ファッション

モデルの食生活は過酷なのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカ摂食障害者協会のホリー・ホフは言う。実際、モデルはみんなへルシーな食事をしているし、ただ自然に痩せているのだと考えるほうがいい。危険なのは、モデルはみんなダイエットしていると考えることだ。なぜなら、誰でもダイエットでモデルみたいにスリムになれるという誤解が解けなくなってしまうから。キッドが一番好きな夕食は、ビッグ・マックかべーコン・サンドウィッチ。モデルはみんな摂食障害を患っているとか、タバコやウォッカ・トニックに緩下剤という食生活を送っているとか。

私たちは、その手の話を信じたくて仕方がない。そうすれば少しは気が晴れるからだ。だが、本当のところは、彼女たちのほとんどが自然に痩せているのであり、若いということである。ジョディ・キッド・パッシングが大きくなった一九九五年には、イギリスのガーディアン紙にあるニュースがミステリアスにリークされるという事件が起こっている。

スキニーなセレブたちが記者連中と食事をする際

スキニーなセレブたちが記者連中と食事をする際には、バターたっぶり、油ギトギトの料理を注文するというのはよく知られた話。まだ体が成長し切っていない若者は、新陳代謝も速い傾向があるので、何もしなくても腹せている。ティーンエージャーの場合、身長・体重が同じ大人の女性に比べて、平均して一日に三〇〇〜六〇〇キロカロリー多く食べても太らない。だが、そんなモデルたちも、数年経って引退した後の姿は、少しだけ私たち一般人に近づいたように見えるはずだ。

その時でも見事な体型を保っていたなら、努力しているからそう見えるのである。だから、私たちはそうした女神のようなイメージを鼻に鍛を寄せて眺め、彼女たちに対して愛憎半ばする気持ちを抱く。大抵の人は、目の色はもちろん足のサイズでさえ遺伝的なものだと受け止められる。なのに、体重や体型の話になると、遺伝子と闘って自然のサイズを変えようと、みんな極端な食事やエクササイズといった儀式めいたものに走るんです。彼女なんか大嫌いでも、あんな姿になれたらいいのに結局、私たちには、自分がどうしたいのかがよくわかっていないらしい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加