スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

ファッション

テレビじゃ何でもお見通しとまではいかないね

投稿日:2019年9月13日 更新日:

スタイリストやメイクアップ・アーティストも脇に控えていて、ストラップの長さを調整したり、糸くずを取り除いたり、頬紅を足したり、口紅のグロスを塗り直したりする。そして、いったん撮影に入ると、みんなが目にするたった一枚のゴージャスな写真を撮るために、ボッ写真の山ができることになる。彼女たちはエアブラシをかけられ、患や妊娠線、シミなどを隠すためにボデイ・メイクアップを施され、飛び出た髪の毛の一本まで撫で付けられ、眉毛の一本一本を抜かれる。

そうしてキズひとつなく仕上げられた彼女たちの外見は、素晴らしい照明や服、ロケーション、カメラマンのおかげでさらに輝く。とは言っても、魔法のように素敵なモデルができあがるわけではない。彼女たちは、もともと美女なのだ。モデルたちに完璧でない点があっても、普通は、視聴者にはわからないものである。三〇メートルも離れて撮った全身のショットじゃ、顔色が悪くたってわからない。

遺伝子の重要さを理解していない人が多い

クローズアップかへッド・ショットでない限りはね。基本的に言って、テントみたいな大会場では煙や挨が舞っていたり空気が汚れていたりするから、細部までは写し切れないものなんだ。モデルだって、セルライトがあったり、たまにニキビができてたり顔色が悪かったりということもあるだろう。動いていれば、細かいところ、完璧じゃないところはごまかせる。遺伝子の重要さを理解していない人が多いのだ。

完璧な人間なんていないんだよ。それでも、普通の人に比べれば、モデルというのは総じて写真慣れした存在である。なのに、ファッション・ヴィクティムは、自分もモデルみたいになれると勘違いしている。ペーパー誌やハーパース・バザー日本版など、世界各国にクライアントを持つファッション・ショーのカメラマン、ランディ・ブルックスが言う。テレビじゃ、何でもお見通しとまではいかないね。高構彩度テレビだって、解像度はさっぱりさ。アメリカ摂食障害者協会のホリー・ホフが言う。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

ファッション広告のネガティブな効果

・ファッション広告のネガティブな効果 自いビキニ姿に、ほかんとした表情。まるで両脚で尖ったPの字を描くかのように、ちょっと間抜けな感じに片方の膝を曲げ(なぜかウェイフ全盛時代によく見られたポーズだ)、 …

no image

ニューヨークのアパレルブランド工場は

休憩も取らず(お腹が鳴り、背中痛くなっても)働いたのに、初日に仕上げられたのはたったの五三枚。一日八時間働いても三・七一ドルか稼げなかった。ニューヨークでは、ホットドッグとソーダが買えるか買えないかと …

no image

マネキンと同じスタイルの女性がいたら痩せすぎ?

多くの摂食障害患者組織が、現代のマネキンと同じプロポーションの女性がいたら痩せすぎで生理も止まってしまうはずだと言っている。もちろん、ニーマン・マーカスのスレンダーなマネキンのそばを通ったからといって …

no image

魔女狩り現象のようなものが生まれてきた

一九九八年、LAのスポーツウェア・メーカーであるカレン・ケインが、犯罪行為に連座したと言われて標的にされた。この会社は卸売価格にして年間およそ七〇〇〇万ドル分のアパレル製品を製造していたが、そのうち七 …

no image

マネキンの歴史の中での変化

肉感的なフィギュアを作ろうという試みがあった。一九九八年、イラストレーターのルーベン・トレドは、プッチ・インターナショナルのためにバーディという名のサイズ一八~二〇のマネキンを作っている。スリーサイズ …