スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

モトクロスで使う筋肉のトレーニング法

投稿日:

プロの鍛練は、握力機を使って行うという。これはオートバイのハンドルを台に固定し、ブレーキ、クラッチ、アクセルの各ワイヤーを強力なスプリングで引っ張る構造になっており、オートバイに乗る感覚で握力を強化しようというもの。それにスプリングの強いものと弱いものと2セットがあり、各自の握力に応じてトレーニングできる2段構えだ。目標は強力なほうで100回。これだけできればいい。

モトクロスになると握力が弱いのは致命傷。ジャンプありギャップありの極悪路をハイスピードでぶっ飛ばすのだから、ハンドルをしっかりホールドできなければ人間だけが吹っ飛んでいくことになる。では握力はいったいどれくらいあればいいかいうことになるが、左右とも40kg極くらいあればいい。だが、これはあくまで一応の目安と考えてもらいたい。というのは握力がいくらあっても持続力がともなっていなければ意味がないからだ。握力を長時間維持できる、これが大切なことなのだ。

器具のないときはゴムマリを2個用意する。そして両腕を前方に伸ばしてゴムマリを握り、指を開いたり閉じたりする。目標は1000回。はじめは100回をメドにアップしていくのだ。1000回を余裕を持ってできるょうになったらレベルを引き上げる。そこまでくれば握力は合格。

背筋はモトクロスではとくに使う

また、背筋力を鍛える。背筋はモトクロスではとくに使う。ジャンプではリアから着地するまでにフロントを引き上げなければならないし、上半身を安定させるためには背筋力が強くなければならない。レースでなくても同じこと。林道ツーリングなどでは中腰姿勢を取ることが多く、しかも丸太や岩などの障害物を越えるときはフロントを持ち上げるだけの背筋力が要求される。

オートバイを乗りこなすのに最も大切なのは下半身のバネだが、そればかり鍛えても意味がない。下半身だけがしっかりしていて、上半身がチョナョしていたのではとうていベストライディングが望めないのは、だれの目にも明らか。下半身の強力なバネを生かすしっかりした上半身があってはじめてオートバイを乗りこなせる。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

サンデーライダーのブレーキの技術の低さによる危険

以前こんなことがあった。ツーリングで走行中、ネズミ捕りに合って計測されたが、人はまったく気付かずになお走行。しばらく行った所で警察官が道路に出てきて停止を命じた。ライダーは急に道路に飛び出してきた警察 …

no image

バイクのコーナリングテクニック-ヘアピンなど

・へアピンコーナリング 低速コーナリングでは視線の方向がラインを決定するうえで大きな要素となるのだ。へアピンコーナリングは視線につきる、といっていい。アクセルはあくまでも一定で、ポジションはやや浮かせ …

no image

ツーリング初心者は日帰り日程からはじめる

ツーリングの楽しみは実行するより、事前のプラン立ての方が楽しい、なんていう人がいるぐらい計画を立てるのは胸がワクワクする。何回もプランを立てて、それを実行していくうちに慣れるし反省を重ねるのでコツもわ …

no image

バイクの乗り降りのコツなど

オートバイは、腕力を含めた体の筋力で乗るものではなく、バランス感覚とテクニックで乗るものである。どの部分に、どの程度力を入れて走るかということは、非常に高度な問題であり、マシンの性能アップと同時に変化 …

no image

バイクウェアなどの革製品の手入れ

レザーウェア、グローブ、ブーツなどは手入れの仕方しだいでは一生もつほどになる。小まめに手入れをすれば、革というものはそれにこたえて、いつまででもライダーのために働いてくれるものなのだ。最近は、グリップ …