スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

ファッション

モデルの食生活は過酷なのか?

投稿日:

アメリカ摂食障害者協会のホリー・ホフは言う。実際、モデルはみんなへルシーな食事をしているし、ただ自然に痩せているのだと考えるほうがいい。危険なのは、モデルはみんなダイエットしていると考えることだ。なぜなら、誰でもダイエットでモデルみたいにスリムになれるという誤解が解けなくなってしまうから。キッドが一番好きな夕食は、ビッグ・マックかべーコン・サンドウィッチ。モデルはみんな摂食障害を患っているとか、タバコやウォッカ・トニックに緩下剤という食生活を送っているとか。

私たちは、その手の話を信じたくて仕方がない。そうすれば少しは気が晴れるからだ。だが、本当のところは、彼女たちのほとんどが自然に痩せているのであり、若いということである。ジョディ・キッド・パッシングが大きくなった一九九五年には、イギリスのガーディアン紙にあるニュースがミステリアスにリークされるという事件が起こっている。

スキニーなセレブたちが記者連中と食事をする際

スキニーなセレブたちが記者連中と食事をする際には、バターたっぶり、油ギトギトの料理を注文するというのはよく知られた話。まだ体が成長し切っていない若者は、新陳代謝も速い傾向があるので、何もしなくても腹せている。ティーンエージャーの場合、身長・体重が同じ大人の女性に比べて、平均して一日に三〇〇〜六〇〇キロカロリー多く食べても太らない。だが、そんなモデルたちも、数年経って引退した後の姿は、少しだけ私たち一般人に近づいたように見えるはずだ。

その時でも見事な体型を保っていたなら、努力しているからそう見えるのである。だから、私たちはそうした女神のようなイメージを鼻に鍛を寄せて眺め、彼女たちに対して愛憎半ばする気持ちを抱く。大抵の人は、目の色はもちろん足のサイズでさえ遺伝的なものだと受け止められる。なのに、体重や体型の話になると、遺伝子と闘って自然のサイズを変えようと、みんな極端な食事やエクササイズといった儀式めいたものに走るんです。彼女なんか大嫌いでも、あんな姿になれたらいいのに結局、私たちには、自分がどうしたいのかがよくわかっていないらしい。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

工場の閉鎖、解雇-製造拠点がコスタ・リカに移された

マタと同僚たちは、不審に思いながら、丸テーブルについてじっと待っていた。やがてドアが勢いよく開くと、リーバイスが雇ったケースワーカーが列を成してずんずん入ってきて、各人に包みを渡したー工場が閉鎖される …

no image

長期休暇が取れない労働者たち

スウェットショップの労働者は、大抵の場合、長期休暇を取ることも許されない。だが、何年も休暇を取っていないという勤労者なら、ウォール街の投資銀行にもいる。大方のアメリカ人の心には、一生懸命に働けば働くほ …

no image

テレビじゃ何でもお見通しとまではいかないね

スタイリストやメイクアップ・アーティストも脇に控えていて、ストラップの長さを調整したり、糸くずを取り除いたり、頬紅を足したり、口紅のグロスを塗り直したりする。そして、いったん撮影に入ると、みんなが目に …

no image

所属モデルの食習慣を完全に把握していない

コルスラッドによれば、モデルズの場合、創立から四年間で摂食障害を患ったモデルは四人いたそうだ。事務所側が入院の手配を整えてモデルを説得し、母親に迎えに来させた例もあったという。彼女たちだって、成長する …

no image

ニューヨークタイムズの特集で一年以上前に起こった事件を認めた

元ハーパース・バザー編集長ケイト・ベッツは、ひと悶着あった末に、ニューヨーク・タイムズ二〇〇二年三月某日の特集で、一年以上前に起こった事件を認めた。キースターは、写真がより正常に見えるように、ウェスト …