子育て

泣き叫ぶ赤ちゃんの対処法を知っておこう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分の夫や親類の人、友人、近所の人など、誰もがママの大切な宝物をはた迷惑なうるさいチビ、だと思っていると心配する母親も多いようです。そんな人たちが赤ちゃんをもっと厳しく育てた方がいいと口を差しはさんでくる時、母親は自己弁護しようとします。それでも、ほとんどの母親は自分の行為が正しいのかどうか自らに問いかけ、赤ちゃんが泣くたびにあやしてやろうとする母性本能をぐっと抑えようと思う。

泣き叫ぶ赤ちゃんを見て、攻撃的にカッとなることが危険なのではなく、怒りの吐け口を見つけて発作的な行動に走ることが危険です。赤ちゃんに害を及ぼすような行為は避けるべきであり、とりわけ赤ちゃんを決して強く揺り動か北てはいけません。まだ幼い赤ちゃんを強く揺り動かすと、頭蓋骨の下に直接つながる脊髄に内出血を起こす恐れがあり、脳障害の原因になることを理解していない人が多いようです。

赤ちゃんの泣き叫ぶ声に苛立って、ベッドに寝かせる時、必要以上に乱暴になるような母親はほとんどいません。残念ながら、仮にそんな母親がいるにしても、それは発作的な行為であるように思います。

赤ちゃんが泣いて手に負えなくなることが

赤ちゃんが泣いて手に負えなくなることが、日常生活の一部になってしまうこともあるでしょう。これは赤ちゃんに成長のステップ、が訪れた印であり、赤ちゃんは自分の体で起きているさまざまな変化に反応し、身心ともに飛躍的な発達を遂げようとしているのです。赤ちゃんが神経質になり、泣いてばかりいるのは、そのような変化が急に現われ、それに適応する時間がもてないからなのです。

生後八週日あたりになると、あなたの赤ちゃんはママのもとに帰りたい、という切実な欲求を示し始めます。この月齢の赤ちゃんは、まさにそれを望んでいるからです。場合によれば、そのような欲求が明確に現われることもあります。赤ちゃんが不安になって、あなたに抱いてもらいたがるのも、実はそのためなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加