スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

無言の子育てという方法もある

投稿日:

親に「まかされる」ことによって自発性が発達すると、「口答え」がでてきますし、行儀が悪くなったりします。ところが、友だちとはよく遊ぶことができるようになります。友だちを呼んできたり、友だちの家に呼ばれたりして、いわゆるギャングエイジに入ります。

お母さんにとっては、口を出したくなる心との闘い。「無言」を続けていきますと、子どもには、少しばかり自発的な行動が見えてきます。自分で起きて顔を洗うことが始まります。それは、約一カ月目ぐらいです。しかし、三カ月しますと、生活面にかなり自発性が現われてきます。「まかせて」おくことができる。

そして、思春期には「第二反抗期」が訪れますが、登校拒否や学習意欲の喪失や、家庭内暴力、自殺などといった痛ましいことは絶対に起こさないでしょう。そのためには、もう二つのことも併せて点検しておくことが大切です。

学校の勉強を自分でするようになるのは

学校の勉強を自分でするようになるのは、六カ月後です。どうしても学校の勉強には自発性が現われるのはおくれます。それは、お母さんやお父さんが、知的な面や学校の勉強について子どもに口を出したり手を貸すことが多かったからです。

「甘やかし」になるのではないかと心配するお母さんもありますが、お母さんのよいイメージを子どもの心に刻み込む大切な方法です。これを通じて、母子の間にきちっと心が通いますし、子どもはそれに満足すると、だんだんに身体接触を求めなくなるものです。

一~三歳のころに身体接触の少なかった子どもには、学校から帰ってきたら、ひざの上に抱いてあげたり、からだを寄せ合う機会を作ることです。すでにからだが大きくなっていますから、そのようなことはやりにくいわけですが、まだ、実現可能です。その結果、お母さんにべたつくようでしたら、それだけ過去における身体接触が少なかったのですから、そのことを考えて、子どもが満足するまで、身体接触の楽しさを味わわせてあげましょう。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

子供が扱いにくい時期に関するある研究

いわゆる扱いにくい時期、(私たちが生後二〇カ月の間に特定した時期)の一〇回のうち六回にまで、赤ちゃんの脳に大きな変化が見られたことを明らかにしています。そして、それぞれの時期のすぐ後には、精神的な発達 …

no image

子供が寄りかかると嫌がってしまう親

もし、身体接触が少なかったようなことがあれば、小学校三年生までの子どもであれば、機会をみて、抱っこや添い寝をしてあげるとよいでしょう。それがくり返されているうちに、子どもの情緒は安定してきます。 異常 …

no image

子供の怪我をいつまでも怖いとばかり言っていてはダメ

活動的な子どもは、それだけけがを多くします。いろいろなけがの体験は、それに対しての注意力を養うのには大切なことで、それによって、大きなけがを防ぐことができるのです。小さなけがをしたことから、だんだんに …

no image

子どもの遊び場が少なくなった今

何とかして、いきいきとした子どもの姿を取り戻したいものです。子どもの遊び場が非常に少なくなった今日、それだけにお母さんとお父さんの努力の必要があります。このような生活全般の改善によって、子どもの睡眠状 …

no image

親子で遊ぶ-休日はお父さんの努力を求めましょう

同じような志をもったお母さんといっしょになって、二組で遊ぶことができれば、いっそう楽しくなるでしょう。休日は、お父さんの努力を求めましょう。郊外に子どもを連れ出して、山のぼりをしたり、ハイキングをした …