スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

モトクロスで使う筋肉のトレーニング法

投稿日:

プロの鍛練は、握力機を使って行うという。これはオートバイのハンドルを台に固定し、ブレーキ、クラッチ、アクセルの各ワイヤーを強力なスプリングで引っ張る構造になっており、オートバイに乗る感覚で握力を強化しようというもの。それにスプリングの強いものと弱いものと2セットがあり、各自の握力に応じてトレーニングできる2段構えだ。目標は強力なほうで100回。これだけできればいい。

モトクロスになると握力が弱いのは致命傷。ジャンプありギャップありの極悪路をハイスピードでぶっ飛ばすのだから、ハンドルをしっかりホールドできなければ人間だけが吹っ飛んでいくことになる。では握力はいったいどれくらいあればいいかいうことになるが、左右とも40kg極くらいあればいい。だが、これはあくまで一応の目安と考えてもらいたい。というのは握力がいくらあっても持続力がともなっていなければ意味がないからだ。握力を長時間維持できる、これが大切なことなのだ。

器具のないときはゴムマリを2個用意する。そして両腕を前方に伸ばしてゴムマリを握り、指を開いたり閉じたりする。目標は1000回。はじめは100回をメドにアップしていくのだ。1000回を余裕を持ってできるょうになったらレベルを引き上げる。そこまでくれば握力は合格。

背筋はモトクロスではとくに使う

また、背筋力を鍛える。背筋はモトクロスではとくに使う。ジャンプではリアから着地するまでにフロントを引き上げなければならないし、上半身を安定させるためには背筋力が強くなければならない。レースでなくても同じこと。林道ツーリングなどでは中腰姿勢を取ることが多く、しかも丸太や岩などの障害物を越えるときはフロントを持ち上げるだけの背筋力が要求される。

オートバイを乗りこなすのに最も大切なのは下半身のバネだが、そればかり鍛えても意味がない。下半身だけがしっかりしていて、上半身がチョナョしていたのではとうていベストライディングが望めないのは、だれの目にも明らか。下半身の強力なバネを生かすしっかりした上半身があってはじめてオートバイを乗りこなせる。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

クランクや8の字カーブのポイント

モトクロスにしろ、トライアルにしろ、形は異なっても、8の字をできるだけ速く走ったり、小さく走ったりするのは、体をウォーミングアップするのに最適な方法であり、取り回しの基本ライディングともいわれているほ …

no image

信号での右折、左折、直進などの走り方

信号のあるなしにかかわらず、右折には危険が伴うので、1にも2にも安全確認を行うことが大切だ。オートバイは加速がよいため、つい無理をして対向する直進車輌の直前や切れ目を狙って強引に右折しがちだが、直進車 …

no image

バイクのコーナリングテクニック-ヘアピンなど

・へアピンコーナリング 低速コーナリングでは視線の方向がラインを決定するうえで大きな要素となるのだ。へアピンコーナリングは視線につきる、といっていい。アクセルはあくまでも一定で、ポジションはやや浮かせ …

no image

車の間をバイクですり抜けていく危険

クルマの間をヒラリヒラリとかわして、いかにもすばしっこそうに走っているのを見ることがある。しかし、これは危険。相手が木や石なら問題はない。だいいち、動かないのだから、ヒラリヒラリとかわして走ればいいが …

no image

ライディングテクニックを覚えてバイクを乗りこなそう

初心者のうちは、高いギアほどじゅうぶんにスピードを落としてからシフトダウンすべきだ。ただし、クラッチレバーを心もちゆっくり離さないと、エンジンブレーキによるショック(とくに4サイクルの場合)が大きいか …