スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

女性の中身を褒める

投稿日:

豊満ボディを売りにして『キングコング』でデビューしたジェシカ・ラングは、長らく。キングコングの花嫁、と侮られながらも、様々な作品で果敢に汚れ役に挑戦するうちに、ハリウッド屈指の演技派、とたたえられるまでになった。

シャリーズは、男のベビィ・ドール湖な存在に嫌気がさして、体重を十数キロ増やし、特殊メイクでトカゲのような醜女になった。そして、みごとアカデミー主演女優賞を獲得した。授賞式での彼女は全身を震わせて歓喜の涙を流していた。そのシャリーズ・セロンが認める男とは、彼女の美が壊されることを惜しんだ男たちではなく、彼女の大胆な試みを応援した男たちにほかならないだろう。

あのシャローン・ストーンは、「こんなハレンチな役はできない」とハリウッドの大物女優たちから総スカンを食った「水の微笑」の悪女役を買って出て、「私は、マジソン・スクウェア・ガーデン(ニューヨーク中心部にあるホール)の真ん中でも素っ裸になってやるわ」と映えた。そして、みずからの美貌を痛めつける役を次々にこなして大女優への階段を上りつめた。

「私のことを美人としか言わない男たちよ、今に見ていなさい。私が、ただ美しいだけの女ではないことをわからせてあげるから」それが、その三人の超美人を美以外のステージに駆り立てたモチベーションなのだ。

無理をしてほめあげる必要はない

知ってのとおり、彼女たちはハンパではない美人である。だからこそ、彼女たちは、その美貌をたたえられることに満足しなかった。

我々は、シャリーズ、ジェシカ、シャローンほどの美女にめぐり合うことは、まずない。いや、絶対にないと言っていいだろう。だが、けっこうな美人にめぐり合う機会は、三年に一回くらいはある(この確率は、まったくアバウトなものだが)。もし、その美女をものにする気になったのなら、彼女の信条は、シャリーズたちに近いものがあると思っていい。つまり、彼女に対しては、容姿をたたえても、「そのへんのつまらない男といっしょ」と軽蔑されるのが関の山だということである。

だから、無理をして芸術性やら知性やらをほめあげる必要はない。容姿ではなく、ちょっとした仕草や言葉の面白さをほめるー。それだけで、「ほかの男とは違う」と思っていただけることはまちがいないだろう。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

ぴったりした白ズボンが嫌い

ラグビーを好きな理由は、ユニフォームの短パンにあるように思える。私は、短パンがユニフォームの球技スポーツは、だいたい好きである。サッカーもラグビーも、テニス。短パン姿の少年が好きだった。膝小僧を出して …

no image

恋愛において男は心の部屋に絵をかけ女は音楽をかけるという

恋の初期段階には、ひんぱんに喫茶店が使われる。お互い知らないことばかりなので、会話は、すべて、新鮮な驚きである。夢中になって、自分のことについてしゃべり続けるのだ。お茶を飲みながら。 お茶を飲みません …

no image

女性から見て楽しい人になるか面白い人になるかの境界線

会話上手は、豊富な話題を持っているばかりでなく、女性を会話の中に参加させようとする気づかいもある。会話のうまい男は、ポンポンと話題を変えていきながら相手が乗りやすい話題を探していくことができるのだ。そ …

no image

恋愛では意外な一面を褒めると効果が出ることもある

男たちには、ぜひとも、ストーリーの共演者になってほしい。女性のつくるストーリーに入っていってこそ、「二人の世界」が築けるというものだ。それには、最もシンプルで効果的な方法がある。その方法とは、「君って …

no image

不倫がはびこるのは男の過去にこだわらない女の特性に一因がある

主催者側も、ものすごいキャスティングをしたものだ。しかし、Kさんもおとななら、いやあ、女房がお世話になっちゃってのジョークの一つも言えばいいのに。それか、逆に、マッチが出るなら、司会は嫌だとゴネるとか …