スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

ネガティブな部分をポジティブに変換していくと長所が増える

投稿日:

ネガティブな部分をポジティブに変換していくと長所ばかりの人になっていきます。自分は欠点ばかり。そんな自分が嫌い。だから自分にも自信がもてないし、子育てにも自信がもてない。そのようなネガティブの環からは一刻も早く抜け出すに限ります。とはいっても自分を根底から変えることはできません。変えてはなりません。

例えば、「怒りっぽい」なら「正義感が強い」、「わがまま」なら「自分の言いたいことがきちんと言える」、「人づきあいが苦手」なら「ひとりの世界を大切にできる」、「嫌なことからすぐ逃げる」なら「自己防衛力が高い」。第一、自分そのものをまったく違う人間につくり変えるということは不可能です。

自分の見方は、思いひとつで変えていくことができます。家庭でも人間関係でも、幸せになるための一番の宝物は喜びです。自分自身に対しても、子どもに対しても、自分を取り巻く人たちや環境、生活の中からも、自分の目と思いを変えれば素晴らしいよいところがたくさん見つかり、喜びのもとを拾い上げていくことができるようになります。

自分を変えることはできなくても

自分を変えることはできなくても、ネガティブに考えてしまうクセ、悪いところ嫌なところばかり見てしまう習慣は変えていくことができる。何でも、よいところ、楽しいところといった違う習慣をプラスしていけばいいのです。うれしいこと、よいところを意識的に見つけていくことができるのが人の素晴らしさであり、人間の特権です。

反対に、意識してよいところだけに目を向けるようにし、いろいろなことに「ありがたい」という気持ちをもって周りをながめるようにしてみましょう。×ばかりを見つけようとしないで、〇をひとつでも多く拾っていくようにしてみてください。まずは欠点にだけ日を向けないことです。「なんでこうなんだろう」「こうだったらいいのに」とないものねだりをするのもやめてみましょう。喜びを見つけることに使ってこなかったエネルギーを、極力うれしいこと、自分が喜ぶことをひとつでも見つけていくほうに使うようにすれば、だんだんよいところ探しのプロになっていくことができます。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

母親である自分に自信が持てない場合

なかなか自信がもてないというお母さんは、よいところを拾っていくということを意識して習慣にしてみるとよいと思います。私たち人間は嫌なこと、嫌いなことは本能で感じ取れるようにできています。それは生き物とし …

no image

新たな世界には赤ちゃんが見つけ出すべき物がたくさんある

新たな世界には赤ちゃんが見つけ出すべき物がたくさんあります。その中から赤ちやんは自分の性格にいちばん適した物を選び出し、肉体と精神の両面からそれを試そうとする。これまでと同様に、あなたは何かを押し付け …

no image

赤ちゃんはあまり食欲がないですか?

赤ちゃんはあまり食欲がないですか?母乳を与えている母親は、このような赤ちやんの拒絶が離乳食へ移るためのサインだと考えることもあります。でも、そうではありません。赤ちゃんはただ苛立っているだけなのです。 …

no image

赤ちゃんは危険な物でもすぐに魅力を感じるので注意

赤ちゃんのいたずらに耐えるように家の中を片付けておく。赤ちゃんは危険な物でも、すぐに魅力を感じるので注意して下さい。電気のコンセントや排水管、犬の口など、どんな物でもそこに穴やすき間があれば、舌を入れ …

no image

赤ちゃんは出来事の世界で新しい能力を幅広く身に付けていく

あなたの赤ちゃんは、出来事の世界、で、新しい能力を幅広く身に付けていきます。どんな能力を身に付けるのかは、赤ちゃんの好みや興味の対象、あるいは目立った肉体的な特徴などに基づいています。 一語が二語の短 …