スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

ネガティブな部分をポジティブに変換していくと長所が増える

投稿日:

ネガティブな部分をポジティブに変換していくと長所ばかりの人になっていきます。自分は欠点ばかり。そんな自分が嫌い。だから自分にも自信がもてないし、子育てにも自信がもてない。そのようなネガティブの環からは一刻も早く抜け出すに限ります。とはいっても自分を根底から変えることはできません。変えてはなりません。

例えば、「怒りっぽい」なら「正義感が強い」、「わがまま」なら「自分の言いたいことがきちんと言える」、「人づきあいが苦手」なら「ひとりの世界を大切にできる」、「嫌なことからすぐ逃げる」なら「自己防衛力が高い」。第一、自分そのものをまったく違う人間につくり変えるということは不可能です。

自分の見方は、思いひとつで変えていくことができます。家庭でも人間関係でも、幸せになるための一番の宝物は喜びです。自分自身に対しても、子どもに対しても、自分を取り巻く人たちや環境、生活の中からも、自分の目と思いを変えれば素晴らしいよいところがたくさん見つかり、喜びのもとを拾い上げていくことができるようになります。

自分を変えることはできなくても

自分を変えることはできなくても、ネガティブに考えてしまうクセ、悪いところ嫌なところばかり見てしまう習慣は変えていくことができる。何でも、よいところ、楽しいところといった違う習慣をプラスしていけばいいのです。うれしいこと、よいところを意識的に見つけていくことができるのが人の素晴らしさであり、人間の特権です。

反対に、意識してよいところだけに目を向けるようにし、いろいろなことに「ありがたい」という気持ちをもって周りをながめるようにしてみましょう。×ばかりを見つけようとしないで、〇をひとつでも多く拾っていくようにしてみてください。まずは欠点にだけ日を向けないことです。「なんでこうなんだろう」「こうだったらいいのに」とないものねだりをするのもやめてみましょう。喜びを見つけることに使ってこなかったエネルギーを、極力うれしいこと、自分が喜ぶことをひとつでも見つけていくほうに使うようにすれば、だんだんよいところ探しのプロになっていくことができます。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

頭が良いとはどういうことをいうのか?

頭がよいということは、どういうことをいうのでしょうか。幼児期には、ものおぼえの早い子どものことをいっている場合が多いのです。早くからひら仮名が読めるとか、がいえるということで、頭がよいと思い込み、それ …

no image

子供は叱れば叱るほど反抗してしまうもの

多くは心のご馳走が足りず、十分に満足していないことが多いものです。愛されていないのではないかという不安、愛され足りていないことへの不満、寂しさ、それから怒りといったものが子どもの心の中に巣食っている場 …

no image

子どもの生活の問題

それは、私の方法を始めて三カ月ほどたったころでした、というある専門家。その間の辛抱は大へんなものでした。それと同時に、その子どもの生活全般にわたって、口を出さない、手を貸さないーつまり「まかせる」こと …

no image

生後11週以降の赤ちゃんの仕草や行動

生後一一週から一二週にかけて、あなたの赤ちゃんは次に紹介するような一連の仕草や行動を見せてくれるでしょう。これは移り変わる世界、で、次の成長のステップをク迎える準備をしているサインなのです。 ・親指を …

no image

子供の冒険心の現われというべき行動

七〜八歳のころに起きる子どもの冒険心の現われですが、お盆にのっている食器を、台所まで運んでくれるように子どもに頼んだときに、快く承諾してくれたのはよいが、そば屋さんのするように片腕で肩のところにもち上 …