スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

年金

年金の大量脱退による一時金給付の発生など

投稿日:2015年5月24日 更新日:

大量の脱退に伴う大量の一時金給付の発生など、財政運営の困難につながりかねない予測不可能な事態が生じる蓋然性が高まることにもなってしまう。こうした選択の問題は、保険の仕組みを活用していることに由来しているとも考えられるので、給付建ての企業年金においては、(様々な規制を設けて工夫したとしても)完全に回避することは難しい。

平準的な掛金を拠出して積立を行っていくなかで、たとえば、給付建ての企業年金と確定拠出年金や退職金前払いのようなものとの間で自由に行ったり来たりできるような仕組みでは、個人の運用環境が良好なときは後者、厳しいときは前者が選択され、結果として、モラルハザードあるいは逆選択の問題を大きくしてしまうことになりかねない。加入者がその資格を喪失することを任意に選択できるものであってはならないのは、加入者間でリスクをプールする給付建ての企業年金における、集団の安定性などに配慮したものといえるだろう。

自由度があってもよいとする考え方

労使の自主性を尊重する観点からある程度の自由度があってもよいとする考え方があり得なくもない。なかなか難しいのであるが、特に、資格の喪失については、その影響が計りがたいということを考えると、慎重を期した取扱いを行う必要があるということだろう。出向などにより他の企業に勤務したり、職種に基づく加入者資格が定められている状況の下で他の職種に異動したりすることで、一時的に加入者の資格を喪失してしまうことがある。

確定給付企業年金における加入者期間は、月単位で、加入者の資格を取得した月から喪失した月の前月までを算入することとなっている。ただし、規約で別段の定めをすることもできる(たとえば、日単位とか、喪失月も算入するとか。確定給付企業年金法第28条第1項)。年金制度においては、一般に、加入者期間に応じて受給資格が得られるしい加入者期間に応じて給付が増えていくものなので、加入者期間をどのように計算するかは重要である。

-年金

執筆者:

関連記事

no image

企業年金の様々な過去の問題点

わが国の企業年金は、制度創設当時から様々な問題点を抱えていた。しかし、両制度とも、高度経済成長のなかで大きく普及・発展してきた。適格退職年金は、当時すでに検討されていた厚生年金基金が発足するまでのつな …

no image

国民年金の多段階免除制度を導入しても

「方向性と論点」では、基礎年金への国庫負担が現在の1/3から1/2に引き上げられることが前提とされている。というよりも、国庫負担引き上げの必要性を説得するために「方向性と論点」がまとめられているような …

no image

厚生年金基金などの基金は法人格を有す

厚生年金基金との類似企業年金基金は、法人格を有し自らがあたかも1つの保険者であること、代議員会を中心とした運営を行うことなど、基本的な仕組みについては、厚生年金基金と同じである。企業年金基金は、加入者 …

no image

国民年金の保険料免除制度について

所得が所定の水準以下であることが認められた者は、国民年金保険料の支払いが免除され、基礎年金額の1/3、すなわち国庫負担分を受給する権利を保障することとした。これが保険料免除制度である。 国民年金には、 …

no image

公的年金を給付建ての企業年金や個人年金が補完する構造

わが国の年金制度は、全国民共通の基礎年金を土台として、そのうえに被用者(サラリーマン)に対する報酬比例年金が上乗せされ、さらにこれら公的年金を給付建てまたは拠出建ての企業年金や個人年金が補完する構造と …