スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子供が必死に物をねだる場合

投稿日:

買ってと言われたモノを買ってあげられないとき、「そうだよね、ほしいよね。お母さんも大好きな〇〇くんのために買ってあげたいんだけれど、今日は買えないの」と言えば、子どもは「わかった」と納得してそれ以上の無理は言いません。

「そうか、お母さんは自分のことがやっばり大好きなんだ」と思えた子は、何度もおねだりをして「買ってー買って!」と言うことはなくなっていきます。ほしいのはモノよりお母さんの心なのですから、こうした言葉があるだけで子どもは十分に満ち足りるのです。しょっちゅうおねだりばかりする、買ってもらえないとダダをこねて大泣きするのは、お母さんの愛情が感じられないからです。「お母さんはどれだけ自分のことを愛してくれている?」という子どもの問いかけに答えをあげていない。

子どもが何かをしてほしいと言ってきたときも同じです。「お母さん、抱っこして」「お母さん、髪の毛結んで」「お母さん、靴はかせて」といった子どもの要求は、すべてお母さんに甘えたい気持ちなのです。自分が愛されていることを肌身で実感したいからなのです。ですから「あなたのことが大好きだよ」「本当に宝物なんだよ」と心からの言葉を添えて子どもがしてほしいと言うことをやってあげてください。

今日は買ってあげられないんだけれど

「今日は買ってあげられないんだけれど、どうしたらいいかな?」と言えば、「じゃあ、お誕生日まで待つ」「今度のときでいい」「大きくなってからアルバイトして買う」など、子どもなりに考えて答えてくれることでしょう。

甘えたい子どもの気持ちに十分応えてあげたならば、子どもの要求のままに何でもやってあげるのは甘やかしではありません。子どもには豊かで幸せな人生を送ってもらいたい、社会人としても、もって生まれた才能・素質・資質を完全燃焼して社会に貢献できるような人になってほしい、そう願うからこそ親はしつけを大切に考えます。そのしつけがうまくいくかどうかは、どれだけ子どもの心を育ててあげられているかにかかってくるのです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

抱いて欲しいと赤ん坊がサインを出したら

四カ月の赤ん坊ですから、まだ目はよく見えません。ですから、抱かれ心地で、お母さんを見分けたのだと思います。そこで、赤ん坊の気持を「思いやる」ならば、抱いてほしいと赤ん坊が要求しているときに、抱いてあげ …

no image

無言の子育てという方法もある

親に「まかされる」ことによって自発性が発達すると、「口答え」がでてきますし、行儀が悪くなったりします。ところが、友だちとはよく遊ぶことができるようになります。友だちを呼んできたり、友だちの家に呼ばれた …

no image

イタズラできない子どもになるのはよくない

子どもの心よりも物の方を大切にしている家族がいると、どうしてもいたずらに圧力を加えることになります。そのような家族としては、お年寄りを第一にあげることができます。年を取ってくると、きちんと整った部屋で …

no image

赤ちゃんは部屋全体を探索することができる

赤ちゃんは部屋全体を探索することができる。そして、赤ちやんが家族の一人一人と顔を合わせるようになるので、あなたは赤ちゃんが初めて家族の一員であると自覚するようになるでしょう。声を認識する新しい能力のお …

no image

赤ちゃんの寝付きが悪いことはありませんか?

赤ちゃんの寝付きが悪くはありませんか?赤ちゃんがひどく神経質になっている時は、以前ほど眠らないこともよくあります。寝室に連れて行ったとたんに、赤ちゃんが大声で泣き出すこともあるでしょう。そのため、とき …