スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

ナンパで始まる恋物語もある

投稿日:

息子の通う幼稚園の同じクラスのお母さんたちとの親ぼく会があり、お茶を飲みながら、どこで、初めて主人と知り合ったかという話題になった、とある人は語る。

そういえば、私の故郷は狭い町なので、A子が断わった見合い相手が彼女の親友のB子に回ってきた、なんて話を聞いたことがある。クルクル相手が変わるフォークダンスみたいに、見合いをこなしているらしい。そして、残りの主婦(一八人中一四人)が、同じ職場、あるいは学生時代の交遊関係の延長での結婚であった。

一八名の主婦のうち、二名がナンパ結婚。この確率はすごい、と思った。また、それとは別に、二人の人間が、お見合い結婚だった。驚いたことに、ナンパで知り合ったという人が二人もいた。一人は旅先の沖縄で、もう一人は通勤途中の駅のホームで、声をかけられたのが始まりだという。

現代において、燃え上がるようなロマンスとは、どうやら、ナンパにしか存在しないような気がした。今度、ぜひ、ナンパで始まる恋物語を描いてみようと、幼稚園の親ぼく会でコーヒーを飲みながら思ったのであった。

集中してお見合いをするらしい

おもしろいことに、この二人ともが、片手の指の数くらいは、お見合いしたわねといったことである。お見合いをする人間は、集中して、お見合いをするらしい。

かくいう私も、夫の仕事場でアシスタントをしていたのが、結婚のきっかけである、とのこと。どうも同じ職場、同じ学校というのは、手近で間に合わせた感がいなめない(私自身の体験も含めて)。それよりも、ナンパというのは劇的な感じがある。

もう一人、バイト先のスナックで客としてきた男と結婚した元女教師がいた。ひとそれぞれ、出会いは色々とあるようである。

ナンパこそ最もドラマチックな純愛であるのかもしれない。真面目な方ならナンパなんて絶対しないと思うかたもいるかもしれないが、ナンパにもドラマがたくさん詰まっているし、ナンパも純愛になるのだ。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

激情結婚披露宴を見ていて思ったこと

K柳の夫が親離れするときを危惧するのは私だけだろうか。K柳の激情結婚披露宴を見ていて思ったのは、彼女の年下の新夫と、我が家の3歳の息子が非常に似ているということである。いつも必ず、からだのどこかが触れ …

no image

別れた彼氏と同じ職場だった場合

5年つきあってふられた彼は私の部下。いっしょにいるとつらくてたまりません、とある人は語る。年齢差もあったし、しかたないと思う半面、新しくできた彼女も私の部下です。同じ職場で、彼と彼女が毎日楽しそうにふ …

no image

デートの誘いを断られないでオッケーしてもらえるテクニック

「保留」というニュートラルな状態からは、YESにもNOにもいきやすい。つまり、このスタンスによって、女は、男のお手並みをじっくりと観察しつつ、YESかNOかを臨機応変に決定できるというわけだ。こういう …

no image

職場の不倫カップル

職場の不倫カップルとなれば、大変きわまることであろう。よく聞く話だが、妻子持ち上司と部下の女子社員カップル。それが社内でバレ、オフィス内の均衡は崩れ(男子社員も、上司の女となれば、むげに怒鳴れなくなる …

no image

結婚が決まった彼氏が転勤で離れ離れ

結婚が決まった彼は転勤で、離れ離れ。どうしたら元気が出るでしょうか?、とある人。彼とは結婚も決まっていて、何の不安もないはずなのに、どうしてこうなってしまったのか自分でも情けなく思えてしまいます。大阪 …