スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

年とってからモテたいならば若い頃から自分を磨くこと

投稿日:

若いうちに女性は、内面を磨くべきか、外ヅラを磨くべきか。若いうちにモテたいなら、外ゾラを、とにかく磨くべきデス、とある人は語る。若い男の子は、なんせ、女の外面しか見ないのだから。若い時分、私は、間違っていた。内面を磨こうと、高い志を立て、背伸びして難解な書物ばかり読んでいたのだ。

髪をトリートメントし、いつもアイロンのかかったブラウスを着ればよかったのだ。若い娘は、こぎれいにさえすれば、若い男に好かれるのである。ハタチを過ぎてから、ようやくこのことに気づいた。

哲学書や純文学も、読み慣れてくると結構おもしろく、髪の毛ふり乱して読みふけったものである。そして、自信があった。若いくせに、これだけ内面を磨いている女は、そういるハズがない。だから、私はモテるはずだ。理屈ばっかりの、髪の毛ボサボサの女の子がなんでモテようか。

私が学生時代にチヤホヤされたかった学生の男の子に、今時になって、やっとチヤホヤされるという結末に至った。さて、それでは、読み通した何百冊もの書物が無益だったかというと、そうでもない。雑多な知識は、のちに、非常に役立った。

年とってからモテたければ

年とってからモテたければ、若い頃から、内面を高める勉強に時間を当てるべきである。ショッピングや、エステティックサロンに通う時間を削ってでも、図書館へ通うことである。どっちがより得か、というと、人生%年時代。あんまり早くいい目を見るより、年とってからの楽しみをとっておく方がいいかもしれない。

元が取れたといえば、取れたことになる。そこで、結論からいえば、若い時に内面を磨いても、外面を磨いても、結果としてはモテるのだということである。ただ、結果の出る時期のズレが生じる、ということであろうか。若い時分にモテたければ、本なんか読まずに、流行を追っかけ、化粧を工夫し、ニッコリしてればよい。

しかし、若い頃のモテた幸福も、その人の一生の楽しい思い出ともなるので、こちらも捨て難い。
さて、覧女は、どちらを選びますか。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

表現されなかった愛

形になるものばかりが愛ではない。生後間もなく生き別れになった我が子に対してずっと思いをかける時、その母に愛が存在するように。つまり、実際に行動として愛を示してはいなくても、愛は、存在するということであ …

no image

モテる人を真似してみよう

爆笑問題の太田光氏は、若いころから立川談志氏にあこがれていて、談志師匠の声の出し方、間の取り方、表情の動かし方をマネしまくっていたという。日本テレビアナウンサーのジャストミート福澤氏などは、あきらかに …

no image

女に相手にされない男の復讐劇 

先日、久々に、あら、いい男と思える素敵な男性に会ったのだが、聞くところによると、美人の同い年の奥さんがいて、職場に年下のかわいい愛人がいるとのこと、とある女性は語る。いい男に、女は、集中するのである。 …

no image

彼から個人主義者と言われてしまった

私は個人主義者なのだそうです、と語るある女性。なんとなくわかります、彼の言っている意味は。私は最終的には自分が一番かわいいのです。価値観もすべて自分のものに依っています。 先日、彼といつものように喫茶 …

no image

水商売のお姉さんたちを上品だと感心する男達

男たちは、ワンレン・ボディコン・ジャラジャラの水商売のお姉さんたちを、上品だと感心している。思うに、男にとっての女の上品と、女から見た女の上品は、質が違うらしい。男にとって、金のかかった身なり、金のか …