該規約について厚生労働大臣の承認を受け、基金型企業年金を実施しようとするときは、企業年金基金の設立について厚生労働大臣の認可を受けなければならない(確定給付企 …